忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日作ったミートソース。
    レシピ通りに作ると4人前の分量になる。
    半分残ったそれを使ってピラフを作る。

    42808bab.jpegフライパンで水気を飛ばすようにしながら煎りつけて、カレー粉、入れる。
    カレーの香りが出るように、ユックリ、じっくり熱を通してドライカレーのペーストにする。
    ソーセージを刻みます。
    スパイシーでちょっと香りが独特なチョリソ風のソーセージ。
    これを入れると途端にピラフがエキゾチックな顔つきになる。
    ピーマン刻んで色気をくわえ、それらをご飯に全部混ぜ、フライパンでジジッと炒める。
    ご飯に粘り気ださぬよう、ジジッジジッと鍋肌つかってご飯の芯まで熱を加えて、最後に溶いた玉子をパシャッ。
    ご飯を鍋の片方にどけて作った空き地のような鍋肌で、玉子をブクブク熱しつつザックリザクリとスクランブルエッグのようにまずはしていく。
    玉子全部にほぼ熱が入ったところで、ご飯とあわせてカシャカシャ、手早く混ぜてパラパラホロホロになったら見事、出来上がり。

    見た目はまるでジャンバラヤ。
    でも味わいはカレー風味のケチャップライス。
    刻んだ野菜の甘みがやさしい、ちょっとしっとりしたご飯。
    タバスコかけて、ヒイヒイにして今日の暑さを思い出す。

    それからおかず。

    431eabc3.jpeg鶏のささみを半割りにして、しかも叩いて薄ぅく伸ばす。
    それに鶏のから揚げ粉。
    ゴマと一緒にぎっしり押し付けフライパンで焼く。
    最初は少なめの油でそっと身の中にまで火をくわえ、身の表面がカッチリ固くなり始めた頃、バターを加えて強火にし、外をカリッと揚げ焼きにする。
    フライでもない。
    グリルでもない。
    揚げたようでいて焼いている、すっきりサッパリ、中シットリのこれお気に入りの料理であります。
    かつて真剣なダイエットをしてたとき、これをかなり作ってました。
    さすがに当時は最後の仕上げをはしょってだから、表面カリッとさせることなくシットリ味をたのしんでいた。
    なんだかちょっと懐かしい。

    昨日は鞘ごと焼き上げて、中を蒸し焼きにしてたべた愛媛の空豆。
    今日は鞘から中身を出して、フライパンで炒めて食べる。
    香ばしくって、これもよし。

    レタスにきゅうりをサラダにす。

    364c0255.jpegきゅうりはヒラッと薄切りに。
    丸ごとザブッと冷水に漬け、シャキッとさせたレタスはザックリちぎってあわせる。
    お皿にもってシーザードレッシングをかけまわし、シャキシャキたのしむ。
    みずみずしい。

    週末用の冷蔵庫の中。
    残った素材をあらかた使って日曜の夜が出来上がる。


    ところで今日。
    料理作りのBGMを、The No Smoking Orchestraという人たちのアルバムにした。

    セルビアという国。
    いろんな文化が混じりあったバルカン半島にある国で、だからこその不思議な音楽。
    ヨーロッパの土着の音だけじゃなく、イスラム、トルコ、それにヒンズー音楽までもがぎっしり混ざった、初めて聞くのに懐かしい音。
    彼らの代表作でもある、そしてボクが一番好きな曲の動画を1枚、貼ります。



    人生の悲しいことも、苦しいことも素直に受け止め、むしろそれを笑い飛ばしながら生きていく。
    権威や常識にとらわれることなく、自分が大切と思うモノのため闘うことを厭わない。
    それをロックンロールというならまさしく、この音楽はロックンロール。
    彼らは立派なロッカーだ…、っていうことでしょう。
    お気に入り。
    料理もたのしくできました。

    明日から新たな一週間。
    ロックンロールでまいりましょう!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ロックンロール、いいですね
    たしかにどこかで聴いたことのあるような音楽ですね。
    セルビアはサッカーで知った国です。
    選手の自叙伝なんかを読んだので、誇り高き民族、のイメージです。
    このところ日本の民舞の良さを感じ始めているのですが、"生活"がある強さ、ってありますよね。
    ロックの精神、忘れずにいきたいものです。
    よい週になりますように!
    ryoko*さん / 2009/05/11(Mon) /
    誇り高く。
    > ryoko*さん
    プライドが高いだけでは駄目だと思いますけれど、反省ばかりするというのもつまらないなぁ・・・、って思いますね。
    少々の鼻っ柱の強さをもって、あごを上げて正々堂々と歩いていく。
    そんな日本人であってもいい、って思いますよね。
    今日も一日、ポカポカ陽気のようであります。
    がんばってまいりましょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/11(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    炭水化物天国、のち、MacCafe HOME プレミアムなバフェ「The Premium」
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]