忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、何を食べようか?とかなり真剣に思案して、ああ、そうだ。
    ひさしぶりにあそこに行こう。
    そう思って、新宿の若松町に行く。
    つい最近まで両親が住んでいた町。
    そこにお気に入りの洋食屋さんがあって、そこのピラフを無性に食べたくなっちゃった。

    かどや、という店。

    kado8.jpgもともと鮨屋だったのであろうカウンターに小上がり座敷がズラッと並ぶうなぎの寝床のような店。
    訪れた時間はもう2時近くというのに、ひっきりなしに出前のお弁当ができあがっては自転車にのっかり飛び出していく。
    近所に大病院がいくつもあるから。
    先生たちやお見舞いの人たち用の出前や差し入れ弁当。
    閉ざされた空間で厳しい時間を過ごしていると、食事が一番のたのしみだったりしますから。
    お店の中にも次々、お客様がやってくる。
    カラカラシュワシュワ、揚げ物がお鍋の中であがっていく音がずっと続いて、おいしい匂いにおなかがグーッ。

    ポークピカタとピラフをたのむ。
    まずはポークピカタがやってきます。

    8984250b.jpeg厚切りの豚ロース肉に粉をはたいて、卵をつける。
    その卵で包み込むようにして豚肉を焼き、最後にラードでコクと風味を出してやる。
    肉の旨みを残さず卵が吸い込んで、シットリ、フンワカ。
    噛むとクチャッと肉がつぶれて肉汁、ジュワッ。
    ああ、豚肉って旨いよなぁ…、ってしんみり思う。

    キッチンの中からは、ジャジャッ、ジャジャッとご飯が炒まる音がしてくる。
    たとえばファミリーレストランだと、同じテーブルの人の料理は全部同じタイミングで出す。
    同時同卓っていうんだけれど、それを守らなきゃいけないっていう。
    けれどこうした小さなレストランでは、一度にいくつモノ料理を作ること叶わずに、時間差攻撃で料理が出てくることがある。
    けれどネ。
    だからおいしいのならば、別にそれでもいいや…、って思います。

    ポークピカタを半分ほど食べたところで、エビピラフ。

    3e556bcc.jpegよく焼けたご飯。
    一粒一粒がパラッとしてて、スプーンで一口分をすくってやると、そこから湯気がボワッと噴き出す。
    見事です。
    口に入れると、予想以上に熱々で、ハフッとなるのがまたおいしくて、ホーホーハーハー、息吐きながら食べてゆく。
    パプリカパウダーの甘くて青い香りがさわやか。
    ブイヨン風味のご飯にシャクッとほどよき硬さに炒めあがった玉ねぎが混じって、食べ続けるのがとてもたのしい。

    ピラフの上にのっかる缶詰のカツッとしたグリーンピース。
    平たく切った缶詰のマッシュルームと、具材も味も昔のまんまでなんともとってもなつかしい。
    そもそもポークピカタって料理も今ではあまりはやらぬ、でもおいしくてステキな料理。
    変わらぬことも悪くない。

    一緒に味噌汁。

    43c593ec.jpegふうふうしてもなお熱い、お母さん風のお味噌汁。
    味噌は甘めの白味噌で、タップリの豆腐と白ねぎ。
    それに豚肉の端材を熱湯をかけ脂を落として具としていれた、豚汁とは一味違う具沢山がとってもうれしい。
    洋食屋にしてスープじゃなくて、味噌汁を出す。
    そういやここの正式店名。
    洋食かどやとか、レストランかどやじゃなくって、「とんかつかどや」でありました。
    納得なりぃ。

    腹いっぱいに腹突き出してお店を出る。
    見慣れた街角。
    向こうの方から母が歩いてくる気がしちゃう。
    ちょっとセンチになっちゃった。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    讃岐うどんに茶巾鮨 HOME 涼しきライン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]