忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    羽田空港に到着し、出発までの時間をローズ・ベーカリー。



    羽田空港では大抵、北ウィングにあるイセタンストアメンズの方にあるカフェにする。のびのびとした空間に座り心地のよい椅子がある。電源だって自由に借りることができるので、時間をのんびり過ごせるのがいい。
    けれど今日。たまたまボクが乗る飛行機の、搭乗ゲートがローズ・ベーカリーのお店の横で、せっかくだからとひさしぶり。



    お店に入るとペイストリーが並ぶショーケースから、フルーティーな甘い香りがやってくる。
    いつものカフェはコーヒーのビターな香りで男っぽくて、ココはとフェミニン。なるほど香りが作る印象って、とても強烈。オモシロイ。
    お茶のついでに甘いモノ。
    レモンカードのトーストもらって、朝のおやつと洒落てみる。



    丸いパンの上にたっぷり、レモンクリームが塗り込められてて、コレが酸っぱい。キュキュッと口がすぼまって、背筋がシャンとするほど酸っぱく、その酸っぱさに引けをとらない甘みが後からやってくる。ケーキじゃなくてパンが土台で、それがサクサク。端の部分はザクッともろくて揚げずに作ったクルトンみたいな感じがするのがオモシロイ。
    クリーミーなトッピング。その真反対の乾いたパンが最初はバラバラ。ところが口の中でゆっくり手と手をつないでひとつになってく。
    目がさめました。しかもニッコリ、シアワセな朝になりました。



    お供のアールグレイを飲んでぼんやりしてたら、アメリカ人の家族連れ。祖父祖母父母、小さな子供。いわゆる三世代のファミリーで、父母世代は日本に住んでいるのでしょう。
    日本語のコトをおじぃちゃんとおばぁちゃんに説明してた。
    曰く。「いただきます」っていう言葉が日本の言葉で一番好き。
    料理を作ってくれた人。料理そのもの。料理の原料。その原料を育ててとってくれた人。その原料の源となる自然のすべてに「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えて食べる。ねぇ、ステキでしょう?…、って。
    その説明が終わったところで、キャロットケーキがやってきて、おばぁちゃまがニッコリしながら「いただきます」って言っていた。

    そろそろ搭乗時間が近づく。行ってまいりますとそっとつぶやき、席を立つ。


    関連ランキング:カフェ | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    メフィストフェレス HOME D2K
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]