忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕方から博多の町で食べる勉強。東北からやってきた人たちと広い日本を実感する夜。まずは居酒屋。「酔灯屋」。



    博多のおいしい料理を気軽に食べて、飲んでたのしむ。そういうお店。
    地元のサラリーマンの懐で、おいしいモノを味わうことができるというので人気の店で、今日も宴会場はおおにぎわい。
    飲んで騒いで、赤い顔したおじさんたちがトイレと宴会場を行ったり来たりする景色。最近の東京ではあまり拝めぬたのしいムード。
    お通しが4種類ほど選べる仕組みで、ところてんがチョイスにあった。迷わずそれを選んでチュルリ。キャベツを塩ダレで食べるサラダで太らぬようにと願掛ける。



    売り物はごまさば。それから活きたイカ。
    呼子のイカはあまりに有名。今日はちょっと小さめのモノ。それでもキラキラ、足が輝きときおりピクリとするさまに、ワーキャー騒ぐ。
    コリッと硬く、ところがたちまちトロトロになり、甘みと旨味が口に広がる。生きているからこそのおいしさ。
    これまたキラキラきれいなサバ。そこにスリ胡麻混ぜた甘い醤油をかけまわしかき混ぜ食べるごま鯖も博多ならでは。なによりやっぱり醤油の甘さに博多を感じる。



    やってきたときは自分の切り身で目が隠された、イカの眼、アップで撮ると怖さがつのる。
    宇宙生物が地球に舞い降りた途端に捕獲。そして氷詰めにされてこれから実験室へというような、不穏な気配にドキドキしちゃう。
    そんなイカさんも刺身を全部食べ上げて、残りのゲソと胴体は天ぷらにするか塩焼きか。焼いてもらって食べるとプルンと、これまた旨い。
    もちピザというココの名物創作料理は、冷凍ナンの上に餅。とろけるチーズをのっけて砂糖醤油で食べるというモノで、もっちりとした磯辺焼き。



    きびなごの天ぷら食べると、芋焼酎がおいしく感じる。
    それから鍋を2種類試す。ひとつはここ10年ほどでしょうか…、博多でブームを巻き起こした「炊き餃子」。
    鶏の水炊きのスープの中に、餃子をおとしてクツクツ煮込む。皮が厚めでムッチリしてて、それがスープをたっぷり吸い込みプルプル、口の中でとろける。
    「炙りもつ鍋」も最近はやりの新しい味。モツを炙って炊き上げる。脂が焦げた風味がスープにとけだして、これまた旨くてたまらない。



    焼きラーメンを〆にする。
    博多ラーメンの麺を豚骨スープと一緒に焼き上げたモノ。焼きそばじゃなくて、焼いたラーメンという発想、味がオモシロイ。
    ザクザク歯切れる食感と、ネチッとときおり貼り付く小麦の粘り気が、口の中をにぎやかにする。ほどよきおいしさ、満足す。


    関連ランキング:居酒屋 | 祇園駅中洲川端駅呉服町駅



    車で移動…、博多の町の夜のにぎわい眺めつつ、天神の街をブラブラ歩く。ラーメン食べたいと、それで「長浜ナンバーワン」というお店。



    市場で働く人たちが、手っ取り早くお腹を満たしてあったまりたい。そういう気持ちを満たす屋台で生まれた料理。
    本当はうどんを食べてほしんだけど…、とブツブツいいつつ、それでも確かにラーメンも旨いんだよなとやってくる。
    屋台のごときシンプルな店。飾り気もなくテキパキ、威勢よく働くスタッフの男ぶりもよし。そんなお店にオサレな女子がやってきて、ラーメン食べて帰ってく。



    かっこいいなぁ…、と思ってまずは餃子をたのむ。
    小さな餃子。カリッと焦げてて、粗めに切った野菜がザクザク歯切れてく。生地はプルンとなめらかで、サイドについた赤唐辛子の柚子胡椒をのっけてタレに浸して食べる。
    歯ざわり軽快。口の中でススッと収まるサイズもうれしく、ラーメン食べる準備がたちまち出来ていく。

    一番シンプルなラーメンにする。「長浜ラーメン」。



    小さめの丼を満たすとんこつスープ。ぼんやりしてると丼の表面がちりちり、ちりめんみたいに縮れてく。すべて脂とゼラチン質で、これをこれから食べるんだと覚悟を促す。
    そして飲む。
    ポッテリしていて、けれどスッキリ、後味が良い。
    麺は細めのストレート麺。ザクザク歯切れて口の中でバッサリちらかる潔さ。具材は焼き豚、そしてネギ。それ以外は必要なしとこれまた見事な潔さ。
    半分食べて、胡麻を散らして生姜をのせて、ズルリズルリとたぐって食べる。



    せっかくだから焼飯とってみんなで分ける。
    「チャーハン下さい」っていったら「了解、焼飯ネ」って言われたこれは確かに焼飯。冷蔵庫の中のありあわせを使って作る焼飯は、こんな雰囲気。
    刻んだ叉焼、ネギに玉子にナルトの彩り鮮やかでよい。
    食べるとパラリと口に散らかる。お米の一粒一粒が、カラコロすべるように舌を転がりまわり、噛むとフカっと奥歯が沈む心地よさ。
    油の香りもおいしくて、一口ごとに笑顔になるよなオゴチソウです。腹満ちる。


    関連ランキング:ラーメン | 西鉄福岡駅(天神)薬院大通駅赤坂駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ナンバーワン
    昨日も

    お客様に

    紹介したばかりで

    ありました

    個人的には

    祇園にある

    お店が

    お気に入りで

    あります
    ネコスタさん / 2015/06/24(Wed) /
    祇園のお店
    > ネコスタさん
    そう…、祇園のお店に行きたかったのですが、テムジンを紹介したく、天神にいったらなんと昨日がお休み。
    流れで天神のお店に来ました。
    普通においしいのがいいですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/24(Wed) /
    博多餃子は
    鉄なべ



    遊心

    テムジンは

    薬院が

    オススメで

    あります
    ネコスタさん / 2015/06/24(Wed) /
    鉄鍋
    > ネコスタさん
    移転する前の鉄鍋は大好きでありました。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/24(Wed) /
    牧のうどん HOME 岡山経由、博多でお好み
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]