忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    庚申塚という駅にくる。巣鴨商店街の北の入り口。あるいは出口。



    東京という町には案外商店街がいくつもあって、大抵それらは駅を始点にできた町。ところがこの町。とげぬき地蔵尊を祀るお寺を中心にできた通りで、だからJRとか地下鉄の駅からちょっと距離がある。
    正真正銘の最寄駅は都電の駅というのが、なんだか痛快で、途中下車してランチとします。
    それにしてもお寺の前で立ち止まり、軽く会釈して、また歩きはじめる人の多いこと。祈るということとと生活がつながっているやさしさ感じて、ボクも会釈でパチリと撮った。



    ときわ食堂という食堂にくる。
    東京の下町を中心にして何軒か、系列店のある店で、ただこの巣鴨の店はちょっと独特。メニューの豊富さ、サービスの良さ。気合の具合がおそらく随一。
    オキニイリ。
    とげぬき地蔵尊の近くに一見、支店があってけれど圧倒的に庚申塚の駅に近いここのお店がおいしく感じる。



    ガラリと扉を開けるとズラリとテーブル並び、人生経験豊富なお客様たちでにぎわっている。そのテーブルの合間をキビキビ、笑顔で働く人たちと、厨房の中で料理ができあがる気配にワクワク。
    しあわせなるかなおじぃちゃまが、マグロのブツをつまみに昼からビールを飲んでらっしゃる。
    その隣では、中のよさそな老夫婦が煮物をたのんでおかずをひとつ。二人で仲良く分け合い食べる。
    壁に貼られたメニューの札も、今日の料理の半分ほどでしかなくて、今月のオススメだったり今日のオススメと、ワクワクしながら説明聞きつつ決めたこれ。



    今月のオススメのアジのフライをメインにしました。
    うれしいことにこのフライ。1枚単位で注文できる。2枚にしました。一枚一枚が分厚くて、かなりのボリュームと言われて2枚。
    やってきたお皿をみて、確かに分厚く2枚ですでにお皿が一杯。千切りキャベツがたっぷりついて、それにご飯に汁に漬物。
    ちなみにご飯は一杯だけならお代わり無料。近所で工事をしている人たちなんでしょうか…、作業着の人たちが続々お店にやってきて、ご飯をモリモリ食べている。



    追加でたのんだ卵焼き。ここの名物のひとつでもある。
    たのむと味はどうしましょうか…、と。「砂糖に塩、醤油の味が選べます」と、こういうところがとてもうれしい。
    砂糖で甘くしてくださいってお願いをしてやってきた、卵のツヤツヤ、色っぽいこと。砂糖でテリがでたのでしょうね。
    最初はそのまま。甘みと卵の旨みが口でトロリととろける食感たのしむ。
    それからソース。アジフライのために追加でたのんだタルタルソースをかけて最後はオムレツ味にしてたのしんだ。



    アジのフライにはソースじゃなくて醤油でござる。
    まずは最初にレモンをしぼる。風味をつけたらそのまま一口。新鮮な油の風味とパン粉がカサリと口にちらかる。
    そこに醤油を注いで食べると、魚の香りが穏やかになり、醤油の持ってる焦げた風味が香ばしくアジの旨みも軽快になる。
    タルタルソースをたっぷりのっけて食べると不思議…、それまで和食風だったフライが途端に洋食味になっていく。



    お膳をテーブルに置くと同時に「お味噌汁には気をつけてください」と言う。
    爆発したりするわけじゃなく(笑)、気をつけないと火傷するほど熱い味噌汁。わかめにお揚げ、しっかりとした出汁に関東風の合わせ味噌。どっしりとした味わいで、思わずご飯にかけたくなっちゃう。
    定食屋におけるおいしい味噌汁の条件は、「ご飯にかけてもおいしい」ということだろうと思ってこれは、その代表。
    手作りの漬物もしゃんとおいしくて、お腹いっぱい。これで1000円ちょっとというのも、安すぎず、高すぎずもする適価と感じた。オキニイリ。


    関連ランキング:定食・食堂 | 庚申塚駅新庚申塚駅巣鴨新田駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    赤坂・四谷三丁目 HOME 王子的朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]