忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2019/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    来たくて来たくてしょうがなくって、でも特別の機会のときにやってくるとっておきのお店にしておきたくて…、だからココにやってくる言い訳を一生懸命考える。
    9aa1ece5.jpegそんなお店のひとつがここ、「オステリア・ナカムラ」であります。
    面倒くさい仕事でちょっとストレスためていて、それも気持ちが一段落してそれでおいしいモノで元気をもらいましょう…、と。
    いそいそ来ました…、キッチンの中が見渡せるカウンターの一番端っこ、ボクにとってのいつもの席でしかもココが一等席と思ってる場所。
    シェフにスシェフにマダム3人…、ニコニコ仲良く働く様が何よりココのオゴチソウ。

    a196f3f3.jpegさてさて前菜。
    まずは野菜の料理をいただく。
    野菜を最初に食べる運動。
    それで体の調子が整うならばと、しばらく頑張る所存でござる。
    しかも先日、はじめて試した野菜の料理。
    ガーリック風味で蒸し焼きにした野菜のかずかず。
    とてもおいしかった記憶があって再び試してみようとたのむ。

    いやはややっぱりおいしい料理。
    キャベツにキノコ、パプリカ、ニンジン、アスパラガスと、彩り豊かな野菜をタップリ。
    刻んだニンニク。
    塩とブロードで蒸し焼きにして、オリーブオイルで風味をつける。
    シンプルだけど、素材それぞれの味や風味がくっきり口の中で主張する。
    カリカリだったり、シャキシャキだったり、あるいはプチュンと歯切れたり。
    野菜の食感の多彩なコトにウットリします。

    それからもひとつ前菜料理。
    牛モツを使った煮込み料理で、これにはすっかりノックアウト。
    野菜の食感も多彩だけれど、内臓肉の食感の豊かで多様なことにもびっくり…、ムッチリだったりネットリだったり、ときにフッカリやわらかだったり、しかも噛めば噛むほどうま味がジンワリにじんで口に広がっていく。
    c68824a0.jpeg胡椒の風味がピリリとたのしく、しかもモツのうま味と一緒になると甘みにかわっていくのがまたオモシロく、百獣の王ライオンだってその王様は内臓肉しか食べないんだってコトがなんだかわかるおいしさ。
    赤いワインを一本もらう。
    歳をとっているわけじゃなく、若々しくてけれどドッシリ、うま味や風味は濃厚でまるでココの料理のためにあるような見事なワイン。
    今日は時間をかけてじっくり、たのしみましょうと覚悟が決まるよき相棒。

    そしてパスタがやってくる…、ココの開店当初からのスペシャリテ。
    b125bf32.jpegネギとカニのイカスミパスタで、これがなんともオキニイリ。
    立派なポロネギを細切りにして、ソテして甘みを引き出して、カニのうま味と塩の風味でシットリ仕上げる…、オリーブオイルが乳化してトロンとパスタにしがみつく。
    イカスミを練りこんだパスタはザックリ、角張っていて歯ぎれる感じがとても独特…、口の中でバッサリちらかり、そこにカニのフックラとした食感からんでおいしくさせる。

    9baba310.jpegこの一皿を特徴付けてる2つのポイント。
    一つはパスタの存在感。
    もうひとつはネギの甘さを香り高さで、昔一口味わって、たちまち虜になったのでした。
    今でもボクがパスタの中に玉ねぎじゃなくネギやポロネギを使いたくなる、その理由のほとんど全てはココのこれがどうにも好きだから。
    今日もたのしく味わって、今週末はどんなパスタを作ってやろうってニンマリ思う。

    それからもひとつ。
    パッケリっていうショートパスタと牛すじ肉の煮込みのパスタ。
    これまたパスタの存在感が抜群で、プリプリクニュクニュ。
    口の中で暴れて遊ぶ。
    そこに合わせた牛すじ煮込み。
    コッテリ濃厚。
    フォークで押すとホロッとほぐれて、奥歯でクチャっと潰れる牛すじ。
    ムッチリとしたゼラチン質がネットリパスタにからんでうまい…、これも今日のワインにピッタリ、肉好き唸る男な料理にウットリします。
    ちなみに今日はおおにぎわいで、カウンターに座っていると背中を後ろから押されるような、お客様のエネルギーに圧倒される。
    そのエネルギーにお腹がグイグイすいてくるのがまたたのしくて、ワイングビグビ、全速力で次々料理を作り上げてく厨房作業をみてると時間をわすれてしまう。

    メインを2つ…、ひとつはボクのどうにも好きなカツレツを。
    e4c04f9f.jpeg昔からココの仔羊のカツレツはおいしくずっと贔屓にしてた。
    けれど最近、カジキマグロのカツレツにすっかりハートわしづかまれてる…、ガッシリとした頑丈な風味豊かな衣にシッカリ包まれた、これまたドッシリ頑丈なカジキの切り身。
    フックラ、シットリ。
    その食感は白身魚というより若鶏のささみやむな肉のような食感…、しかしうま味や風味は魚、それにルッコラ、トマトが添えられそれを一緒に食べるとまるで、それらがソースのような役割果たしてくれる…、味わい豊かでしかもさっぱり爽快で、何度食べても飽きないおいしさ。

    8a6b5734.jpegそれからもひとつ。
    今夜はじめてためすお料理。
    決して料理の種類が多いわけじゃないココ。
    自信をもって出せる料理を作り続ける正直な店で、それでもはじめて食べる料理があるステキ。
    大山地鶏の黒胡椒焼きっていう料理。

    鶏を皮目からパリパリに焼く。
    フライパンにのっけた鶏を、時折、上から押し付けながらシッカリ焼くから皮から滲んだ脂でまるで揚がったように皮が仕上がる。
    そこにはタップリ黒胡椒。
    真っ黒焦げになってしまったように見えるけど、これがおいしい。
    胡椒がビリッと風味豊かでこうばしい。
    辛さはドッシリ。
    鶏のうま味を引き立てて、それが甘みに変わる趣向でよく焼けた肉は歯ごたえ確かで旨さが凝縮されている。
    鶏もうまいけど、サイドについたフライドポテトが甘くてサックリ。
    お皿のすみずみおいしくて、これで最後の一皿だって思うと、なんだかさみしくなっちゃう…、でもこれ以上、このカウンターに座っていたらデザート代わりにパスタをお代わりしたくなっちゃう。
    それでお店をあとにしました。
    そうそう、この店のスシェフとシェフが同じ姿勢で同じ仕方で鍋をふったり塩をほどこすさまをみてると、ここの流儀がしっかり伝わりおいしいチームができているんだと、それが今日は一番うれしく、シアワセになる…、またここに来る言い訳を考えなくちゃって思う夜。



    関連ランキング:イタリアン | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    食べる順序
    メインの後にパスタを食べるといいので?
    tkさん / 2013/06/20(Thu) /
    イタリア流儀
    > tkさん
    パスタはあくまでスープ代わり。
    メインの前にというのがイタリアの流儀…、体のためには炭水化物が最後の方がいいのでしょうけれど、味のストーリーはどうしてもこの順番になっちゃいますね。
    サカキシンイチロウさん / 2013/06/20(Thu) /
    気になる…
    ほぼ日のコラムが好きで、こちらもいつも楽しみに拝見しています。
    素敵なお店だなぁ~と思って拝見してましたが、どうしても、今回はどんな言い訳を考えて行ったのか、気になって、気になって、コメントさせていただきました。
    ミキさん / 2013/06/21(Fri) /
    たのしい仕事を言い訳に
    > ミキさん
    自分らしくない仕事をしなくてすむようになったこと。
    代わりにたのしい仕事がはじまりそうになったこと。
    未来の自分に乾杯しようと、それでココを選びました。

    コメントどうもありがとうございます。
    これからもたのしい書き込み、お待ち申し上げます。
    サカキシンイチロウさん / 2013/06/21(Fri) /
    サラダのサブウェイ HOME オンザロックに蕎麦の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]