忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    丸の内でランチタイムというコトになり、なぜだか気持ちがディーンアンドデルーカに向かって、それでやってくる。



    サンドイッチが食べたかったのでありまして、ココのサンドイッチはボソボソしたパンが口の唾液を一切合切吸い込んで、口いっぱいが旨みで満ちる。
    アメリカ的で暴力的にも思える味わい。
    たまに無性に食べたくなる。
    それに気持ちのいい空間がある。
    午前中の仕事がちょっと息詰まるような緊張感を感じる仕事で、それで食事はのんびりとした空間で…、と思ってきます。



    ここのお店のステキなところは、のんびり、のどかな空間だけどそこにピリッと気持ちいい上質な緊張感があるところ。
    小売の売り場に置かれた商品。従業員のキリッと凛とした姿。丸の内という場所ならではのお客様と、ほんの少しの非日常感が逆に気持ちをのんびりさせる。
    ひさしぶりにあたたかいコーヒーをもらって飲んだ。
    やわらかな感じ漂うマグカップ。そこになみなみ、なめらかで、苦味おだやかなコーヒーが注がれ持つ手もあたたかい。



    で、サンドイッチを食べようとやってきたのにショーケースをみてあっさり趣旨替え。ローストビーフとチリビーンズのトルティーアなる一品があり、そのビジュアルがあまりに強烈。
    「ボクを食べて!」と言ってるみたいで、それで、それ。
    今日のスープはベーコントマトなんですけれどいかがしますか?と、魅惑的なる推奨販売に思わずのって、お皿の上がにぎやかになる。
    ミネステローネのオリーブオイルの風味の代わりに、ズッシリとしたベーコンの甘い脂の匂いがからみ、アメリカ的なる味にウットリ。



    ボクの気持ちが思わず動いたトルティーアのその断面がこれでござります。
    ロメインレタスにレッドキャベツ、チリソースにまみれた白いんげん豆と雑穀類が葉っぱの間をきれいに埋めて、ローストビーフを彩る姿。
    肉食魂をわしづかむ上、野菜を食べなきゃという後ろめたさにもアピールする。
    今日のボクの気持ちにピッタリ。
    ムチュンと歯切れてペロンと舌をすべるがごとき小麦の生地ははかなくて、口が感じるほとんどは野菜の食感、肉の味わい。ソースはつかわずチリビーンズの酸味と旨みをたよりに食べると、手づかみできるサラダのようにも思えて気持ちがやさしくなってく。よきランチなり…、リフレッシュ。


    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オステリア・ナカムラ HOME CCの朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]