忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    気になるお店をはじめて訪ねる…、ウキウキしながら千駄ヶ谷へと向かう夜。
    ボガマリ・クチーナ・マリナーラという、まるで呪文のような名前の小さなお店。表通りからちょっと入った裏路地にあり入り口の横には店名と、鮭の木彫の看板がある。



    ボガマリっていうのは「ウニ」のコト。クチーナはキッチンで、マリナーラは海の幸。つまり海鮮料理の専門店という意味なんでしょう。「当店にはお魚しかございません。肉のお料理のご用意はございませんのであしからず」と、テーブルマットにも書かれてて、そこに惹かれてやってきたワケ。
    古い民家を改装したような細かな空間に仕切られた店。ありがたいかな、厨房の前の一等席を今日はもらって、厨房の方をみるとカウンターにショーケース。



    中にギッシリ、魚や貝が陳列されててお店の人とそれをみながら料理を決める。
    メニューは無い。
    あるのは目に麗しい食材と、おいしいものを食べてやろうという想い。想像力に調理人への信頼感だけ。それらをたよりに食べたいものを注文していく。
    それにしてもどれも見事な素材たち。しかも勧めるスタッフの確かな知識と表現力に、お腹をグーグーならしつつ食べたいものを決めてテーブルにつく。

     

    ワインリストは白いワインが7割方をしめていて、4000円から5000円というほどよい値段のものが充実。
    ピノ・グリージョのおいしいところを一本たのんで、たのしい予感に乾杯します。
    パンが入ったバスケットに、漏斗状に丸めた紙筒。中に小さなエビの素揚げが入ってて、それを食べrとなんとおいしい。海の香りが鼻から抜ける。

    まずは前菜。カルパッチョ。



    ショーケースに並んだ魚のどれもがカルパッチョになるほど新鮮。だからまずは生でそのまま召し上がれと。
    選んだ魚はアオリイカ。チョウザメ、つぶ貝、ほっき貝。オリーブオイルとルッコラ、ディル、トマトに塩とピンクペッパーで味わう趣向。
    ねっとりとしたイカの食感にまず感心し、カンパチのようなコリコリとした歯切れ感が噛んでるうちにたちまちそれがクリーミーになるチョウザメの、繊細で上等な旨みにうっとり。貝のコリコリ歯ごたえ見事。唸ります。



    貝のおいしい季節でもあり、それでマテ貝。オオミゾ貝。どちらも筒状の貝でまずはその大きさにびっくりします。
    丸まる太った貝を二枚に開いているのに再びびっくり。
    バターとレモンでソテしたところにたっぷりイタリアンパセリで風味をつける。
    クニュクニュしていて、ザックリ歯切れトロンと旨みを吐き出していく。あぁ、貝ってこんなにおいしかったんだって、たまらずワインがグビグビすすむ。



    それからパスタ。手打ちのタリオリーニを青唐辛子をたっぷり使ってペペロンチーノの状態にする。
    具材はミズダコ。軽く熱をとおしてコリッと食感たのしい。それからカラスミたっぷりほどこし、濃厚味で味わう趣向。
    ザクザク歯切れる手打ちパスタのおいしいコトに、なんでもっと早くこの店にこなかったんだろう…、と、したたか後悔。



    メインディッシュはズッパディペッシェにしてみます。
    海の幸とトマトソースで煮込んだ、イタリア風のブイヤベースとでもいいますか。サフランの香りも鮮やか。
    魚はホウボウ。かなり大きな一匹をまるごと使って、いい味がでますからとウチワエビ。アサリやムール貝、イカをくわえてコトコト煮込んで出来上がり。



    四角い木製の器に入れてその全容を見せたあと、魚を丁寧にさばいてお皿に盛り付ける。厨房にそれを一旦戻して、スープをあっため上からかけて、あとはひたすら食べるだけ。
    当然ながら最初から最後まで海の幸。
    肉で満足させるお店はそこここにある。けれど魚でお腹だけでなくココロも満たしてくれるお店はそうそうなくて、今日は心底満足します。



    本来ならばココで甘いものをというコトになるのだろうけど、なんだかそれももったいない。ワインも少々残ってるしなぁ…、と思っていたら、前菜料理をおつまみにワインをたのしまれたらどうでしょうという、粋な提案。
    姫さざえのトマト煮込みと、帆立とじゃがいものコロッケつまんでワインをしっかり味わい、たのしむ。
    お勘定をとお願いしたら、もしよろしければとグラッパもらって、スキッとお腹に蓋をする。
    いいお店です。また来るために、一生懸命仕事をしなくちゃとモティベーションをあげてくれるようなステキなお店。発見でした。また来ます。


    関連ランキング:イタリアン | 北参道駅代々木駅千駄ケ谷駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    貝!魚!!
    海のそばでそだった
    RHEIAさん / 2015/02/03(Tue) /
    貝!魚!!
    誤投稿ごめんなさい。

    海のそばで育った者としては、たまらない…美味しそう、じゃなくて美味しい!!(まだ食べてない)
    魚って足が速いから、こちらで美味しいのをみつけることにまず苦労してます。

    とっても行ってみたいのですが、周りに貝嫌いしかいないのが悩ましい…貝、大好きです(≧∇≦)
    誰か一緒に行ってくれる人を探さなきゃ!!
    RHEIAさん / 2015/02/03(Tue) /
    満足、満腹
    > RHEIAさん
    ボクも瀬戸内出身ということもあって、東京に来て美味しい魚に飢えていました。
    ココにきて、その飢えもすっかり満たされ、満足、満腹。
    いいお店でした。
    サカキシンイチロウさん / 2015/02/03(Tue) /
    西南西に向かう朝 HOME チリチリ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]