忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    弁天庵。

    3b69213d.jpeg10日程前からはじまった長時間営業。
    明け方、1時間だけ店をクローズ。
    その1時間で、掃除をし機材のメンテナンスや在庫管理などのさまざまな作業をしてしまうんでしょう…。
    大忙し。
    一日23時間営業という長丁場にもかかわらず、お店の人の笑顔は元気。
    いつもと変わらぬ明るい挨拶。

    ほぼ全部のっけの朝定食をお願いします!
    すると、申し訳無さげに「あのぉ」と言います。
    ああ、卵焼きが切れたんですネ。
    今日は出足が遅かったから、もしかしたら卵焼きが売り切れちゃってるかもしれないなぁ…、って思ってた。
    まあ仕方ない。
    好きなお店が繁盛すること、すばらしきコト。
    ここの甘い卵焼きは一番人気。
    特におじさんたちの大好物で、出勤前のサラリーマンで忙しかった朝はどうしても卵焼きから先になくなる。

    代わりに鮭。

    1d7701ac.jpegそれに納豆単品を追加して、ボク定食にして食べる。

    厨房と客席の間に壁がまるでない、オープンキッチン風のお店ではある。
    けれど調理の作業がすっかり見とれるほどにはオープンになってなくって、音をたよりに今、何を作ってるのかなぁ…、ってボンヤリ、思いながら待つのもたのしい。
    お皿をお盆に並べる音。
    蕎麦をチャッチャと湯切りする音。
    ああ、そろそろ、ボクの定食が揃う頃…、って腰を浮かせながら料理を取りにいく準備をするのがまた、たのし。

    ところで、ボクのあとからやってきたおじいさま。
    朝定食をお願いね…、ってたのんでやっぱり「卵焼きがございません」と。
    それなら鮭に納豆つけてって、ボクとおんなじ注文をした。
    お金を払ってテーブルについた直後に「鮭定食に納豆でお待ちのお客様」ってボクを呼ぶ声。
    おじいさまが、おやって顔してボクを見る。
    ふふふ、御主、やるのぉ…、って感じの目配せ。
    お先に頂戴つかまつる、って具合に軽く会釈して、さていただきます。
    ボク定食が、ボクら定食になるたのしさに、思わずニッコリ。

    甘塩の鮭。
    しっとり焼けてご飯のおかずにほどよい味わい。
    いつもは使わぬ納豆の芥子。
    キッチリしぼって納豆にのせ、一緒に七味唐辛子。
    醤油は使わず塩をチョコっとふりかけて、練らずにご飯にのせもせず、そのまま食べる。
    口の中でホツホツコツコツ、小さな豆が歯茎を滑る。
    おもしろい。

    蕎麦に、ご飯に海苔、お新香といつもの糧をお腹におさめ、最後に鮭の皮だけ残る。

    f2af3cca.jpeg鮭の皮。
    あるいはブリやハマチのような分厚く存在感がタップリの皮。
    どんなに焼いたり煮たりしても、ヌメッとした粘り気とムニュンとした生っぽさがなくならない。
    脂っこさが口にずっと居座る感じでかなり嫌。
    鶏の皮も同じ理由で唐揚げにしたか、かなりパリパリに皮目を焼いたものでなければ、ちと怖い。
    お行儀悪い、とおもいながらもこうしてしっかり残してしまう。

    特に今朝のこの鮭の皮。
    キラっとぬれて艶かしくて、とても上等な結城紬の生地がのたうつ…、みたいに見える。
    これは口じゃなくって、目のご馳走。
    おごちそうさま。
    行ってきます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ORIGAMI HOME 食べる勉強、ブラックホール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]