忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    熊本市内のホテルに入って、ぼんやりしてたら小腹が空いた。



    それで夜の街にでる。
    週末の夜というコトもあるのでしょうね…、商店街はスゴイニギワイ。それも若い人たちがどこに行こうかとニコニコ顔で歩いてる。
    これだけ大きな商店街がまだ健全に機能しているというのがまずはすごくって、しかもそこにこれだけ若い人がやってくるというのもまたビックリ。
    ほどよく大きく、ほどよく小さな熊本みたいな街もいいなと思ったりする。

    目的にしたお店がココ。福岡を中心に典型している「ウエスト」という店。



    実は小腹がすいたというより、どうにも食べたいモノがあった。
    それが博多のうどんでござった。
    車で移動していると、このウエストの郊外店がかなりの頻度で目に入る。気軽にうどんでお腹を満たせるチェーン店で、博多にいればワザワザ行くことはない。
    他においしいうどん屋がたくさんあるから、例えば飲んで遅くなり夜中にうどんが食べたいときに駆け込む感じ。24時間営業のお店が多くて、ここもそう。



    夜遅くではあるけれど、お店の中は結構にぎやか。
    出汁の匂いがフワッとただよい、カウンターの中の厨房ではうどんを茹でるためのお湯が大きなお釜でグツグツしてる。

    肉うどんにごぼう天。それにかしわご飯のおむすびつけて、小腹どころか結局たっぷり一人前のセットになった(笑)。



    醤油色したかしわ飯。ゴボウと鶏肉、細かく刻んだニンジンがお米と一緒に、ギッシリ握り固められてる。
    ご飯の表面、ツヤツヤで、焦げた香りがしてくるのです。
    パクっと食べるとホロリとほぐれる。そしてパラリと散らかって口の中を転がりそして消えていく。
    おこげの香り。醤油の風味。
    そして鶏のコクと旨みが口いっぱいに広がるゴチソウ。サイドにそえた千切りたくわんがほのかに酸っぱく、酔ったお腹にたのしく軽いアクセント。



    ネギをタップリのっけて食べる。うどんはヌルリと喉を駆け下りお腹にストンとはいってく。歯ごたえはなく、けれど伸びてるわけでは決してなくて、うどん全体にはしっかりとしたハリがある。
    とてもなめらか。スルンスルスル。そして出汁の香りが鼻から抜けていく。
    甘辛煮込みの牛肉の脂が出汁に混じってコクとなる。
    斜めに切ったゴボウの天ぷら。噛むとゴツゴツ、歯ごたえ残して砕けて香る。食べてるうちに衣がとろけて剥がれて浮かぶ。揚げた油の旨みが出汁に滲んでどんどんおいしくなっていくのがたのしい。
    本当の博多うどんを食べにいかなきゃ…、また来ましょうね、九州に。


    関連ランキング:うどん | 花畑町駅熊本城・市役所前駅辛島町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    今日で三日目、バフェの朝 HOME 肉でお腹を満たす大津屋
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]