忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    三島で途中下車の旅…、ちょうど時間はランチどきにて、お昼を食べます。



    三島と言えばやっぱりうなぎでござりましょう…、とそれで駅前商店街の入り口にある「不二美」という店に来る。
    生命力の強い生き物というものは、そもそもクセとかアクとか他のモノが近寄り難き個性をもっているもので、うなぎももともとそう言う存在。
    それをおいしく味わうためには、きれいな水に泳がせ体の中を清めさせるコトが必要。
    富士山の雪解け水や伏流水ほどおいしい儀式にふさわしい水はなく、だから三島のうなぎはうまいと評判なのでありますね。

    うな重たのんでちょっと待ちます…、ちょっとというより、ちょっと長めに待つ感じ。



    そもそもかつておいしいうなぎを食べようと思ったら、2、3時間は待って当然と思わなくちゃいけないくらい、時間がかかる食べ物だった。
    割いて焼き、蒸らしてまた焼き、そして焼く。
    うなぎは高価であるからだけでなく、時間をたっぷりかけてたのしむ…、だから贅沢な食べ物だったわけでして、それが今ではいろんな工夫でそれほど待たずにたのしむことができるようになっている。
    とはいえやっぱり待って食べるうなぎは格別…、座敷にすわる、おじさんたちのグループも誰一人として文句をいうような人もなく、ひたすら待って、そしてめでたくありつくわけです。



    分厚い肉はこんがりやけてツヤツヤ光る…、カプリと齧ると炭の香りが広がっていく。
    焦げたタレの香りがだけじゃなく、炭そのもののコクある香り。
    火を使って料理をすることを学び続けた人間のDNAが震える香りにウットリしながら、噛むとジュワリと脂がにじみ、うなぎの旨味とタレの風味が舌をしたたか喜ばす。醤油のあたりの強いタレです。
    甘さよりも醤油の旨味と風味がかってて、力強くてわかりやすい味。
    ご飯が進むタレでもあります…、江戸前うなぎのようにフワフワやわらかでなく、関西うなぎのようにコッテリ、ねちっこくはない、その両方のよいとこどりの、歯ごたえ楽しい身質もうまく、これはかなりのオキニイリ。
    肝吸い、漬物、そしてご飯の炊き加減までボクの好みで、朝の不機嫌吹っ飛ぶランチに、ニッコリしました、また移動。


    関連ランキング:うなぎ | 三島駅三島広小路駅



    ところでさすがに三島という街、富士山のお膝元ということもあるのでしょう…、駅前の歩行者専用信号が青のときにかかる音楽が、これなのですね。



    なのだけど、青信号がついてる時間の都合なんでしょう、さびの「富士は日本一の山」の「ふ」のところでブチッと切れてしまうのです。
    あまりにそれが哀しくて、かわりに小さく歌って歩く。
    フジハニッポンイチノヤマ!
    それにしても富士山が世界遺産に登録されたからなんでしょう…、新幹線のこだまにのりこむ外国人の増えたこと…、ビックリします。
    日本で一番がこうして世界に名を轟かせるって、なんてステキと思う昼。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    さて金曜日 HOME グランルーフのある駅の蕎麦
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]