忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年はじめての忘年会…、師走でござる12月。



    九段下にある三希房を場所に選んだ。
    四川料理のレストランで、手のかかったおいしい料理が申し訳ないほどの値段でたのしめる。特に宴会用のコース料理は手頃な値段で立派な内容。
    それで選んで今日はココ。
    実は来週、会社の忘年会もここでやることにしたんだけれど、食べる仲間が変われば料理も違った料理に感じるものと思ってそれで今日の夜。



    まずは前菜の盛り合わせ。
    蜂の巣の四川風の油煮とエビの醤油漬け、クラゲとひまわりの種が揃った四点盛りで、お酒をたのしく味わうためにうれしいメニュー。
    コリコリとしたクラゲにはピリッと芥子のアクセントをつけ、蜂の巣は赤い辛子と花山椒…、ビリっとどちらもスパイシー。
    エビは甘くてムチュンと歯ざわりなめらかで、ひまわりの種をカリコリかじり、次の料理を待ちつつみんなで話して笑う。



    北京ダックをどうぞと…、カジュアルな店でありますからして、包んでくれるサービスはなし。
    エビせんべいの上にキレイに盛り付けた立体感のある盛り付けが、キレイでしかも皮の脂がせんべいに移ってどちらもおいしくさせる。
    中国風のクレープ生地に甜麺醤をうすくぬり、揚げたにんにく、ネギにキュウリを並べてくるんと巻いてパクリと味わう。
    生焼けの鶏の皮は苦手だけれど、これならおいしく食べられる。



    それからここの名物、棒餃子。
    極薄の皮…、持ち上げると下がテロンと垂れ下がり、中でタプタプ肉汁が揺れるさまがおいしげ、そして切なくなるようなおいしい気配。
    細かなひき肉、中はあふれるがごとの肉汁で味がシッカリついているから何もつけずにそのまま味わう。
    肉のうま味が口いっぱいに広がって、けれどなによりおいしいのが表はパリっとやけて香ばしく、裏はプルンとやさしい食感の皮でござんす…、オキニイリ。



    今日のメインのひとつが来ます…、オマールエビのチリ炒め。
    大きなオマールエビをぶつ切りにして、赤唐辛子をまるごとゴロゴロ、トーチのうま味でコクを出し、エビのうま味が引き立つ逸品。
    オマールエビってツメや足、尻尾に胴体と場所でまるで違った食感、味わいがあり食べはじめると止まらぬおいしさ。
    しかもエビからでたおいしさをもれなく食べられるようにと溶いた玉子でとじているから、すべてをもれなく味わえる。

    そしてもひとつ、メインのメインの火鍋で〆る。



    赤いスープと白いスープが陰陽模様をなす鍋で、野菜にエビ、カニ、水餃子。フィッシュボールや牛肉、豚肉をクツクツしながら味わうというめでたき料理。
    鍋をつつくとみんなますます仲良くなってく。
    赤いスープは辛いだけじゃなくほどよく痺れる刺激的な味、ビリっと辛くて汗がどんどんやってくる。白いスープは一口目にはやさしい味わい…、けれど胡椒のどっしりした辛味とクミンシードのフレーバーがエキゾチックな香りを素材に与えてくれる。
    そのまま食べても十分おいしく、タレが二種類。ひとつは練り胡麻、ひとつは麻辣ダレで甘み、酸味や辛味を自分好みにしてられるのがウレシイ食べ方。
    〆に麺をうちこんでクツクツ煮込んで食べるとお腹もしっかり満たされ、体もポカポカあったまる。
    来年もよろしくお願いいたしますって、言って別れるそんな時期。


    関連ランキング:中華料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オマールえび
    サカキさん、いつも楽しくブログ拝見しています。
    オマールえびのチリ炒め、おいしそうですね!
    ひとつ、教えていただきたいのですが、こういう海老の殻つきの炒め物、大人として食べるときのマナーはありますか??
    普段食べなれないもので気になってしまいました。手を使うんですか??
    いきなりの質問ですみません。
    tawawaさん / 2013/12/08(Sun) /
    手づかみで豪快に
    > tawawaさん
    手づかみで豪快に食べるのが大人のマナーと思います。
    ヒントはフィンガーボールやおしぼりが提供されるかどうか。
    ココのお店では山積みのおしぼりをこのオマールエビを食べている最中だけでも2回も交換してくれました。
    手づかみで食べることがバッドマナーな雰囲気のお店であれば、こういう料理は出さぬ工夫をするモノでしょう。
    出されたものは遠慮せず、ニコニコしながらダイナミックに食べる。
    テーブルを囲むみんなが仲良くなれるもてなしでもあろうと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2013/12/08(Sun) /
    なるほど
    サカキさん、お返事ありがとうございます。
    なるほど、お店からのヒントをうまく受け取らないといけませんね。
    手を使っていいのなら、指までおいしいですね(笑)
    そろそろ、忘年会シーズン、大人として恥ずかしくない振る舞いを身につけて楽しみたいと思います!
    tawawa さん / 2013/12/08(Sun) /
    宴会シーズン
    > tawawa さん
    宴会は腹ペコで。
    パーティーは小腹を満たして行きましょう…、って僕は思います。
    みんなで騒いでお腹いっぱいになることが宴会の目的。
    だから「腹ペコ」で行くことがマナー。
    でもパーティーは会話や社交を楽しむ場所で、だから腹ペコだと食べることに一生懸命になっちゃうから。
    ちょっとした気遣いが大人らしさを演出してくれると思います。
    サカキシンイチロウさん / 2013/12/08(Sun) /
    シナモントースト、楡の朝 HOME 伯爵邸
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]