忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今の季節においしい料理を作ってみましょう。

    1a99ac81.jpegおいしそうな「なめこ」をもらった。
    天然モノというコトで、洗っていると手に吸い付いて粘ってくるようなおいしい感触、軽くボイルして休ませる。
    他の食材はかまあげしらすに玉子に三つ葉。

    フライパンに出汁をはり、水でうすめて沸騰させる。
    そこになめこを入れてクツクツ。
    釜揚げしらすを入れてクツクツ。
    玉子をよぉく溶いてほぐして、白身のコシを完全に切りそれをトロリと鍋に流して蓋をする。
    焦げ付かないように鍋を前後にゆすりながら、蒸し煮にしていく。
    タプンって感じがしなくなったら、一度蓋開け三つ葉をちらして再び蓋して火を止める。
    深皿に盛りスプーンで食べる。

    お腹の中までとろけるおいしさ。
    出汁を含んでフックラ炊けた玉子が熱々。
    しかもそこになめこのとろみがくわわって、スベスベ口の中をすべるようななめらかさ。
    茶碗蒸しに葛のあんをかけて食べているような…。
    しかも空気を含んで熱がとおった玉子の端の部分はまるでスフレのような食感もあり、そこにしらすのホジホジとした食感混じって、一体何を口に含んでいるんだろう?って頭が少々、ビックリしながらよろこんでいく。
    なめこはツルンと舌を滑って喉の奥へと飛び込んでいき、いろんなモノのうま味が混じった出汁がお腹を潤していく…、やさしいゴチソウ、オキニイリ。
    d248d1a1.jpegハチクの季節で飛龍頭と一緒にクツクツ出汁で炊き、いんげん豆を入れてやすませ再び煮こむ…、キュッキュと奥歯が痒くなるよなハチクとインゲンの食感に出汁をタップリ吸い込んだフッカリとした飛龍頭味わい、秋とする。
    豆つきモヤシとえのき茸、それに魚肉ソーセージをジャジャっと炒めて、ウスターソースと出汁で味を整えたのをシャキシャキ食べる。
    モヤシの擬態のごときえのきがときどきジャキジャキ歯ごたえくれて、しかもトロンととろみまで出す…、焦げた魚肉ソーセージの香りもたのしい、夜のコト。

    ところで昨日、家でぼんやり仕事をしながらDVDをいくつか観てた。

    x.jpgずっと最近見続けている海外ドラマシリーズを中心に都合6枚ほどを次々。
    最近、レコーダーで予約録画している番組もそのほとんどが昔のドラマばかりだったり。
    特に週末になると観るべき番組がほとんどないから、心置きなくビデオ三昧。
    でもって、掘り出し物を一本発見。

    「捜査官X」って言う香港・中国合作映画。
    今年の4月に封切られていた。
    金城武が主演クラスを演じてて、映画館で予告を何度かみてた。
    面白そうで、観ようと思っていたのだけれど気づけば終了。
    やっとレンタルできるようになって観たらばこれが名作…、いい映画。

    とある山村を襲った強盗が不思議な死をむかえたコトを、捜査しに来た捜査官が金城武。
    前半は彼の推理ドラマとして進んでく。
    そのテイストはBBCドラマで話題になった「シャーロック」的で。
    あるいは「CS:I」のようであったりで、映像表現めまぐるしくも新たな事実が次から次へとやってきおもしろいコトこの上もない。
    それが一転、後半になるとカンフーモノに向かってく。
    何のための戦いか…、と、それがこの物語の主題なんだけど、かなり重厚。
    見始めると目が離せなくなる緊張感と驚くべきラストに向かって雪崩れ込んでいく物語の出来栄えの良さにどうにもウットリ。
    風景が良く、カメラもよくて、なにより端役の一人に至るまで登場人物がいい顔してる。
    ジャニーズ顔やAKB顔が一つとしてないというとこが何よりもいい(笑)。



    ただ一点。
    原題の「武侠」というタイトルがなんで「捜査官X」になっちゃったんだろう…、安っぽい日本のテレビドラマのようなこの題名でなければ多分、後回しにせず封切り期間中に劇場でみてたろうにと思うなり。
    とは言えスゴい映画でござる…、機会があればぜひどうぞ!
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    「捜査官X」
    「捜査官X」面白かったですよね。ドニー・イェンが好きなので見に行ったのですが、意外な掘り出し物でした。職場のみんなに話してもスル―される映画をサカキさんがよく拾ってしかも褒めてくださるので嬉しいですww
    MOMIOさん / 2012/10/23(Tue) / URL
    いい役者たち
    > MOMIOさん
    いい役者たちが適材適所、本当の仕事をしている映画。
    素晴らしいと思いました。
    見始めるとグイグイ引きこまれて、他のコトが手につかなくなる映画…、ひさしぶりでした。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/23(Tue) /
    劇場で観ました!
    失恋後に、映画館で(笑)
    誰の気持ちにも共感できました。
    金城武さんには「力の入りすぎてる人」という印象を持っていたのですが、この役はすごく自然に演じているように感じて、何故かうれしかったです。
    かっちさん / 2012/10/24(Wed) /
    金城さん
    > かっちさん
    香港映画での方が、のびのびと演じているように思える金城さん…、特にこの映画でのひょうひょうとした演技はステキでした。
    それにしても、失恋後にこの映画を選ぶとは。
    素晴らしいです(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/25(Thu) /
    おむすびのちドルチェな朝 HOME 自然薯のふじ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]