忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を仕事の仲間と会食の夜。会社の近所の三希房。



    昼も中国料理だったのに…。
    っていうか、昨日の夜も中国料理を〆にしたのに。なんでまた…、っていうことなかれ。実はその店の近所の魚のおいしい日本料理のお店に行こうと思ってた。
    予約をしていたつもりだったけど、実は忘れてしまってて、やっちまったぜって感じで急遽、ココを選んだ。
    ここもほとんど満席状態だったようで、運良く大きなテーブルひとつ。
    みんな腹ペコ。それでまずは点心と、手っ取り早くできる料理を食べてしのいだ。



    ここの名物棒餃子。サックリとした生地の焼けた食感おいしい軽い仕上がり。
    キュウリを叩いて味噌と和えた漬物に、小籠包。
    あれ?…、昼も食べたぞと思いつつ、おいしいモノはやっぱりオイシイ。

    それから白魚のフリッタたのんで、フックラとした衣が歯切れる食感に、魚のフワッととろける味わい。山椒塩でピリッと味をひきしめて、本格的な空腹感じて次の料理に立ち向かう。
    雲白肉をニッコリ食べる。



    豚バラ肉を塊のまま茹でてさまして、それを薄切り。薄切りキュウリと一緒にもって麻辣タレで味わう料理。
    白い雲のごとき肉…、という漢字表記の料理の名前が美しく、「ウンパイルー」という呼び名がかわいい。ウンパイルー、ウンパイルーってつぶやいただけで、たのしい食事がはじまりそうな。呪文のようなステキな名前。
    ムッチリとした肉の食感。シャキシャキきゅうりの香りが青く、ビリッと辛くて痺れるソースもオゴチソウ。なによりキュウリのこのうつくしさ。ウットリします。



    それからメイン。
    帆立貝の柱とマコモ茸の炒め物。他の野菜も豊富に使って、オイスターソースの風味をつける。そもそも海の風味がおいしい素材を、海のソースで濃厚味に仕上げてく。中国料理のサービス精神旺盛なること。
    エビのフリッタのマヨネーズ和えのポッテリとした食感、味わいたのしんだ。
    青菜の炒め物をシャキシャキ食べて、そして〆。



    雲呑麺にエビチャーハン。
    エビをたっぷりくるんだワンタン。それがひらひら泳ぐスープは透き通った塩味であっさりしてるのに旨みが濃厚。〆の一品にはぴったりな味。
    熟成させ一旦蒸した麺を使って歯ごたえドッシリ。角張った麺の形が口に伝わるようなたのしい食感。
    エビチャーハンは、エビの玉子や味噌をつかって風味、旨みをだしていて、パラパラとした米の食感も軽やかでよし。
    四川料理が自慢の店で、今日は辛くはないモノをメインに味わう。それでもおいしく納得できる。いい店だなぁ…、って思う夜。


    関連ランキング:中華料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Bun Coffee Byron Bay HOME ウェスティンでお茶、ケーキ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]