忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、出張前に打ち合わせを一本。
    それで恵比寿の「京鼎樓」ってお店に来ます。

    jdr.jpg高島屋の中にどんどんお店ができてる「ディンダイファン」もそうだけれど、台湾由来の小籠包が旨いお店は店の名前の感じが面倒。
    これも変換するのにかなりの時間を必要とした(笑)。
    ちなみにこの店、「ジンディンロー」と読むようです。

    恵比寿の駅の東口。
    ガーデンプレイスまでつづく、長い動く歩道の通路の手前。
    もともと西口を中心にできた恵比寿の街のまさに裏側。
    ロータリーがあるきりで、それ以外はほとんどみんなオフィスビル。
    しかも何故だかどのビルも駅に背を向け作られていて、昼尚冷たい感じがしちゃう。
    ビルの一階。
    ガラス張りの開放的なファサードで、入り口ドアの右側に点心厨房がしちらえてあり外から中を伺いみれる。
    女性二人と男性一人。
    ずっと無言で真剣に、テキパキ小籠包をくるんでいく様。
    それをボンヤリ見ていると、時間がたつのがまったく全然気にならない。
    人の手仕事の正確にしてスピーディーなコトに、惚れ惚れします。
    ランチタイムの前についたつもりだけれど、ボクがもらったテーブルは入り口脇の最後の一席。
    運良くそこは点心厨房の真横でもあり、喉ならしつつ作業をみてたらたちまち待ちの行列になる。

    昼のメニューは麺やご飯に小籠包がつくというモノ。

    dffc5c0c.jpeg担々麺のセットにします。

    この担々麺はボク好み。
    ポッテリとしたナッツの風味がかなり濃厚。
    甘みスッキリ、辛みはドッシリ、舌にまとわりスープもトロンとなめらか。
    醤油のスープがベースではある。
    けれど味の印象はあくまでナッツや胡麻の風味で、たのしい渋味が最後に残る。
    麺は細麺、ストレート。
    香港麺を彷彿とするバサッと歯ごたえかなり強めのよき茹で上がり。
    ただどうだろう。
    噛むと若干、ネチッと奥歯にはりつく感じがするのが残念。
    スパッと歯切れて、そのままストンとお腹の中におさまっていく、そんな食感になってくれればほぼ満点。
    粗目に刻んだ挽き肉を、中国味噌で煮込んで炒めて肉のそぼろも食感たのしい。
    昼のお腹に刺激をくれる。

    da719ece.jpeg担々麺を二口すすったその頃合いで、小籠包がやってきます。
    四角い蒸篭。
    そこにキチッと並んで湯気をフワッと立てる姿がまずはおいしく見える。
    目でおいしい、というのは料理にとってとても大切なコト。
    特にこれからドンドン寒くなってくると、湯気はおいしい予感をくれる目のオゴチソウ。
    小籠包は三種類。
    普通の肉の小籠包に、烏龍茶の成分をまぜスキッと後味させたモノ。
    それに季節のワタリガニのせせり身入れた蟹肉小籠包があり、折角だからそれにした。
    薄い皮がクルクル渦をなすように、真ん中に向かって折り畳まれて模様を作る。

    レンゲにとってしげしげとみる。
    薄い皮の中にスープの気配。
    そっと再び、箸で持ち上げ揺すってみると確かにタプタプ、淡い茶色のスープが揺れる。
    黒酢を浸した切り生姜をチョコッとのっけて箸で皮を小さく傷つけチュチュッとすする。
    あぁ、旨い。
    肉の旨みと蟹の旨みが喧嘩せず、手に手をとって口の中に流れ込む。
    もともとココの小籠包は、ちょっとスッキリ、上品な味。
    それに蟹のしつこいほどの旨みが混じり、かなりドッシリ、秋ならではの美味となる。
    それにしてもココの皮。
    薄いくせして破けにくいという、なんとも不思議な見事な出来栄え。
    ここが近けりゃ、かなりの頻度で通うのに…、って思ったりした、さて打ち合わせ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    食べたい・・・・
    うーーー うーーー
    見ているだけで声が出る・・
    台北で良く食べました。
    台北に行きたい・・・
    皆さん元気でいるかなー

    陳さんに電話してみます。
    おらの町には、冷凍しかない!!
    美味しい物がない
    おらこんな町嫌だ・・・・・
    問題児(岩手)さん / 2010/09/28(Tue) /
    台北
    > 問題児(岩手)さん
    台北のおかぁさんに会いたいですねぇ。
    どんこ椎茸持っていって、代わりにティンダイフォンの本店でちっちゃな小籠包をご馳走になる。
    なつかしいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/09/28(Tue) /
    かやくご飯のなんば「大黒」 HOME パソコンの日に目玉焼き
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]