忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    実家の高松…、ちょっと小さな祝い事がありホテルの中国料理レストランにて会食をとる。



    今日は一日、高松空港からいきなり高知。山を越えた途端に大雨…、そこでたのしい打ち合わせをして、それから取って返して高松へ。
    再び山を越えた途端に空がパッと青くなる。
    四国山地の北と南で空が変わるというコトを、社会の授業で昔教わり、今日ははじめてその実態を身を持ち体験。大人の勉強いたします。
    まずは冷菜の盛り合わせ。
    さすがに夏であります…、ハモの湯引きの梅あえが彩り添える。クラゲに茹でた鶏の胸肉に香港叉焼、トマトに海老と色とりどりでまずは乾杯。



    食べたいモノをメニューに探す。
    不思議なコトに海鮮類の料理がおいしそうに思えて、それをいくつかたのむ。
    海老の天ぷら。フリッタ状のポッテリとした衣をまとった才巻海老で、塩の風味と海老の甘みでおいしく食べる。
    アワビと黄ニラの炒め物も、これまた塩の味がキリッと海鮮類の旨みを引き立て磯の風味がなんとも旨い。

    チンゲンサイと干貝柱の煮込みをたのむ。



    茹でたチンゲンサイとブロッコリ。こっくり煮込んだしいたけが大きなお皿の上にキレイに並べられ、そこに醤油風味の上湯のあんがとろりとかかる。
    中にはたっぷり、干貝柱。
    具材であると同時にスープに旨みを与える調味料。
    コクのある旨みと少々、くぐもったような磯の香りに深みがあって、シャキシャキとした野菜の食感ひきたてる、スベスベとしたとろみがおいしい。



    広東料理が得意なお店…、点心類もおいしいのかとたのんでみると、これがなかなか実力派。
    海老の餃子に肉焼売、小籠包をひとり一個ずつ食べる。
    透き通った薄皮の下からすけてみえるピンクの海老のすり身のうつくしいコト。プチュンと歯切れる頑丈な焼売の肉もむっちり上等。
    ステンレスの取っ手のついた小さなお皿の上にのっかりやってくる小籠包というこの景色…、最近ときどき見かけるスタイル。オモシロイ。



    〆に麺とチャーハンたのんでお腹を満たす。
    コース料理の〆の麺…、担々麺とかスーラータンメンのような料理もあるのだけれど、スッキリとした塩味スープや醤油スープのシンプルなモノがおいしく感じる。
    今日はネギと刻んだ叉焼の醤油麺。
    スッキリとしたスープに焦がしたネギの油や叉焼の脂の風味が混じって深い。
    極細麺もスルスルお腹になだれ込み、パラパラ歯ごたえたのしいチャーハンと一緒に今日のたのしい宴の幕引き。
    それから実家で夜中までいろんな話に花さかす。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アサハヤク HOME オンナISETAN、オトコISETAN、羽田のはしご
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]