忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    スタバでお茶…、新宿マルイの2階にある、ブラックエプロンショップに来ます。
    最初は隠れ家だったんですよね…、数あるスターバックスの中の一軒で、大きな看板が出ているわけじゃなくて、だから知る人ぞ知るお店だった。
    当然、空いてて、すわり心地の良いソファがあり、そこにはコーヒーを静かにたのしむ空気があった。

    1509d97e.jpegスターバックスのコーヒーのことを熟知した人が入れてくれるコーヒー。
    それがおいしいのは当然で、でも実際のおいしさ以上においしく感じるマジカルな魅力があった。
    今はもう、誰もが知ってるお店になってとてもにぎやか。
    席を探すのも大変になる。
    いつからでしょう…、ココに限らずスタバに来ると「お席を先にお取りください」って言われるようになっちゃった。
    ソファもいつの間にかなくなって、多分、この店。
    できた当初の2倍の収容能力ができたじゃないかと思いもします。

    それでもこうして来るのはやっぱり、どこかにスペシャルな何かがあるから。
    大きな窓の前のカウンター。
    まるでとまり木みたいなところに座って今日のアイスアメリカーノを窓辺に飾った。
    アイスドリップじゃなくてアイスアメリカーノというのがちょっとひさしぶりにて、目の前にそびえる伊勢丹と一緒にパチリと記念撮影。
    ボクは新宿の真ん中にいる…、スタバがココを日本で最初でいまだ唯一のブラックエプロンの店に選んだ理由は多分、この借景があるからかもねって思ったりもするオキニイリ。

    夜は自宅て食事とします。

    cad1953c.jpegステキなお肉との、運命的な出会いがあって(笑)。
    いつも買ってる肉屋さんが、創業記念で山形牛を安く売ってあげるよん…、って言われてそれですき焼き用に切ってもらった。
    赤身がキレイで、脂肪の入り方も理想的。
    それですき焼きをまずはメインに。

    暑い日ではある。
    だからホットプレート式のすきやき鍋で作ればよかった。
    …、のだけれど、今日は「江戸前牛鍋風」で食べたくそれでガスコンロ。
    小さなお鍋をそこにのっけて、肉にネギ、それから春菊に割り下タラリ。
    それで火をつけ、焼きあげる。
    小さな鍋で素材がみんな寄り添うようにして仕上がっていく。
    おそらく昔、七輪の上に五徳をおいて、そこにスッキリ収まるサイズが、こうしたサイズだったのでしょう。
    浅草あたりの老舗に行くと、びっくりするほど小さな鍋がテーブルの上にちょこんと置かれてガスの炎が鍋全体を包むようにして焼けていく。
    それをみんなでつつくというのも乙なもの。
    直火が見えるところもステキで、あぁ、ゴチソウを食べているって気持ちにもなる…、正真正銘、オゴチソウ。
    7e2dc2e7.jpeg先週に続いてゴーヤをシャキッと食べます。
    今日は軽く炒めて仕上げてちょっと厚めに切ったゴーヤを熱湯かけて苦味をなだめる。
    それからじゃがいも。
    拍子木に切り、水で晒してエグ味をとって油で軽くジャジャっと炒める。
    白出汁加えて味を含めて、そしてゴーヤを入れてツナの缶詰をパカッ…、ツナの油とうま味で味のベースを作って、削りカツオと塩風味を整えササッと出来上がり。

    562530ab.jpeg茹でて殻をむいたエビ。
    マグロの赤身を煮切った出汁醤油で漬け込んだ漬け。
    それからアボカド。
    リーペリンソースとタバスコ、それから芥子マヨネーズで和えてお皿にそれぞれよりそうように盛り前菜とする。
    この両方の料理は最近、オキニイリ。

    自分で料理を作っていると、気に入ったモノを何度も作ってしまう。
    一人暮らしの悪いクセ(笑)。

    〆をうどんでたのしみました。
    すき焼きの汁に出汁をくわえてやって、そこに馴染みの製麺所のうどんを煮込んでタップリ具材。
    刻んだネギにナルトに天かす、強火で沸騰させて水気を飛ばすようにして焼きこんでいくと、肉の脂でうどんがテカテカ輝いてくる。
    ズルンと喉越しやさしくて、夜のご飯のすべての味がひとつにまとまるオゴチソウ。

    ところで今、かなりの勢いではまっているのがこのポップコーン。

    crestors.jpg「クレターズ」っていう袋入りのポップコーンなんだけど、これがどうにもこうにもおいしくて食べ始めるとやめられないので手元におかず部屋の一番高いところに置いておく。
    食べたくなると立ち上がらなくちゃいけないので、我慢ができるに違いないと。
    それでも立ったり座ったり。
    おかげで運動になっているわい…、と、勝手に納得。
    それほどおいしい、危険でござる。

    買ってみたのはチーズとキャラメルの2種類で、中でもチーズポップコーンは、チェダーチーズの香り、味わい、うま味に風味。
    見事でまるでチーズを食べてるみたいな気がする。
    ふんわりとしたポップコーンの食感自体も上等で、ひとつかみして口の中へと放り込むとジュワッととけるように壊れる。
    チーズ、あるいはキャラメルの味や香りが一気にそこで花開き、次のひとくち分をおねだりする具合。

    実はこのクレターズっていう会社。
    創業1885年のポップコーンマシーンのメーカーとして有名なとこ。
    そのポップコーンマシーンでできる、可能な限り高級なポップコーンを作って販売しているのだという…、アメリカの映画館で食べるポップコーンの、あのおいしさの予感をさせる、食べ始めると止まらぬおいしさもなるほど、なるほど。
    今日もひたすら、食べないように我慢しながら食べている(笑)。
     

    拍手[11回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    あっ
    たべてるじゃん



    ございます(笑)
    ネコスタさん / 2012/08/04(Sat) /
    ふふふ
    > ネコスタさん
    食べてますw
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/04(Sat) /
    無題
    合う酒を送るょ
    楽しみに
    生きている証しです。
    boo110さん / 2012/08/04(Sat) /
    ありがとう!
    > boo110さん
    ボクもしっかり生きてます!
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/05(Sun) /
    クロワッサンと5つの輪 HOME タイ国料理で遅ランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]