忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    秋葉原の万世で昼。どうにも食べたいものがあってそれで2階のステーキハウス。



    万世橋のたもとにあるビル。上から下まで見事に全部、肉をたのしむお店が入ったオール万世なビルにあって、中でも一番ゴージャスな古き良き時代のステーキハウスの風情を正しく伝えるお店。
    ほどよく暗くムードがあって、しかもエレガントなサービス付きというステキに今日もウットリします。



    ナイフフォークがズラリと並び、そのかたわらには小さなパン皿。
    上に分厚いペーパーナプキンを王冠状に折りたたんだのが、そっとのっかり、お客様を出迎える。
    そのナイフフォークのひとつひとつに万世の牛のマークが入ってる。取っ手分厚くズッシリ重い上等にニッコリしながらカメラを向けると、なんとナイフフォークを休ませるレストにまで牛のマークが刻印されてて、なんかシアワセ。

    ランチセットにはサラダとパンが付いている。



    パンはロールをオーブンの中であっためて、バターと一緒にやってくる。
    サラダは大きめ、ガラスの鉢に入ってて、パリパリ、しかもみずみずしい。ドレッシングは3種類。それ以外にハーブソルトのご用意もございますがと、それをもらって食べると野菜の甘みが引き立ち、お腹も潤う。
    ちなみにこれを食べるためだけのナイフをどうぞと手渡してくれる。それがキーンっと冷たくされてて、手から味わうごちそう感にニッコリします。



    そして今日の目当てのメイン。ステーキとロブスターのマヨネーズ焼きがやってくる。
    ココしばらく、実はこのロブスターをどうにもこうにも食べたくって、それでずっとどこで食べればいいんだろう…、って思ってたんだけど、ココにあるのを思い出し、たまたま近所で仕事があって、それでコレ。
    昔、こういう料理はホテルに行けば食べることができたんだけど、今の日本のホテルにゃこういう伝統的な贅沢料理がなくなっちゃった。



    かなり大きなロブスター。半身の尻尾をくりぬいて、生クリームとマヨネーズ。チーズと一緒にこんがり焼いてる。
    ブルンとロブスターの肉がはじけて、塩の旨味と甘みが広がる。
    マヨネーズの酸味と旨味。こってりとした風合いに味噌がからんで、ちょっと和風な味がしてくる。
    なんだか口がめでたくなってく。つまり日本の結婚披露宴の料理を食べてるみたいなめでたさ。ソースも全部パンで拭って、食べたい熱が収まっていく。



    肉は赤身のランプ肉。実はこの店。脂を極力とりさって、赤身の旨味をたのしんでという料理スタイル。「Diet Steak Restaurant」と英語の店名にも書いてあってなるほど、脂はほとんどない。
    おいしいようにとお願いすると、ミディアム・レアでやってきてベーコンくるんと巻いてある。メンテルバターを1個のっけて、コクと風味をくわえてくれる。
    ナイフを当てるとスパッと切れる。
    噛むと奥歯でじゅわっと肉汁ほとばしりでて、口の中がみずみずしくなる。炭焼き肉の焦げた香りもおいしくて、あぁ、シアワセだって気持ちも満ちる。



    いいお店です。肉がおいしいだけじゃない。
    その肉を贅沢な素材としてたのしんでもらおうという工夫に満ちたおもてなし。熱いものは熱く用意し、冷たいものはより冷たくと基本に忠実。
    サラダや食後のコーヒーは女性スタッフがもってくる。
    けれど肉は厨房スタッフが自らもってやってきて、焼き加減の確認したりバターをそえてあしらったりと、厨房がなるべく近く感じる工夫をおこたらない。
    ずっとこのままあってほしいなぁ…、って思ったりする。オキニイリ。


    関連ランキング:洋食 | 秋葉原駅岩本町駅淡路町駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ヱビスのバー HOME ナショナルドーナツデイ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]