忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷から水道橋に移動の途中、九段下にある「むさしの」で昼。



    セルフサービスの小さな蕎麦屋で、旨い以上にとても正直。化学調味料をまるで使わず、かつお節や雑節、昆布にいりこと天然素材だけで出汁をとっている。
    だから嫌な匂いがしない。
    安い立ち食いそば屋の中には、店に近づいただけで化学調味料が燃えるような匂いがすることがあるけれど、ココの空気はキレイでおいしい。
    それにしてもスゴい人気で、お店の一番奥にあるカウンターに向かって一列、サラリーマンの待ちの行列。ひとつひとつ丁寧に作ってくれるのでいわゆるセルフのお店と違って、若干、提供時間がかかる。
    並んで待って、料理を手にして「さぁ、食べよう」と思ったときには、食べてた人がゴチソウサマと席を立つ。不思議なタイミングで必ず座って食べられるのがオモシロイ。



    冷たいそばにいんげん天とコロッケのっける。
    ここはお金の払い方がとても変わっていて、券売機で食券を買うのだけれどその券売機のボタンが「商品別」じゃなくて「金額別」になってる。
    だからお店のご主人に食べたいものを注文すると、ご主人。いくらになるかを暗算で伝えてくれる…、のだけれど。
    ボクの注文が変則的だったのでしょうか…、答えにちょっと時間がかかって恐縮しました。
    カウンターの商品受け取り口の横にわさびと刻んだ赤唐辛子が置かれてて、ココの出汁にこの赤唐辛子があうのですよね。丁寧にとられた出汁の風味をこわさず、ピリッと辛さだけを口に残してくれてオキニイリ。



    それにしても冷たくしてもこわれず、しかも弱くもならないココの出汁。
    最初はドッシリとした昆布の旨味。それがユックリ、かつお節的やさしい旨味に変わっていって、最後にいりこの渋味で終わる。
    香りも良くて、夏の今にはとてもウレシイおごちそう。
    インゲン天がキュッキュと奥歯に痒い食感。一転、コロッケはシットリとしてなめらかで、油の香りが出汁にうつってゴチソウ感を盛り上げる。



    サイドに海苔巻き。
    細巻きと太巻きのちょうどまんなか位の太さで、口にピタッとはまるたのしさ。海苔巻きと言いつつご飯は酢飯で、中にかんぴょう。
    つまり干瓢巻きの太いもの。
    酸っぱいご飯が出汁の旨味を甘みにかえて、わさびをタップリのっけるようにつけて食べると食欲も増す。
    お腹をほどよく満たしてテクリと、オフィスに向かって移動する。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 九段下駅水道橋駅神保町駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    The way we were HOME クリームオブザクロップ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]