忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと欲張りな朝を企む木曜。
    おいしいおむすびを食べたくもあり、同時に汁をズズっとすすりたくもある、そんな朝にて、まずおむす人でテークアウト。

    3f4d8040.jpegイートイン用の入り口でなく、テイクアウト用のドアから入って、おむすびを二個、お願いします。
    お店のおばさん。
    「今日はお持ち帰りですか?」って聞く。
    「そうなんです、先を急ぐものですから…」ってちょっと嘘つき、ゴメン!って思う。
    炊きたてご飯がテキパキ、やさしい手際でおむすびになる、その臨場感と一緒に食べる。
    それがここのお店の醍醐味だ…、ってわかっちゃいけるけど初志貫徹です。
    テイクアウトのカウンターを眺めながら出来上がりを待つ、ほんの少しの間にも次々、お客様がやってきてテークアウトをして帰る。
    イートインコーナーにいるとのんびり、静かなココも実はとってもせわしない店。
    そんなコトを新発見。

    お待たせしました!って袋をそっと手渡しながら「時間がたってもおいしいようにむすびましたよ」ってニッコリと言う。
    なんてやさしい。
    また来ます。
    袋を片手に四ツ谷の駅まで歩いていって、そこのスープストックでスープを買って客席借りる。

    ボクの片手のおむすび袋を知ってか知らずか、客席でお待ち下さい。
    スープは私がお持ちしましょう…、って。
    なんだか今朝はいろんな人に見守られてる、そんなうれしさ。
    おむすび、食べる。

    26cb0f0d.jpeg胡麻と昆布のおむすびと、梅とおかかのおむすび二つ。
    昆布の中に胡麻が混じっているだけじゃなく、ご飯の表面一杯にビッシリ胡麻を貼付けたようなおむすびを、そっと海苔で巻いたモノ。
    ホツホツとした胡麻の食感が、とてもたのしい。
    噛むとプチっと奥歯で砕けて、胡麻の油と香りを発する。
    なんだか健康的な食感、そして味わい、目が覚める。
    梅とおかかは定番中の定番で、けれど今日のこのおむすびはその場で食べるおむすびよりも、ちょっと塩味が強いよな。
    テイクアウト用の味付けなのネ…、って思ったりする。

    それにしても今日の被写体。
    かなり手強く、本来の色がキッチリでない。
    露出や色相、あれこれ変えて試してみるけど上手くはいかずモノクロ写真のようになる。
    それも一興。
    ノスタルジ。

    さてスープ。

    47746b2d.jpeg今日のスープは「沖縄風のもずくとオクラのスープ」。
    洋風スープが多いここには珍しい、醤油風味のやさしいスープで、おむすびの朝にピッタリとくる。
    もずくのトロミとオクラの粘りのその両方がスープにとけて、口の中をすべすべにする。
    健康的って情報が体を癒す。
    そんな感覚。

    そういえば、オクラのこの粘り気が苦手なんです…、って会社のスタッフの一人が先日言ったのをちと思い出す。
    ボクもかつて、ネバネバものが苦手だった頃があった。
    納豆、おくら、山芋とろろ。
    噛もうとしても制御不能に口の中を行ったり来たり。
    口の中を支配する正体不明のヌルヌルを、喉の奥に押しやる勇気がなかなか湧かない。
    嫌いというより、「怖い」食べ物と思い込んでた。
    何がキッカケだったのか記憶に定かでないのだけれど、ある日突然、ヌルヌルそのものは苦手じゃなくなる。
    もう20年以上も前のコト。
    むしろ今では愛すべき食感のひとつになった。
    何か特徴のあるモノが好きな人にとっての「好き」は、それが苦手な人にとっての「嫌」なんだなぁ…、って、そんなコトをぼんやり思う。

    スタンプカード。

    caff9f4d.jpegその表紙には「無添加、食べるスープ」とあった。
    今のブームのひとつの無添加。
    これを守って料理を作ろう…、とするとかなり難しい。
    自分は何も足していない。
    そう思っても、実は原料になる加工食品が添加物まみれだったりするコト。
    その原料のまた原料が、食品添加物のかたまりだったりするようなコト。
    とってもかなり、なやましい。
    素材を素直に最小限の調理法にて料理化をする、スープのような食べ物ならば、比較的容易くすべてをトレースするのも可能なんだろう。
    どうなんだろう?って、ふと思う。

    これから港区、六本木。
    ランチをしながら打ち合わせ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    さて何を・・
    ちなみに、お隣の西麻布交差点付近にも色々ランチ出来る所がありますよ。
    勤務する会社も近いのでついでにお寄り下さいね、なんて。
    きっと六本木でおしゃまなランチを頂いていらっしゃる事でしょうね。
    オレンジさん / 2009/08/27(Thu) /
    西麻布は…。
    > オレンジさん
    西麻布は思い出の場所。
    学生時代にかなりはまった街のひとつです。
    いいお店が沢山ありますよねぇ。
    例えばメンチカツの三河屋なんか、ワザワザでも行きたくなっちゃうステキなお店。
    六本木ではイタリア的なるたのしいランチを済ませました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/27(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    スミズーラ HOME 西尾さん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]