忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    六本木のミッドランドの近くにできたフィッシュアンドチップスのお店を尋ねる。
    「MALINS(マリン)」って言う店。



    最近、東京ではアイリッシュバーが模したビールレストランが流行ってて、そういうところには大抵、フィッシュアンドチップスが置かれてる。
    けれどここ。
    1913年に英国に設立されたに英国国際フィッシュアンドチップス協会から、正式に認証を得たアジア唯一のお店だという。
    イギリスの味を再現するため調理器具も英国直送。レシピも公式レシピなんだというのであります。
    飲み物もバスのペールエール以下英国的で、気合を感じる本格派。



    テイクアウト中心の小さな店で、何席かあるイートインスペースで揚げたてもらってハフハフ食べる。
    タラのフリッタと揚げたジャガイモ。それにマッシュピー。グリーンピースの煮物がサイドについてくるのが基本的なるセットの内容。
    分厚いタラがお皿代わりのボックスの端から端まで埋め尽くす。これでレギュラーサイズでこれより大きなラージもあるんだという。喉が鳴る。



    英国式にモルトビネガーが用意されてて、それをかけつつパクリと頬張る。
    がっしりとした衣の中から、ブリンと弾ける肉質のタラと一緒においしい蒸気が飛び出してくる。
    熱々。しかもタラの旨みが強烈で、こりゃ本物だ。止まらない。
    フライドポテトも甘くて、噛んだ途端にトロンととろけてマッシュポテトのようになる。かすかな粉っぽさが、豆を食べてるって実感させてくれるマッシュピーもなかなかおいしく、味わいぶかし。いい料理。
    それにしても、働きづらそうでとっちらかったオペレーションがもったいないなぁと思ってしまう。近所に来たら、また来よう!


    関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅



    ところで「完璧な」フィッシュアンドチップスを作る方法というビデオがアップされていて、それがとってもオモシロく、真似してみたいと思うコレ。


    すべてに衣をバリバリにするということに工夫が集中しているのです。
    小麦粉だけじゃなくて米粉も使う。色よく仕上げるためにはちみつを入れ、ビールだけじゃなくウォッカをくわえる。しかもそれらをソーダサイフォンに入れ二酸化炭素を注入し、冷蔵庫で冷やしたものを魚を揚げる直前に噴出させてまとわせる。
    しかも天ぷら屋さんが揚がる途中の天ぷらに衣を垂らして花を咲かせるコトまでするのネ。
    分厚い魚がそもそも立派でおいしげで、コレを食べたいって思うなり。

    それからスタバの秋のお菓子。アーモンドブリオッシュトーストを食べてしまって後悔するほどオキニイリ(笑)。
    カステラみたいな食感、味わいの甘いブリオッシュの上にポッテリ、アーモンドクリーム。ザラメと一緒にジャリッと歯ごたえおもしろく、甘くて、甘くて、なのにおいしい。



    いや、「だから」おいしいと言うべきなのでありましょう。
    それと一緒にヘーゼルナッツミルクをたのむ。
    コーヒーくわえず純粋にヘーゼルナッツシロップの風味をたのしみましょう…、とたのんだのだけど、そうだ、やっぱりソイにしようと、それでヘーゼルナッツアイスソイ。
    豆の香りとヘーゼルナッツの風味にまじって、アーモンドクリームがトロリととろけて、なんともたのしく香ばしい。
    今年の秋はこんな感じでまいりましょうか…、と小さなブームになる予感。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    イギリス行ったことないので、フィッシュ&チップスは本で読んだだけなのですがいつも、涎が出てくるのですよねー。フィッシュ&チップスの為にイギリスに行きそうな勢いになっていました。それが近くなったのなら行きたいです。ビネガーバシャバシャかけるらしいですが、そうなのですか?
    みやはらさん / 2014/09/28(Sun) /
    無題
    興味あります!
    認証済ということは、ラードで揚げてるんですね。日本では出会えない代物ですね。チップスの量はリクエストできるのでしょうか?写真では少な目と思いますが。
    ビターも揃っていそうですから、週末ブランチに最適かと!
    ごっちさん / 2014/09/28(Sun) /
    行ってみたい!
    イギリスに美味いもの無し、って、誰が言ったんですか?
    めちゃめちゃ美味しそうじゃないですかー!!!

    いつぞやの、すやさんの栗きんとんもまだGETできてないのに、食べたいもの、行きたいお店がどんどん増えていきます…
    サカキさんの意地悪〜!(逆恨み。笑)
    おもちさん / 2014/09/28(Sun) /
    モルト
    > みやはらさん
    モルトっていうお酢をバシャバシャかけます…、もう、これでもかってぐらいタップリ。
    新聞紙で包んで手に持ち、それでバシャバシャ。だから新聞紙がぐしゃぐしゃになっちゃうんだけど、それも構わずハフハフ食べる。
    特に寒い冬にはおいしい食べ物です。
    サカキシンイチロウさん / 2014/09/28(Sun) /
    本物でした。
    > ごっちさん
    ええ、ラードを使って揚げてます。
    だから甘くてバリバリ衣が揚がってる。
    この写真では少な目に見えますが、大きな箱の底にギッシリ、かなりの分量入っていました。食べきれなくて、家に持ち帰ったほどでした。
    これは本物。
    しかもポットパイもメニューにあって、英国気分に浸るにピッタリと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2014/09/28(Sun) /
    英国グルメ
    > おもちさん
    英国にはおいしいモノが沢山あります。
    カントリーサイドのベリーを使ったジャムであったり、クロテッドクリーム。
    キューカンバーサンドイッチにジャージーミルクをタップリ入れたお茶。
    英国の朝食もすばらしいし、フィッシュアンドチップスも美味のひとつ。
    朝ご飯をタップリ食べて、お茶の時間にサンドイッチ。夜はフィッシュアンドチップスでビールを飲めば、英国ステイも美味なモノになります。
    サカキシンイチロウさん / 2014/09/28(Sun) /
    食べたいなぁ~
    サカキサン
    お久しぶりです~


    わ~
    フィッシュ&チップ♪♪
    翼ずっと憧れてたんです

    サクサクしてるのカナ?
    ふわふわしてるのカナ?

    イギリスに行かなくても
    本場の味が食べれるなんて
    スゴーク嬉しいです
    つんつんさん / 2014/09/28(Sun) /
    かなりの歯ごたえ
    > つんつんさん
    普通のフリッタと違って、フワフワ感はほとんどないです。
    ザクザク。
    サクサク。
    そしてカリカリ。
    歯ざわりが痛快で、しかも中の魚がムッチリしていて力強い。
    他にない食感と味わいです。
    イギリスに行かなくてもこういうモノが食べられるって、本当にありがたいって思います。
    サカキシンイチロウさん / 2014/09/28(Sun) /
    デリーのカレーで家の夜 HOME 小天地にてシーズン最初の上海蟹
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]