忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    高知からバスに乗って四国山地を越え、高松へ。両親の無事を喜び、そのまま電車で岡山にくる。高知は春を思わせる温かさ。ところが山を超えるといきなり寒くなり、橋を渡ったら冬になってた。オモシロイ。



    でもって見たかった場所。イオンモールを見に来ます。
    岡山駅からほど近く。ずっと林原グループの遊休地としてガランっと空き地があった場所。そこにまるで要塞のような箱がドッカとできていた。
    時間は9時をちょっとだけ過ぎた時間で、物販フロアはもう閉店。レストランフロアは11時が閉店の都市型施設というコトで、やって来ました。



    あら、ガランガラン(笑)。
    平日の夜というコトではある。けれどこれが鳴り物入りのショッピングモール。しかも開業したばかりの施設と思うと、ゾッとするより、笑うしかない。
    デベロッパーが相当力を入れた施設で、今までの日本になかったレストランフロアを作るんだと、景観規制まで設ける力の入れようで、たしかにこんなにガランと静かなレストランフロアは今まで日本になかったかもね。



    ちなみに九州からやってきている有名チェーンのお店二軒がオーダーストップ1時間前というのに閉店。
    主要食材の蕎麦がなくなってしまったからというのが言い訳。蕎麦意外の料理があるから、それなら食べさせてくれますか?って聞いたら、それももうないという。
    つまりあまりの人の少なさにやる気をなくして勝手に閉店。
    本部の人は知ってるのかなぁ…。なによりテナントの営業時間順守のしめつけが業界内でも厳しいことで知られてるイオンの人が見たらどうする…、っていらぬ心配したくなる。
    とはいえどこかで食事をしたく、見つけた看板。



    長崎ちゃんぽんの名店として有名な四海楼のレシピで作るちゃんぽんが食べられる店というので、飛びつく。
    ご当地ちゃんぽん研究所という、店名だけをみると何やらふざけた感じにみえる。
    I♡CPと書いて、アイラブチャンポンと読ませるロゴも、信頼していいのかどうかわからぬ怪しさ。それでも迷いはしたのだけれど、厨房の中をみたらば大きなレンジに中華鍋。それがズラリと並んでかなりの本格派。



    それで入って、その四海楼のちゃんぽんくださいとお願いしたら、それは一日30食の限定で、四海楼風ならできますが…、と。
    違いを聞いたら、錦糸卵が入らないだけ。ならばとたのむ。
    厨房の中からカシャカシャ、中華鍋を煽りお玉がひっかく音が盛大にして、やってきたのがこの一杯。
    具だくさんにて、スープの香り、色合い、そしてポッテリとした雰囲気見事。スープをすすると、甘くてポッテリ。旨みドッシリ。



    麺が残念。若干細めでツルツルしすぎているのが長崎風ではないけど、スープはまさにちゃんぽんそのもの。
    シャキシャキとした細いもやしの食感たのしく、キャベツにイカ、エビにかまぼこと具材も豊富で満足します。
    ハーフチャーハンをセットにし、ちょっとお酢を垂らして食べると脂っぽさが見事にスッキリ、ゴクゴク飲めるスープに変わる。体あったか。満足す。


    関連ランキング:ちゃんぽん | 岡山駅前駅岡山駅西川緑道公園駅



    食事を終えて要塞の外に飛び出して、そうだ街の様子を見よう…、と。



    イオンモールのすぐそばにある商店街をのぞいたら、まるでゴーストタウンでござる。
    これが県庁所在地の駅前商店街の現実なのね。しかもただの県庁所在地じゃなく政令指定都市。新幹線が停まる駅の駅前商店街がこれなんだから、普通の街の普通の駅前は推して知るべし。
    なんだか切なく、背中丸めてトボトボ歩く。今日の夜。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    CPとは
    AEONグループなだけに、「I love cost performance 」かな?とか思っちゃいました(笑)
    ちょっと意地悪すぎますかね?
    めるばさん / 2015/01/23(Fri) /
    うわー
    かけつけたい!

    岡山。



    ネコスタさん / 2015/01/23(Fri) /
    無題
    2001年の頃、岡山に住んでいました。実家がミナミの飲食店だったので、忙しい週末に新幹線で大阪に帰って手伝った後、戻った岡山で見た光景がこれ。ガランとした商店街でした。人がいたのは車で行ける範囲のファミレスだけだった気がします。都会と言われる場所と地方都市の格差は広がるばかりですね~(=_=)心配。。
    teriaさん / 2015/01/23(Fri) /
    好きないじわる
    > めるばさん
    その意地悪。
    とても好きです。
    お客様のいじわるな目線を感じて、素直に対応する姿勢をもてなきゃ、商売は続きませんよね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/23(Fri) /
    幕張にも
    > ネコスタさん
    このお店。
    幕張にもお店があるようで、イオンモールつながりで展開をするのかもしれません。
    商品は素直においしかったです。
    これからちゃんぽんのような、炒めて仕上げる系の麺がくるかもしれませんね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/23(Fri) /
    郊外と街中
    > teriaさん
    都心と呼ばれる場所と、街中と呼ばれる場所の差。
    あるんでしょうね。
    それもかなり深くて暗い差のように思います。
    ただ、郊外立地のファミレスやショッピングモールというのは、若くて活発に移動できる若い人たちの便利のためにできている場所。
    アメリカのように常に若い世代が増え続けているところでこそ成功するもの。
    日本のように成熟する国にあって、それじゃぁ、ダメだろうと思うのです。
    東京や大阪は住みづらい街という人もいますけれど、年をとってくると、そういう街の便利に比べて、一見のどかにみえる地方都市は、とても残酷な街のように思えます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/01/23(Fri) /
    タビノトモ HOME メフィストフェレス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]