忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ここから車で30分ほどのところにオモシロイお店があるんです…、と、それでみんなで見てみることにして移動。



    山越えまもなく太平洋という小さな町。街というより海岸に沿って走る街道沿いのサービスエリアのような場所。
    商圏の半分は海。しかも周りに集落はなく、たよりになるのは前面の道路を走る車ばかりという、飲食店の立地としてはそれほど良くなくドライブイン向け立地にあった。
    大きなお店。ドライブインと呼ぶには立派なしつらえで、お店の中に入ると割りと落ち着く感じ。立地とお店のアンバランスがまずオモシロイ。



    駐車場のかたわら。お店の入り口脇に立派な東屋が作られていて、そこに灰皿。今日みたいに天気のいい日は、タバコを吸うのがたのしくなるようないい工夫。
    この店。
    ここの周辺にもう一軒あり、そこもこういう東屋が入り口前に作られている。ウェイティングがでるような忙しいときにはここで、たのしく待てるというのもステキな提案で、サービス精神を感じもします。



    ちなみにこの店、もともと寿司が得意な人がはじめたお店。
    だから寿司に力が入ってて、お店の中に別の名前の寿司屋がある。客席部分の一部を仕切り、寿司コーナーと呼ぶには立派なカウンター席のしつらえで、一般席のメニューも寿司が主役になってる。
    中でも人気というのが穴子。
    タレでふっくら煮付けた穴子を、握る前に炭で炙ってシャリと合わせる。コッテリとしたタレをぬり、食べるとムチョンと口の中でとろけるおいしさ。



    松花堂もご飯をにぎりに変更できて、たのんでみると細身でちょっと上等仕立てのにぎりが5貫。
    女性の口にもスッとやさしくおさまる大きさ。
    シャリはキリッと酢がきいていて、甘み控えめ。新鮮ネタの旨味、風味を邪魔せぬ具合がなんとも粋。
    ただ松花堂のおかず一品一品は、どこか量産品的やっつけ感がただよっていて、やっぱりココは寿司屋なんだなぁ…、って思ったりする。



    蕎麦に天ぷら。あるいはナポリタンとかピラフとか、果てはハンバーグにステーキまでが揃うメニューはファミレス風で、それでもイメージが専門店風に感じる理由は、寿司がしっかりしてるからでしょう。
    その寿司に対するこだわりが、新鮮な魚の仕入れへの執着心になっていて、それで季節のご飯料理がオモシロイ。
    ホッキご飯やはらこ飯。シャコの時期にはシャコご飯。牡蠣飯なんかも冬の売り物で、おみやげなんかにもできるんだという。



    今の時期は帆立のご飯。
    帆立のスープで炊き込んだご飯の上に、タレをからませ焼いた帆立がのっかっている。とてもシンプル。けれどどこを食べても帆立の味がするのがおもしろく、贅沢気分になれるゴチソウ。
    寿司のおみやげも充実してて、例えばバッテラ。
    ご飯の間に練り梅、大葉を挟み込みキュッと酸味が強めの仕上がり。おみやげにして時間がたてばたつほどおいしくなるんでしょうね。
    ドライブイン的立地だからこそ、こういう工夫が生きるんだろうって、感心しました。いろんな商売があるものですな…、勉強です。


    関連ランキング:郷土料理(その他) | 山下駅



    ところでこれ…、田園つながりの動画になりますかどうか…。



    インディー・ジョーンズ「レイダース/失われたアーク」のオープニング近くの見どころとして有名な、巨大な丸い石が転がってくる場面を、ゾーブっていう中が空洞になっている透明のボールで再現したもの。
    ビニール製だからそんなに痛くはないんだろうけど、下敷きになるときの感じってどんななんだろう…、って思ったりする。オキニナリ。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    セガフレ、丸信、夜のコト HOME 朝ご飯に勉強会
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]