忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに「オステリア・ナカムラ」にくる。東京のレストランの中でも5本の指に入るボクのオキニイリ。



    不思議なコトに、ここに来るたび大抵、雨。今日もかなり強い雨が降っているのにどういうコト?って思っていたら、「サカキさんがおこしになるときって、雨ばっかりネ」ってマダムに言われる。
    多分、ボクの体の中の「オステリア・ナカムラ味血中濃度」が下がってきて、その寂しさが雨になって落ちてくるんでしょう。
    厨房の中の様子が見渡せる、カウンターのいつもの場所をもらって、気持ちを晴らす夜とする。



    おいしい料理のお店は他にも沢山あるけど、ボクの口にあう料理を作ってくれるお店となるとそれは少ない。そのひとつがココ。
    厨房の中には2人。だからメニューのバリエーションはそれほどはなく、そのほとんどがこの店のスペシャリテと呼ぶべき定番料理。けれどいつも魅力的なる季節の料理が用意されてて、例えば今日のこの料理。
    ポテトとパルミジャーノのカリカリ焼きの生ハム添えという、はじめてメニューに登場したモノ。
    注文受けてからじゃがいもを千切りにして丸くまとめる。フライパンで蓋して焼いて、ヒックリ返したところにタップリパルミジャーノ。遠目はオムレツ。目を凝らして近づくと、ハッシュブラウンのようであります。



    焼けたポテトと焦げたパルミジャーノの香りがなんとも切なく、鼻をくすぐる。
    ナイフを当てるとパリッと砕け、外はサクサク。中はツルンとハリをもったまま仕上がって、カリカリ歯ざわり、なんとも軽快。
    目の前のスライサーで切ったばかりの生ハムと一緒に食べると、ハムのねっとりした食感と、揚げ焼きされたじゃがいものパリパリ壊れる食感が、一つに混じってなんと粋で味わい深い。
    生ハムと一緒に食べておいしい素材はずっとねっとりしたチーズはフルーツと思い込んでいたけれど、この方向性もありであります。気に入った。



    もう一品、前菜としてたのんだトリッパ。
    白インゲンと一緒にトマトと赤唐辛子で煮込んだモノ。つまりアラビアータ仕立ての料理で、ムッチリとしたトリッパの肉感的にウットリします。
    例えば焼肉屋さんで食べるハチノスは、コリコリしていてまるで貝を食べてるみたいな食感、味わい。
    ところがイタリア料理のそれは、ムチュンと粘り舌に吸い付き歯茎を撫でる。ドラマティックなキスをしているみたいな感じにノックアウトされちゃうゴチソウ。



    パスタを2種類。いつもは手打ちパスタのあれやこれやをたのしむのだけど、今日はロングパスタはパスしてリゾット。
    無理を言ってカラスミ味のリゾットまずは作ってもらった。
    塩の旨味で素直に作ったリゾットに、枝豆散らしてタップリカラスミ。オリーブオイルで仕上げたモノで、米のホツホツ、豆のコツコツがとてもたのしく、カラスミの味わいひきたておいしくさせる。
    お皿に残ったオイルまみれのカラスミが、あまりにおいしく勿体無くてパンで拭ってキレイに食べた。洗ったみたいなお皿がおいしさ語ってくれる、オキニイリ。



    それからもひとつ。
    ニョッキみたいな小さなパスタ…、ニョケッティ使ったパスタをもらう。
    仔羊の肉を包丁で叩いて粗挽きのようにしたのを煮込んでラグーに仕上げたモノをまとわせた、芋虫みたいな小さなパスタ。
    赤と緑のパプリカで染めたパスタと卵のパスタ。それらをまとめてニョケッティにする。だからトリコロールのパスタになって、色だけでなく噛むとパプリカの明るい香りがやってくる。
    それと羊の香りがまじる。ニョケッティ独特のツルンとすべる食感と、奥歯を沈める確かな歯ごたえ。いや、旨いです。これまたかなりのオキニイリ。



    それからメインにまずはカツレツ。カジキマグロのカツレツで、ココで一二を争う好きな料理であります。
    大きなカジキに細かなパン粉をギッシリまとわせ、オリーブオイルの中で焼く。熱した油をかけまわしつつ、時間をかけてユックリ、じっくり。しかもサックリ揚げていき、外はサクサク。
    パン粉の中はオーブン効果でカジキはフックラ仕上がって、切ると中から湯気がふわりと上がってくるほど熱々。旨い。
    トマトとルッコラを一緒に口に入れて食べると、口の中にてソースが出来る。



    それはもう一品のメイン…、タリアータでも同じこと。
    分厚い牛肉を表面焦がして焼き上げて、アルミホイルでくるみ休ませる。すると中はキレイなロゼ色。みずみずしいまま仕上がって、程よき厚さに切ったのをお皿に並べて、ルッコラ、トマトにパルミジャーノをたっぷりほどこす。
    肉は塩の風味だけ。だから肉そのものの旨味がたのしめ、一緒に食べるモノに従い味を次々かえていく。
    好きなモノは食べてるうちにお腹を空かす魔法を持ってる?…、って思わせるほどすんなりお腹に料理がおさまる。不思議なり。



    食後の甘いものはババ。
    南イタリアの伝統的な大人のお菓子。ざっくり焼いたスポンジにお酒をタップリ染み込ませたもの。スプーンで壊したスポンジが口の中に入るたび、体の温度が上がっていくような気持ちよさ。
    それにしても今日は沢山飲みました。
    程よいシラーに、レモンチェッロを水割りにして、そして最後にババで仕上げる。
    おいしい料理と気持ち良いお店の人に守られながら、気持ちがのびのびしたのでしょうネ…、また来ましょうと誓って帰る。また来よう。


    関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うわ〜
    夢のお店でありますね!

    いいな〜

    すてきですね
    ネコスタさん / 2014/08/15(Fri) /
    たしかな夢
    > ネコスタさん
    目覚めても消えない夢です。
    それにしても、大食いだなぁ…、って思います(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2014/08/16(Sat) /
    美しい!
    美味しいお料理は、ヴィジュアルも美しいですね♪
    あ、それは撮影技術によるモノですネ!

    こちら、移転前に何度かお伺いして
    その美味しさにノックアウトでした!
    また久々に戴きたくなりました〜
    naonaoさん / 2014/08/16(Sat) /
    おいしく撮れる料理
    > naonaoさん
    おいしく撮ってあげたくなる料理。
    おいしく撮れてくれる料理。
    しかもおいしい。
    ここのお料理はそういう料理で、いつも惚れ惚れしちゃいます。
    このお店。
    移転する前のお店の雰囲気をそのまま受け継いでいて、それもステキなところのひとつ。
    ぜひ、行ってみてください。
    贔屓にしたくなりますよ。
    サカキシンイチロウさん / 2014/08/16(Sat) /
    ブレックファスト・イン・アメリカ HOME DDの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]