忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    大阪での仕事を終え、東京に帰る途中で新大阪で打ち合わせ。

    kuma.jpgせっかくだから軽く食事でもしながらいかが…、とそれで駅ビルの中にあるお好み焼き屋に飛び込んだ。
    カウンターに15席ほど。
    鉄板を埋めたテーブルが10卓ほども並ぶ結構大きな店で、自分で焼いて食べる店かなぁ…、と最初は思った。
    おじさん同士でお好み焼きを焼きながら仕事の話をするのも乙よねって、覚悟を決めて注文したら、カウンターの鉄板でお店の人がつくってもって来てくれる店。
    確かに関西。
    お好み焼きはプロに焼いて食べさせてもらう専門料理。
    自分で焼きたきゃ家で焼け…、みたいなところがございますゆえ。
    目の前の鉄板は焼くためじゃなく保温するためのモノでござります…、ってココもそんな感じのお店。
    昔、一度、テーブルの上の鉄板でお店の人が焼いてくれるところにいって、弄りたくてしょうがないけど絶対触っちゃダメと言われた。
    悪戯心に一個だけ、叩いてみたり動かしたりと触ってみたら、お店の人はすぐわかる。
    これ、絶対においしくないから覚悟して…、って言われて他のと食べ比べたら本当にそれだけおいしく無かった。
    やっぱりプロの力はスゴイ…、ってそんなコトを思ったりした。

    fbe97a9b.jpeg牛すじタップリのネギ焼き食べます。
    味はあっさり醤油味。
    サックリとした粉の中にタップリのネギ。
    断面みれば、ネギとネギの間を粉がつないでる…、って感じのさまで食感かなり軽くてフンワリ。
    甘辛に煮た牛筋がドッシリしてて、噛むとクチャッとゼラチン分を吐き出しながら固い繊維にほぐれてく。
    刻んだ生姜が風味と酸味をアクセントにし、角切りにしたこんにゃくがクニュクニュ、食感、たのしくさせる。
    旨いねぇ…。
    なにも考えずに目の前にあるお店に飛び込み、そこがシッカリおいしいコトって、なんだか得した気持ちになれる。
    気づけばお店はほとんど満席。
    近隣に勤めているサラリーマンがほとんどですか。
    とん平焼きをたのんだり、或いは餃子をたのんでそれをつまみに生ビール。
    関東的に焼き鳥屋さんで一杯軽くひっかける…、そんな感じでお好み焼き屋で鉄板焼きをたのしむ文化。
    〆にネギ焼き、お好み焼き、或いは焼きそばのような粉モノで、しかもそれらのソース味をつまみに最後のもう一杯って感じになっていくんでしょうなぁ。
    粉モノプリンスを自認する、ボクとしてはこうしたお店が近所にあるとかなり重宝するだろうなぁ…、って思ったりする…、いい感じ。

    ビックリしたのが、この店のテーブル脇に置かれたソース。
    普通のソースに手作りマヨネーズが置いてあるのは当然のこと。
    他にもソースが全部で4種…、大阪生野のヘルメスソースだとか、神戸のローズソースだとかとご当地ソースがズラッとならぶ。
    食事につきあってくれた大阪出身の人は迷わずヘルメスソースをタップリ。
    これじゃなくちゃネ…、ってニッコリ食べる。
    関東にはない関西ならではのソース文化をかいま見る。

    新幹線でビュワンと東京。

    makura.jpgここ最近の出張で、かかさず持ってあるいてるのが首枕。
    薄いフェルトの生地の中にそば殻が入った、首の回りに巻いて寝る用の小さな枕。
    最近、肩凝り激しいもので電車の中で寝るときに、これがあると楽になる。
    それだけじゃなく、MacBookをひざ上に置き入力するとき、膝と本体の間に置くと、程よく高さが保たれる。
    MacBookが発する熱をやんわりうけとめ、空冷効果もあるみたい。
    かなりウレシイ、オキニイリ。

    それにしても新大阪の駅舎の改装がすんごいコトになっていた。
    効率的でキレイな駅舎になるコトは悪くないコトと思うのだけど、そのため休憩場がなくなった。
    座れる椅子は一脚もなく、しかもトイレすら撤去されてる。
    そのくせお土産売り場は場所を移してしっかり家賃をとってるという、営利目的見え見えの様。
    日本の駅にはあまりに椅子が少なく感じる。
    改札くぐってホームに出れば椅子はあるよと言うかもしれない。
    つまり「運賃払わぬ人に座らせる椅子はない」というコトなのか…、ってボクはちょっと怒り心頭。
    駅はみんなの財産のはず。
    遠くから里帰りする息子夫婦を出迎える、おばぁちゃんが座る椅子すらない駅にどんな思い出が残るんだろう。
    民営化して商売上手にばかりなってく鉄道屋さんに、誰かが何かを言わなきゃいけない。
    まもなく東京…、そして家。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    粉物王子
    粉物王子 サカキさま!
    首を特に前方にかくんかくんする=腰に負担がかかる=肩がこる のですよね。
    電車でかくんかくんしているおじさま方に、首枕を差し込んで歩きたい衝動にかられるわたくしです。

    しかし動かすだけで味がかわるって 材料は同じなのに、繊細で面白いですね。
    いい材料を使うだけがお料理じゃあないんですねぇ。
    しろはなげさん / 2010/08/11(Wed) /
    悔しかったぁ
    > しろはなげさん
    もうそのときは悔しくて悔しくて。
    お好み焼きを焼いている、しおれたみたいなおっさんが「にたっ」とボクの顔を見て言うんです。
    「おいしくないですよ」って。
    鉄板の場所によって温度が変わるってこともあるんでしょうね。
    ひっくり返すタイミング。
    ひっくり返し方。
    いろんなコトが組み合わさっておいしいお好み焼きになるんだなぁ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/11(Wed) /
    駅の椅子
    確かに少ないですよねぇ。でも、なんで少ないのか判る気がします。
    幼児を連れて歩き回ると、割と頻繁に休憩を取らなくてはならないのですが、その際に座るところを探すと、そこにはホームレスの方達が座ってる事が多く、その人達にも様々な事情が有るのでしょうが、幼児を連れては、とても一緒には座れません。
    その人達をどかす為に駅員や警備員を配置するのもお金が掛かる訳ですから、そういった意味ではしょうがないのかなと思います。
    波留さん / 2010/08/12(Thu) /
    なるほど
    > 波留さん
    居場所のない人たちの避難場所になっちゃうんですね。
    確かにそうした理由もあるなぁ…、って思いますね。
    最近は公園の椅子も少なくなったり、あるいは寝転がられないようになっていたりしますものネ。
    社会がしなくてはならないコト。
    沢山あるなぁ…、って思いました。
    貴重な気づき、どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/08/12(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    パンの朝 HOME 551で大阪の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]