忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    横浜で仕事。
    打ち合わせを終え、昼もほどよき時間になってそれで昼飯。
    ダイアモンド地下街にある「勝烈庵」という老舗とんかつ店にくる。

    00b8e66d.jpegダイアモンド地下街は昔、日吉の学校に通ってた頃、よく遊んだ場所であります。
    この地下街の近所にあった同時通訳養成学校に通ってて、事業が始まるまでの時間をつぶす場所。
    輸入レコードをまる1時間かけて選んでみたり、ただブラブラとウィンドーショッピングしたりする都会の空気が当時のボクにはなによりステキなゴチソウだった。
    そしてたまに。
    本当にたまにココで食事をしたりした。
    決して大きな店ではないけど、いつもお客様でにぎわっている。
    トンカツ屋でありながら、比較的年齢層が高かった。
    値段もこの地下街にしてはちょっと高めで、だから当時の腹ペコ大学生としてはちょっと高級。
    物足りなさがあったりもした。
    生活の場が、神奈川県から東京の街に移ってから、あまり縁がなくなったけど、最近、仕事でたまに来る。
    ひさしぶりに、昼をココでと、舌なめずりをしながら座る。

    11cb7972.jpegピークタイムも終わったというのにほぼ満席というのが見事。
    やっぱりお店の中はかなりシニアな感じで、相変わらずネ。
    ココの名物。
    「勝烈定食」っていうのを選んで、たのんで食べる。
    見た目がちょっと独特で、四角い形をしているのです。
    筒状のヒレをひらいて薄く成形すると、長方形になるのに細かなパン粉をつけて、サクッと揚げる。
    かなり軽めの仕上がりで、揚げ物なのに油の重たさがまるでない。
    揚がった香りはするのだけれど、口の中ではカラッと。
    しかもヒレ肉。
    サクッとはぎれて、しかもフワッとなめらかさすら感じる食感。

    この軽やかさが昔のボクには多分、物足りなさにつながったのでしょう。
    今はとってもうれしい軽さ。
    だからお年寄りにもやさしいんでしょう。
    この店の料理の旨さが30年経ってはじめてわかる、ボクも大人になったんだなぁ…、って今さらながらそう思う(笑)。
    ココにはソースが二種類あって、ひとつはロース用の辛めのソース。
    もうひとつは野菜の甘みがタップリ入ったまるでフルーツソースのようなオリジナル。
    ヒレとんかつには甘めのカレーを置くようにのせ、キャベツに辛めのソースをかける。
    昔ながらのボクの食べ方…、今日も久々、なつかしい。

    f101d638.jpeg固めのご飯。
    ツヤツヤとして、粒ひとつひとつがシッカリ立った上等ご飯。
    千切にした大根を浅漬にした漬物も、サッパリとしてカツにピッタリ。
    そしてなにより感心するのが、シジミの赤だし。
    出汁がおいしい。
    シジミのうま味が混ざっておいしくなってはいるけど、そもそもカツオでとったベースの出汁がドッシリ。
    風味も香りも見事にリッチ。
    その赤だしが入ったお椀が、分厚い漆の木のお椀。
    いまどきこんな立派なお椀で、定食につく汁を出すようなお店って本当に珍しい。
    手がそのズッシリと重たくしかもなめらかな、木の肌合いを味わって、唇当てると口にもやさしい。
    中のお汁もなかなか冷めぬ、器の果たすステキなもてなし。
    こうした小さな努力とこだわりが、長く続く繁盛を実現するのに違いない…、って感心しました、また来よう!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    るみうどん HOME 空気のきれいなBUNの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]