忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    西尾さん。

    nishio.jpg新宿の町外れ。
    伊勢丹の前の新宿通りをテクテク歩いて、街が途切れたところに御苑。
    その入り口の近くにあるほんとうに小さな雑居ビルの地下にポツンと。
    多分、西尾さんがお店をここで始めるまでは、スナックだったんじゃないかしら…。
    8人座ればいっぱいになるカウンターと、テーブル2つ。
    冷房がうまくきかない古い建物のしかも地下。
    だからの気温が上がるとお店の中より外の方が涼しかったりする状態で、「夏のご来店はお勧めしません」って、貼り紙だしていたりする。
    そんな謙虚が好きな店。

    東京でも有数のコストパフォーマンスの高い居酒屋だ…、って思います。

    a556648d.jpegまず酒が安い。
    瓶を抜いてグラスに注いでそれでお金を頂戴できるの?って、そう思ったらお酒は安いが当たり前。
    ソフトドリンクに至っては一階にある自動販売機で買ってきていただいてもオッケーです!って、潔いほど。
    料理も旨くて安い。
    しかもお店のご主人を独り占めできるほどのミッチリとしたたのしい空間。
    調理人を独り占めしている…、ってその実感が外食における最高の贅沢のひとつであって、例えば寿司屋でこんなわがままいったらそれこそ、一人数万円じゃすまなくなっちゃう。
    それを気軽に。
    この店、ほんとに贅沢な店。

    お通しにサラダ。
    お店の片隅に置かれた冷蔵ショーケースの中に用意されてるサラダ野菜を自分で勝手にとるシステム。

    b2cbea89.jpegドレッシングに永谷園のお茶漬け海苔を好みでかけてパリパリ食べる。
    そういえば昔、若い学生然とした男の子たちがお茶漬け海苔をつまみに焼酎をチビリチビリと飲んでいた。
    普通の店なら貧乏臭い迷惑者に見えちゃう彼らが粋でかわいく見える不思議な雰囲気が、ここにはあってそれが好き。
    焼酎のお湯割りや水割りをたのんで中身をお代わりすると、それも自分でよければやって…、ってセルフサービスになっちゃったりする。
    売り物の静岡おでんもセルフサービス。
    最後に食べた個数をおでん串の数を数えて自己申請。
    たのしい食事は助け合い。

    大根、鶏皮、野菜で作ったさつま揚げに、玉子に静岡名物の黒はんぺん。
    濃いめの出汁でジックリ煮込んで、それに芥子や鰹節のふりかけをかけまずは食べつつ料理を待ちます。

    今の季節限定のコレ。

    2ae063da.jpeg生のしらす。
    ボクはずっとココに通い続けてほぼ2年目にしてやっとこれにありついた。
    運の悪い人は何年通ってもまだお目もじできぬっておっしゃる人もいるんですよ…、って。
    なんだか今日はかなりうれしい。
    トロトロの魚の塊。
    透き通っていて、骨や中の器官が丸見え。
    考えてみればグロテスクなことこの上ないのに、見ると口がよだれを流して口に放り込む準備を始める。
    生姜に醤油。
    チョピっとつけてスルンと食べると、ああ、旨い。
    磯の風味とほんのり漂う渋みと香り。
    お酒が進む、夏の終わりの夜のコト。

    揚げじゃがバターの塩辛添え。

    76e16595.jpegここで一番好きな料理のひとつがコレで、とてもシンプル。
    男爵芋を月切りにしてサクっと揚げる。
    塩をふり、バターをタップリ。
    これだけならばどこにでもある揚げじゃがバター。
    そこに塩辛ドサっとのっけて、胡麻で風味を添えていただく。
    ジャガイモの甘みと揚がった油の香り。
    そこにバターの風味とツヤと、イカ塩辛の旨味とシコっとハリのある噛み応え。
    ジャガイモ・油・バター・塩辛。
    どれをどのように組み合わせて、旨くなるに違いないそのそれぞれを一気に一緒にパクッと食べる。
    旨くないはずがない料理。

    それからアジのフライをもらう。

    ee290ec7.jpegほどよきサイズの生きた小アジの骨を抜き、二枚に開いて塩を打つ。
    細かなパン粉をギッシリビッチリ。
    油でサクっとなるまであげて、その熱々に醤油をかける。

    不思議なモノでほとんどソースで味わうフライという料理にあり、アジのフライにはソースよりも醤油が合う…、ってそう思う。
    魚の風味。
    そして味わい。
    それがソースのときよりずっと引き立ち、強調される。
    カリカリ、フワッと齧って味わう。
    西尾さんが京都までワザワザいって仕入れてくる昆布であったり、山芋とつみれでつくる魚爆弾のようなさつま揚げであったりと、あれこれたのんでむしゃむしゃ食べて、はい、お勘定。

    dbaff40a.jpeg手書きの伝票。
    しかも人数分で割った割り勘金額までが書かれた、丁寧にして親切なこれ。
    ありがたい。

    〆に味噌汁。
    フウフウしないと味わえないほど熱々の、中には岩のり。
    カニのほぐし身が味わいそえて、シャキシャキ、タップリ浮かんだ三つ葉の風味もとてもさわやか。
    おいしいものにお酒をタップリぶちこんだ、お腹がポワンとあったかくなる。
    粋な計らい。
    いい感じ。

    おごちそうさまって外に出る。
    なんともさわやかな涼しい風が御苑の方からふいてくる。
    本格的な秋になったら、鍋やグリルの熱い料理がまた増えてくる。
    それもたのしみ。
    また、来よう。

    ボクらのあとには、別の予約がはいっていて、それで〆を食べずに出てきた。
    さて、どうしようと、しばらく思案でラーメンにした。

    aoba.jpg丸井アネックスの中に入ってるラーメン青葉。
    醤油風味の豚骨と魚の節のダブルスープのココのラーメン。
    かなり好きな方に属する、お気に入り。
    スープを吸ってホロホロになるシットリチャーシュー。
    ネギにメンマになによりうれしい好物のナルトを食べて、腹に蓋する。

    ご機嫌な夜も大団円…、と思って帰る準備を始めた途端にけたたましい音。
    火災発生のアナウンスと共に、エレベーターがパタっと止まる。
    非常階段で降りるほかなく、がやがや、アタフタ。
    みんなで列成し下に降りるも、途中で今の警報は誤報でしたとまたアナウンス。
    大事がなきことは良いこととはいえ、昨日の朝の地震誤報もかなしい思い出繰り返す。
    狼少年と思われぬよう。
    警報発信、慎重に!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    西尾さん
    ここ、ずっと気になっていますが、人気店でまだ来店叶っていません。四谷三丁目のあたりから歩くと、すごくいいウォーキングコースでもありますよね。
    ほへさん / 2009/08/27(Thu) /
    なかなか予約がとれないんですよね
    > ほへさん
    なかなか予約が取れないんですよね。
    なにしろちいさな店ですから。
    日曜か月曜が休みということ。
    日曜がもしかしたら狙い目なのかなぁ…、って。
    ココしばらくの夕刻の陽気は散歩に最適。
    三丁目から三丁目。
    ちょっとしたピクニック気分になれますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/27(Thu) /
    念願叶い。。。
    2ヶ月ほど前、念願叶い行ってきました!

    新宿で映画を見た帰り、思いついて電話をしてみたら、
    ちょうどキャンセルが出た後のタイミングで運よく席をゲット出来たんです。
    西尾さんも「運がよかったですねー」と一緒に喜んでくださいました。

    電話の対応も、接客も、サカキさんのおっしゃっていた通りで。
    ただ西尾さんの風貌はまったくの想定外で!うっとり。(笑)
    お一人でお忙しいはずなのに、お客さんとの会話を避けない姿勢がすごくて
    おっしゃるとおり、西尾さんを独占しているような気持ち(錯覚)すら覚えました。

    食べ物はもちろんおいしくて、
    店を出たとたんに明日もここに来てお酒を飲みたいと思いました。
    胃から手がでる、おいしさと言うのかな?
    初めてで要領を得ず、おでんにはたどりつけなかったのですが、
    じゃがバター塩辛はほんとに、至福の味でした。

    2回目が待ち遠しいです。

    こぱん。さん / 2009/08/28(Fri) /
    偶然の至福
    > こぱん。さん
    この時も実は数日前に電話をかけたら、ちょうどキャンセルがでたあとで、ラッキーなことに予約ができたような具合でした。
    偶然の至福。
    とてもうれしいですよね。
    まもなく夏のメニューから秋のメニューに変わるタイミングでもあります。
    ぜひ、次にはおでんを。
    サカキシンイチロウさん / 2009/08/28(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    おむすび、一緒にスベスベスープ HOME 新宿・ビル地下・クレッソニエール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]