忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はおいしい肉を食べに行きましょう…、と、岐阜の街を車で走る。大通りから車は住宅地の中に乗り入れ、まさかこんなところにと、思った場所にあるお店。



    「桔梗苑」という焼肉店で、お店の外観もまるで民家。
    ところが中に入るとしっかり作りこまれた掘りごたつ式の客席フロア。平日というのにお店はほぼ満席という状態。
    法外な値段ではない。けれどちょっと思い切りが必要となる高級店で、なのにのニギワイ。スゴイなぁ…、と思ったのが、そのサービス。
    注文すると手書きのメモに注文を書く。けれどそれを復唱するときはメモをみないでお客様の顔をみながらニコヤカに。料理を提供するときも、テーブルを囲むお客様ひとりひとりの顔を確認しながらと、お客様想いが徹底してる。



    しかもそういうサービスのひとつひとつが決して卑屈にみえないところがすばらしく、余程、料理に自信があるに違いない。
    そう思って料理を待ってやってきたのがモヤシのナムルにキムチにカクテキ。どれも見事な出来栄えで、モヤシなんて注文してから軽く茹でタレと油をからめたモノで、だからほんのりあったかい。
    凄かったのがセンマイで、見事な色白。この状態にするのにどれだけ丁寧に、掃除と下ごしらえをしたんだろう…、って思って食べる。コリコリ、シャキシャキ、ハリある食感と豊かな旨味にウットリします。



    ここの名物がタン塩で、たのんでみると、うつくしい!
    どの一枚もが同じ大きさ、同じ厚さで同じ状態。ロースターにのせてしばらくするとキュキュッと縮みつつ、ほんのり汗をかいてくる。
    食べるとサクッとキレイに歯切れる。ドッシリとした旨味と香り。口の中がたちまちジュワリとみずみずしくなる。
    焼肉店でこれほどおいしい牛タンってなかなか巡り会えないステキ。感心します。

    それから肉にホルモン、あれやこれやと。



    カルビにハラミ、イチボにハラミとどれも脂がほどよくのったうつくしき肉。
    スゴイなぁ…、と感心したのが、タンと同じくどれもがサイズに形が揃っているところ。
    聞けば厨房の中にものさしが置かれてあって、なるべく同じ大きさに切り分けお皿に盛るのだという。ウツクシイというコトは、おいしいことのはじまりで、特に肉のような食材を生から焼いて食べる焼肉は美しく見えることがとても大切。
    上ミノも長方形に切り分けて見た目はまるでイカのよう。食べるとコリッとたしかにミノで、ホルモン、小袋もよき状態で焼くのがたのしい。



    タレものを焼き終わり、塩モノたのんだ途端に網を交換しましょうと、たのんでないのにやってくる。その交換した網はすでにあたためられて、すぐに肉を焼くことできるようになってる。
    「もてなされている」と感じる焼肉レストランって、もう東京では絶滅危惧種。肉がおいしきゃいいんだよ。店は粗末でサービスだって合理的な方が肉をおいしく感じるわけだしさ…、ってお店が増えた。
    けれどこういうお店にくると、やっぱり外食ってサービスだなぁ…、って思ったりする。
    テールスープに塩だけいれて玉子をほぐしてチリチリさせた卵スープの、ふっくらとした味わい深さ。冷麺だって、スープドッシリ。元気がないときにこのスープだけで多分、気持ちが明るく元気になっていく。そんなおいしさ。
    いいお店です。納得です。


    関連ランキング:焼肉 | 加納駅岐阜駅茶所駅



    先日、女性のファッションの100年間をまとめた動画を紹介したけど、これは女性の「水着」の120年史。



    1970年台あたりから水着の方向性が随分変わった。性に対する感受性が大きな変化を迎えたことと、繊維素材の進歩がおそらくそれま不可能だったことを可能にしたからなんでしょう。
    ただ1980年台の過激を通り越して滑稽にさえ思える露出具合をみると、水着の進化という動画のタイトルとうらはらに、原始に向かう退化じゃないかってすら思ったりする。まもなく水着の季節です。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    HOME 大阪流儀のうなぎとたこ焼き
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]