忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山で仕事。ひさしぶりにゴキゲンになり、夜食をたのしく。最近、できたばかりのバルを勉強方々、視察する。



    和風の店構えで、オモシロねって行ったらずっと居酒屋だったところを最近、居抜きで業転したんですよ…、と。
    誂えモノより、借り着の方が創意工夫ができたりすることがあるのが愉し。
    お酒をたのむとまずお通しがくる。熱々のクリームコロッケをグラスに入れて出してくる。「うちは遊び心で料理を作っております」ってメッセージでしょう。
    味は決して悪くない。
    地元の野菜を使った自家製ピクルスも、牛すじとトリッパの塩煮込みも良くできてるんだけど、なんだかひと味足りない感じ。

     

    おいしいのです。おいしいのだけど、ちょっとばっかり素人くさい。
    料理上手のお父さんが、一生懸命料理を作ってみました…、って感じの料理で、でもそれがココの持ち味なんでしょう。
    アボカドと蒸し鶏のサラダ、パクチー風味っていうのをたのむと、素材の味がきいてておいしい。
    それにしても、昔に比べてアボカドはおいしくなったネ…、昔はもっと青臭かったモノってみんなでちょっと感心をする。



    富山といえばおいしい魚。
    しかも「昆布じめのカルパッチョ」なる、さすが昆布王国、富山の情熱を感じる料理があって、それ。
    ネットリとした昆布じめ魚の食感と、噛むとトロリととろけるような味わいにウットリしながら、ひとつ地方でずっと愛され育った料理って、少々アレンジしても持ち味、揺るぎない。スゴイコトって思ったりする。



    それから刺身の盛合せ。最初にたのんで、だから最初に来るかと思っていたらば結構時間がかかる。
    どうしたんだろう…、って心配してたら、なるほどこういう仕掛けをするのに時間がかかっていたんでしょう(笑)。
    3種の盛合せとかきながらも、実際は5種類以上ついてくる。東京の話題のお店のなぞりで、今ではもうサプライズじゃなくなっちゃった。
    遊び心料理の店でも、刺身くらいは普通に提供してほしかった…、って思ったりもした。ちと残念。

    それからメインの「薬膳鍋」。



    ストゥブ鍋にギッシリ野菜。そこに少々、スープが注がれやってきて、コンロの上でコトコト煮こむ。
    …、のだけれど。
    蓋をあっさり持って行ってしまうのですネ。
    あらあら、それじゃぁ、ストゥブ鍋の持ち味がなくなっちゃうじゃん。ただの洋風鉄鍋になる。重たい蓋して旨み蒸気を蓄えさせて煮るからこそのストゥブ料理なのにねぇ…、とこれまた笑って、それでコトコト、煮上がっていく。



    沸騰したら、そこに豚肉。熟成豚というのが売りで、色合いまるで生ハムみたい。
    それをしゃぶしゃぶ。スープや野菜と一緒に味わう。
    スープは辛い。赤唐辛子が突き抜けるような辛さをくれて、それに山椒の痺れがまじる。クコや松の実、ナツメの風味で香り濃密。クミンシードがカレーな感じの香りを作って、汗をかきかきハフハフ食べる。
    〆が氷見のうどんというのが、富山的。
    かなりゴトゴト煮込んでも、へこたれないのが氷見のうどんの健気なところ。ズルリとたぐって、ホテルに戻る。そして寝た。

    ゴキゲン動画を一枚はります。



    犬と猫のどちらがペットしてすぐれているか…、って動画で結局、僅差で犬の勝ちになるんだけど、勝ち負けなんてどうでもいいのよ。
    犬もネコもかわいんだもの。
    役立つ犬と役に立たないネコというのが、その勝敗の分け目なんだけど、ボクが飼ってたブルくんなんて、まるで役にはたたない怠け者にしておとぼけだった。けれどそんなところがかわいらしくて、今でもときおり思い出す。
    いつかはワンコを飼いたいなぁ…って、思うと気持ちのはりがでる。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    トヤマノアサ HOME 散る桜、溶けるクリーム、血糖値
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]