忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山で仕事。そして視察を兼ねて晩御飯。「UMIYAMA」というお店に来ます。



    最近流行りのバルのような設えで、富山の街にも最近次々開業している。けれどどこもが成功してるかというと決してそんなことはない。
    雰囲気をよくするために閉鎖的な空間にして、お客様を選ぶようにしたお店はみんな苦戦中。例えばここのお店のように、大きく外に向かってお店の中の様子をさらけ出すような店。そして思わず中に吸い込まれそうな雰囲気作りに成功してとこはなんとか人を集めてる。



    厨房に面したカウンターがここの一等席なんでしょう。そこは満席。そのカウンターを間近ののぞみ、それと同時に表の雰囲気がたのしめる、次によさ気な席をもらって、まずはワインを。
    ワインを飲みたくなる店って、おいしそうな匂いのある店。ココは入った途端にオリーブオイルとガーリックの匂いが漂い、鼻をくすぐる。
    しかもお通し代わりですとやってきたのがパルミジャーノで、ついでにスパークリングワインもたのんでチェーサー代わりにして飲んだ(笑)。



    近海のおいしい魚を使った料理がメインの魚系バル。しかもココは富山でござんす。おいしい魚が目白押し。
    例えばバルの定番料理のアヒージョも、ココでは普通のエビではなくて白えび使って作る贅沢。
    サクサク、殻や足が砕けて海の旨味と塩の風味にウットリします。バゲット浸して一緒に食べると、ワインがなおさらおいしく感じる。
    生のボタンエビをラタトゥイユの中に漬け込みマリネ状にしたものも、ムチュンとはぎれてネットリ甘みを吐き出すゴチソウ。



    ただ、早い時間から今日は流行っていたからでしょう…、欠品食材続出で、ちょっと残念。ロスを出したくないお店かなぁ…、と、それもまたよし。ホホエマシ。
    ムール貝のワイン蒸しとか、ホタテの柱をスモークし、カルパッチョ状に仕立てたものとか、あるいはポテトフライとアンチョビバターでソテしたものとか、どれもシッカリワインの摘みになるのがウレシイ。
    イタリア的なるピザとは違って、さっくりはぎれてムッチリ粘る、インドのチャパティのような生地を使ったクワトロフォルマッジ。〆までワインをねだる見事に気持ちが大きくなりました。


    関連ランキング:バル・バール | 富山駅前駅新富町駅電鉄富山駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    初音とブラック HOME 羽田から
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]