忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    オモシロイものでちょっと体に元気が出ると、体に悪いものをためしてみたくなるもので、それで「王将」。



    徳島駅前にある古いお店で、東京なんかじゃお目にかかれぬ古典的なる仕組みの厨房。餃子をただただ焼くコーナー。レジの近くにあって、駅前という場所柄もあるのでしょう…、テイクアウトが結構出てる。
    厨房の真ん中には中華鍋を振る場所があり、その隣にはラーメン厨房。店長らしき人がスタッフたちに次々指示を出しながら料理を作っていく様、壮観。
    油の香りがフワッと漂い、あぁ、おいしそうと気持ちが揚がる。



    エビの天ぷらをもらって食べる。
    中国料理の天ぷらは、衣がふっくらしていつつ揚げた後に熱した中華鍋の鍋肌そわせてパリッと衣の表面を焼く。
    カリッとフワッと、そしてエビがムチュンとはじける、食感楽しい料理で大好き。
    サイズは小さなエビではあるけど、プリプリでないエビそのものの食感がガシッと残ったおいしいエビで、それを油と塩が引き立て奥歯喜ぶオゴチソウ。
    千切りキャベツで口を洗いつつ、パクパク食べて、そしてコレ。



    天津炒飯に挑戦しました。
    刻んだ叉焼とネギをメインに脂でババッと炒めたチャーハン。目の前でご飯の粒が舞い、飛ぶ様をウキウキしながら出来上がる。
    上にトロリと卵焼き。スベっとなめらかな塩味スープのあんをたっぷりかけまわしすべてを一緒に口に含むとまるでスープチャーハンみたいなみずみずしさ。
    玉子のふっくらやわらかなとこ。その対極のご飯の粒がパラパラ、散らかるところであるとか、食感にぎやか。悪くない。
    たださすがにお腹にいささか重く、ごめんなさいね、病み上がりだからと3分の1ほどを残してお環状。これだけ食べればもう元気!って言われて笑って店を出た。


    関連ランキング:餃子 | 徳島駅



    そして朝。ホテルのバフェで気持ちを満たす。



    ご当地料理をいかに魅力的に揃えるか。それが最近のシティーホテルの朝バフェ料理の課題のひとつ。
    ここも結構充実してて、ご当地料理コーナーなんかが作ってあった。
    竹筒で焼いた短く小さな竹輪。なると金時。カレーの風味が香ばしい魚のすり身を揚げて作ったフィッシュカツ。鳴門のワカメにさしみこんにゃく。これには酢味噌をたっぷりのっけて味わう趣向。
    茄子の煮付けや野菜をとって、炊きたてご飯をほんのふた口、三口分ほど。ひじきを混ぜてひじきご飯にして食べる。
    お味噌汁にはタップリお麩。汁を吸い込みトゥルトゥルするのが心地よい。



    バフェカウンターに玉子を焼いてくれるグリドルが置いてあり、そこでちょっと固めに焼いてもらった玉子。
    トーストの上にハムにケチャップ。上にポンッ。オープンサンドにして食べる。
    カサッと歯切れるトーストとポッテリとした玉子の黄身が口にたのしくニッコリします。
    かぼちゃのポタージュが置いてあり、しかもコーヒー用のカップでお茶を濁すことなくスープ用の小さなボウルが置いてある。クルトンぱらりと散らしてこれにパセリのパセポンがあったらいうことなしだよなぁ…、って思って味わう。



    食欲でてきたような気がして、それで一枚、再びトースト。
    ベルトコンベアー式のトースターに何度も何度もおいて通して焦がして焼いた。蒸気がこもらぬ構造だから、カサッと乾いて仕上がるところがオキニイリ。
    ポーションパックのバター、マーマレードをお皿の上にうつして飾る。プレインヨーグルトを入れたボールも下皿を添え、カレー用のずっしり重たいスプーンをそえれば、ちょっと上等な朝の景色が出来上がる。
    食事を終えたらユックリ準備。のち、東京へ向かいます。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    良かったです!
    いつもブログを楽しく拝見させていただいております。
    体調が快方に向かっているとのこと、同年代のため、安心致しました。
    季節の変わり目と雨続きで気持ちもつい、落ち込みがちですね。
    徳島にはよく行かれるとのことでしたので、王将の近くにあります、味祭あじさいと読みます、にぜひ機会がありましたらご訪問ください。
    元気なお母さんがいて、派手ではないですが、地元の人に愛されている居酒屋です。
    私も年に数えるほどですが、訪問して元気をもらっております!
    みやぎのまんぷくさん / 2015/09/11(Fri) /
    おなかは健康バロメーター
    すっかりお元気になられたようで安心しました。雨が去ったらまた夏のような暑さ…そしてまた冷えてくるのでしょうね。どうぞぶり返さぬように、ご自愛ください(^_^)
    RHEIAさん / 2015/09/11(Fri) /
    ご心配おかけしました。
    > みやぎのまんぷくさん
    やっと元気がではじめました。
    徳島駅前は気になるお店がたくさんあって、けれどなかなか覗くキッカケに恵まれていませんでした。
    味祭あじさいさん。機会があればぜひ覗いてみます。ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/11(Fri) /
    もうひといき
    > RHEIAさん
    まだときどきふらつきます。だからもう一息。
    食欲ができてたからまずは一安心です。ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/11(Fri) /
    無事帰京 HOME 出汁の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]