忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨夜の仕事は深夜まで…、ロールプレイングを行った後の後片付けが終わると日付が変わる時間になってしまう。

    5400ccb2.jpeg今日の反省会を兼ね、元気の出るモノを食べましょうと。
    それで富山の夜の街をさまよい歩くも、程よいお店は早じまい。
    もともと夜が早い街の、週の始まり。
    平日、しかも雨の夜。
    焼肉の店を選んで入る。
    大将軍という富山の街に数軒お店を持っている、老舗の一つ。
    お店に入ると、オジサンだけのグループ客がボウボウ肉を焼いている。
    歌舞伎町にもどってきたようなそんな景色に思わずニッコリ。
    夜中の焼肉レストラン。
    なぜだか必要以上にギラギラしてて、けれど決して嫌いじゃないなぁ…。
    お店にいる人みんながどこか、背徳的な後ろめたさをもってるみたいな連帯感。
    大騒ぎする人はなく、みんなジックリ、網を見ながら肉を焼く。

    それにしても齢50で深夜の焼肉。
    大人だなぁ…、ってしんみり思う(笑)。
    キムチをつまみ、チャプチェをモサモサ。
    サシの見事に入ったカルビに、赤身のおいしい熟成ロース。
    それにハラミを一枚一枚ジックリ焼いて、話もはずむ…、一日の〆。

    f0b1c44a.jpeg先に入って盛り上がってたオジサンたちが、「ユッケある?」
    ええ、ありますよ。
    レバ刺しもいい状態で揃ってます…と。
    この時期に、生の肉や内臓モノを用意できる店。
    しかもお店の方から勧めるのじゃなく、お客様から聞かれるお店。
    信頼関係が出来ているというコトなのでありましょう。
    何しろココは「富山」であります。
    いろんな意味で感慨深い。
    ボクらもひとつユッケをとって、尊顔拝む。
    ただユッケの上に生の玉子の黄身がポッテリのっかる、そっちの方が気になって、食べることは遠慮した。
    人それぞれの安全基準があるんでしょうネ。
    みんなに安全。
    みんなに安心を作り出すのってむつかしいなぁ…、って再認識。

    4e3875c2.jpeg〆に冷麺。
    韓国風ではない盛岡風。
    ツルンとなめらか。
    けれどムッチリした麺が、酸味さわやかな濃厚スープに沈んでる。
    白髪ネギにゆで卵。
    牛のネックを醤油漬けしてフックラ炊いたモノがゆらゆら揺らめいていて、それだけチュルンと食べてもおいしい。
    でもせっかくだから、韓国的なるおいしい食べ方。
    ハラミに肉をコンガリやいて、それをのっけて食べてみる。
    脂ののった肉がカリカリ。
    ツルツルの麺と一緒に口にやってくる。
    ほんのり熱いハラミの肉と、シャキシャキ冷たい麺が一緒になると程よい温度で口が休まる。
    噛むとジュワッと肉汁滲み、それを即座にスープの酸味が拭いとる。
    お替りしたくなる味に、いやいや、今は深夜2時。
    そんなコトをしたらば明日が辛くなる…、って思ってそれで我慢する。


    関連ランキング:焼肉 | 国際会議場前駅荒町駅桜橋駅




    そして朝。
    昨日の雨が嘘のように、スキッと晴れた抜けるような空…、朝から気温がグイグイ上がりよき旅立ちを予感する。

    dasa.jpg富山の夜はいつものホテル。

    羽釜で炊いた炊きたてご飯がおいしいホテル。
    地元の食材を上手に使った、郷土料理が必ずあって、旅情をお腹で感じるホテル。
    富山のココは、鱒寿司や昆布で巻いた富山のかまぼこ。
    蟹のお汁にホタルイカの塩辛風と、北陸的なるおかずが並ぶ。
    とは言え、さすがに続けて泊まると、今日もこれか…、と驚きがなくなっちゃうのね。
    人ってなんて贅沢なんだろう。
    おもてなしってむつかしい。

    フックラおこげが混じったご飯。
    軽く一膳、茶碗によそおい梅干のっけてハフハフ食べる。
    スルンと冷たい冷奴。
    納豆もらって、いつも的なる朝食メニュー。
    昨日、夜中の焼肉店で「ボクは納豆を混ぜずにそのまま食べるんです」って言ったら「わたしも」と賛同者を得る。
    なんだかそれで気持ちがググッと近づいた。
    同じ食べ物、食べ方を大切にしている人って同士のような気持ちになれる。
    お腹がつながる人間関係も悪くないかも。
    勝手に思う。
    冷たいお水ごゴクリゴクリとのんでお腹を洗っておしまい。
    今日はご飯のお替りは無し。
    それでもちょっとお腹が重い…、じっとり出てくる汗がちょっと肉臭くってニンマリとなる。
    深夜の焼肉パワーがじんわりまだきいている…、そんな実感、そろそろ帰京の準備なり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    カフェモコ at 秋葉原 HOME 富山のシアワセ、デジカエン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]