忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    秋葉原で用事があって、せっかくだからお茶の水からテクテク歩く。
    駅の北側をずいずい歩いて行けばすぐについてしまうんだけど、南側を遠回り…、神田川のほとりに商業施設ができてて、まだ見てなかった。
    それでテクリと遠回り。昼から暑くなると言うけど朝はまだまだ涼しくて、しかも川辺をわたる風がすずやか、気持ちいい。



    煉瓦を積んで作った高架の下を使って作った施設で、まだオープンの前の時間でお店の中を見ること叶わず、けれど歩いているだけで気持ち良くなるステキな空間。
    「人工的と自然がほどよき距離を持って共存している」こういう場所が東京という街にはまだまだたくさんあって、特に公園。
    新宿御苑とか日比谷公園なんて、もっとどうにかならないのかしら。
    公園って見るだけじゃなく、そこで楽しい時間を過ごすために存在しているはずで、しかも新宿御苑なんて夕暮れ時から朝までは誰一人として寄せ付けぬ緑の要塞みたいになってる。
    あそこにカフェがもしあったらば。
    中国庭園に台湾風の茶館があったりしたら、どんなにステキで都会の空気が潤うだろうって思ったりもする…、そして移動で打ち合わせ。

    打ち合わせを終え、次の仕事の仲間と合流…、昼を「長崎飯園」にやってくる。



    ひさしぶりでありました。
    水道橋から二駅のここ…、かつては仕事帰りにみんなで寄って楽しく飲んで食べたものです。
    おじぃちゃんが鍋をふり、おばぁちゃんがそれをサービスしてくれる店…、だからあんまりたくさんたのむと、体力もたないからゴメンなさいって、謝られたりするのもたのしいステキなお店。
    ランチタイムはちゃんぽんと皿うどんだけになるのだけれど、それでも一杯。
    近所で働く人たちが集まってきてかなりにぎやか…、ほぼ満席でカウンターの隅っこもらって料理を待ちます。



    それにしてもいつも感心するのがここのテーブルの上がキラキラいつもうつくしいコト。
    お酢やソースをいれた容器の蓋がピカピカ光っているのもスゴいけど、それを乗せてるステンレスのトレイまでもがキラキラ磨き上げられている。
    容器を取り出し、底までキレイに磨き上げ、そして戻して並べておく…、毎日、毎日、同じことして飽きずこうして、ずっとお客様を待ち続けている。飲食店とはそういう商売って強く頷き、ニッコリします。
    醤油が長崎のチョーコー醤油というのステキ…、今日もパチリと記念撮影。

    そしてやってきたのが「やわ麺」つかった皿うどん。



    全国的に皿うどんといえばパリパリに揚げた細麺を使って作るものだけど、長崎ではちゃんぽん麺を炒めて作る太麺のものもあるのであります。
    ムッチリしていて麺全体にコシのある、太い麺にトロンととろみが絡んで口にやってくる…、肉感的で食べ応えがある。
    麺を炒めた油の風味や、ところどころが焦げてる麺の香りが食欲そそるゴチソウ。
    しかもここのあんかけは具材豊富な上にタップリ。
    もやしにキャベツ、かまぼこ、豚肉、イカにエビ。特に野菜がタップリで、野菜不足が一気に解消されるようで、アリガタイ。
    ウスターソースをかけて味わう。お酢をかけるのと違って酸味以外に旨味、焦げた風味にやさしい甘みがくわわって炒め油をスキッとさせる…、あっという間にムチムチ麺がお腹におさまり、お腹も楽しく満たされる。


    関連ランキング:ちゃんぽん | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    やわ麺たべたいなぁ~
    サカキサン
    お疲れさまデス

    『やわ麺』
    とっても美味しそうですネ!!
    ソースをかけて食べるんですネ

    いつもパリパリ麺にお酢をかけて
    しか食べたことが
    なかったので食べてみたいなぁ~♪♪
    つんつんさん / 2013/10/09(Wed) /
    無題
    8月に、私が働いてるダイナーを30年間きりもりしていたオーナーが癌で他界してしまい、いまは新しいオーナーの下で働いてるのですが、その新オーナーがもたらす変化になかなかついていけず、いろいろと悩んでるところでした。そこにこのサカキさんの記事。これを読んであらためて、私が働きたいと思うお店は、この長崎飯園さんのようなお店なんだと気づきました。大手ファミリーレストランみたいにメニューにバラエティーはないけれど、自分たちが得意なことで一生懸命、心を尽くしたサービスをする。そしてその心意気が店内のあちこち(例えばこの写真のように、ぴかぴかのテーブルセッティングだとか)にもあらわれる。あちこちからたくさんの客を呼ぶよりも、ご近所にたくさん常連さんを作りたい。うちみたいに田舎の小さな街にあるダイナーはそんなお店を目指したほうがいいんじゃないかとひとり思いました。

    最後につけたしのようですが、ふるさとの味、ちゃんぽん麺の皿うどん、すっごく食べたいです(笑)
    ぽんたさん / 2013/10/09(Wed) /
    硬麺にも
    > つんつんさん
    パリパリした硬麺もソースをかけるとおいしんですよ。
    ぜひぜひ。
    試してみてください。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/09(Wed) /
    飽きないことが飽きられないこと
    > ぽんたさん
    飲食店において、一番大切なことは、お客様から飽きられないようにするというコト。
    飽きられない一番いい方法は、当たり前のコトを飽きずにずっとやり続けるコトなんですよね。
    やってる方が飽きっぽく、あれこれ新しいことばかりを試すと、飽きられちゃうんだと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/09(Wed) /
    マンゴー HOME マックトースト・ルノアール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]