忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    せっかくだからもう一軒。ラーメンの店にやってくる。



    「一茶菴」という、店の名前は日本蕎麦のお店のような、けれどラーメンの店。別の場所に本店があり、ココは支店という。つまり、この小さな街で、かなり成功しているお店なんでしょう。
    ココも住宅街の中。
    古い建物、店構えは知らずに見れば蕎麦屋のようで、暖簾をくぐって中に入ると醤油や出汁の香りじゃなくて、ラーメンスープの匂いがするので、なるほどココはラーメン屋と、はじめて気づくような感覚。



    たたきの土間にテーブルが並んで奥にカウンター。
    カウンターのまた奥に大きな厨房があり、そこで湯気がモクモク湧いて麺を茹でてるところが見える。
    座敷があって、そこにズラリとテーブルならぶ、田舎の昔のお店の景色。
    座敷にあがって落ち着いて、座敷の一番奥をみたらば、テレビを見ながら寝っ転がる人。誰だ?と思って見てみると、お店のご主人らしき人が休憩中でござんした。
    おそらく朝からスープの仕込みや麺うちをして、もう今日の仕事は終わっているのでしょうネ。のどかで、ステキ。自然体。



    ここの人気はもつラーメン。
    鶏モツを具材に作った醤油ラーメン。モツはいささか苦手なんだけど、これも経験とたのんでみれば、「熱いの?ぬるいの?冷たいの?」って聞かれるのです。
    熱いは茹でた麺をそのまま熱いスープに入れる。
    ぬるいのになると茹でた麺を冷たい水でしめ、それを熱いスープに入れる。だからぬるくなるわけですね。冷たいものは〆た麺を冷たいスープという趣向にて、ぬるいのたのんで食べてみた。



    いやはやこれがおいしいのです。
    麺は細めの平打ち麺で、縮れがなくてまるで稲庭うどんのごとし。〆ているから一口目にはキリッと食感硬質で、噛むとザクッと歯切れる潔さがある。ところが喉から一気にお腹に入っていくさま、なめらかでやさしい食感。食べ心地。
    スープは鶏ガラの旨みがドッシリ。けれど脂は最小限で、醤油の香りがよきアクセント。ゴクゴク飲める。しかも印象深くてずっと飲んでたくなる味わい深さ。
    これでも十分熱いじゃない…、と思って試しに「熱いの」たのんだ人のスープを分けてもらったら、喉を焼くほど熱くてビックリ。
    熱々の麺はヌルンとなめらかで、食べたらすぐに消化され、お腹が空いてくれるだろうなぁ…、ってニッコリしました。これまたかなりのオキニイリ。


    関連ランキング:ラーメン | 新庄駅



    そして夕方の会議に間に合うようにと帰る。新幹線。



    山形新幹線ではあるのだけれど、最初の区間はしばらくゴトゴト、在来線の線路を走る。それで所要時間は4時間弱の長旅で、たのしく時間を過ごしましょうと、スターバックスのディスカバリーズ。
    甘いエスプレッソをチュチュっと舐めるように飲み、ぼんやり考えゴトをしましょう。考えゴトに疲れ果てたらそのまま眠ってしまいましょうと、思ってボンヤリ。
    空は青空、あったかい。

    ところでスンゴイ動画をひとつ。韓国女性が顔の半分だけメークを落としてみせるだけというモノなんだけど、いろんな意味でものすごい。



    目の上にクレンジング液なのかなんなのか、液体吸わせたコットンパフを置いてなじませ、ギュギュッギュギュッとこすってパッとパフを外すと、この人、一体どなたでござんしょう…、って、ビックリしちゃう。
    化粧落としの手際もすごけりゃ、化粧がとれた顔もスゴくて、でも一番スゴイと思うのが、まるで別物になれてしまう化粧術。特殊メークレベルでござんす。笑っちゃう。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    恵比寿餃子という餃子 HOME カレーのエンジェルズ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]