忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ご飯を焼きます、焼き飯作る。

    homeyakimeshi.jpg冷蔵庫の中のいろんなモノを手当たり次第刻んで作る。
    包丁を、使いたくってしょうがなくなり…。
    ためにある、不思議な衝動。
    キャベツがあればそれが千切りキャベツになる。
    でも今日の野菜はニンジン、パプリカ、ピーマン…、どれも千切りに適さないもの。
    ご飯の凍ったモノがあって、だから麺じゃなくてご飯を焼こうと、切って切って、切り刻む。

    それからかまぼこ。
    これが入るとクニュクニュ食感面白くなる。
    鮭のほぐし身の瓶詰めがちょっとだけ残ってて、それを全部。
    それから青いネギを数本、切って切って、そしてご飯をチンして解凍。
    フライパンに油をいれて、まずはニンジン。
    それから鮭をほぐし身を入れ、日本酒注いで臭みを消した。
    ご飯を投入。
    それと一緒にネギをのぞいた他の具材も投入し、ジャジャっと炒めて塩と胡椒で下味つけた。
    フライパンの片方にご飯を寄せて、あいたところで玉子を焼いて、あとは一気にネギも加えてじゃんじゃか炒める。
    胡麻の油と醤油を鍋肌滑らせて、艶と風味をつけたらあとは食べるだけ。
    パラパラ、野菜がたのしく口に転がって、小さなお茶碗軽く一杯分のご飯がたっぷり、大きなお皿山盛りの炒めご飯になってくれたのがウレシクて、ハフハフ食べた、いい感じ!

    homeyasai.jpgそれから野菜を料理しました。

    冷蔵庫の中に余っていた茄子にそれから空芯菜。
    特に茄子はそろそろ使ってあげないと、種が大きくなりそうで…。
    タンタンカンカン。
    薄切りにする。
    小ぶりの茄子を2本まるごと。
    切ったら塩を両手につけてゴシゴシ揉んで、大葉を刻む。
    タッパウェアに入れて上からパラリと赤い唐辛子。
    そしたら出汁を沸かして醤油で軽く風味をつけて、その熱々をザザっとかける。
    ひたひたにして、それを冷まして冷蔵庫。
    冷ましてギュギュッと搾って盛って、スダチを搾って出来上がり。
    漬物みたいな、おひたしみたいな、サラダのようでもある一品で、キュキュッと奥歯で茄子がなり、歯茎が痒くなるようなその独特の食感たのしむ。

    空芯菜は深鍋にお酒を沸かして放り込み、それで蓋してしんなりさせる。
    出汁と醤油で風味をつけて、お皿に盛ったらそこに真っ赤なチリをピュピュっとかけて出来上がり。
    野菜の料理って簡単に作ってやるほど、その持ち味や食感がたのしめるのがウレシイところ…、噛めばとろりとその独特の味わい滲んでなんとも旨い。
    パラパラ焼いたご飯との相性もよく、なにより野菜でお腹がやさしく満たされる。
    ココロもやさしく満たされるような気がしてニッコリ、よい食事。

    ところで昨日「プロメテウス」をみてきました。
    prometeus.jpgエイリアンシリーズの前日譚なのか、それともギーガーという天才デザイナーの創りだしたおどろおどろしい世界観を借りて生まれたまるであたらしいシリーズ映画の始まりなのか…。
    まぁ、いろんな見方はあろうと思う。
    好きな映画か?と言われれば文句なく好きな映画で、良い映画か?と聞かれればその判断はご辞退しますといってしまう類の映画。

    prometheus.jpg監督のリドリー・スコットらしき思い込みの激しさと、あそこに行こうと思い込んだら絶対そこに落とし所を作る強引。
    モキュメンタリーのような手法を使ってみたり、エイリアン系の映画のありとあらゆる要素をぶち込み作っているので、腹一杯には絶対なれる。
    その満腹を苦しく感じるか、それとも心地良く感じるかは人それぞれでありましょう。

    物語的にはかなり破綻をきたしている。
    突っ込みどころ満載だし、どう考えても間尺に合わないところがある。
    けれどそんなこといいじゃないのというおおらかで、見れば結構たのしめるもの。
    何より役者がシッカリしてる。
    顔を数回ぶん殴ってちょっと壊れてしまったシェールのような主役の女優さん。
    シガニー・ウィーバーの流れをくむ体当たり演技が見事で、笑っちゃうほど。
    ロボットみたいに見えるシャリーズ・セロンの美しさ。
    ロボットみたいにしか見えないファスベンダーの気持ち悪さは特筆モノで、ビッグスターをほとんど使わずだからのリアリティーがあって結構見せる。
    とは言えやっぱりこの映画の真の主役はCGでしょう。
    あまりにゴージャス、しかもIMAX3D における圧倒的な表現力に、自然な立体感にはウットリ…、今までみたどんな3D映画よりも見事で自然。
    ビックリしました、脱帽です。



    まぁ、物語の内容といえばほぼこのトレーラーで予想がつくものでして、だからこそむしろ劇場で…、しかも大きな3Dシアターで観て欲しいなぁ…、って思ったりした。
    あっという間の2時間で、あぁ、やっぱり女性は強いんだ…。
    街や国の平和を守るのはオトコの仕事…、けれど宇宙や地球を守る仕事はオンナじゃないと出来ないんだと思ったりしてため息つきます。
    現実世界もそうかもしれない…、どうだろう。
    それにしても…、戸田奈津子せんせいの翻訳は相変わらず大雑把にて、ニュアンス違いの事務的なモノ…、映画に愛着のない人なんだろうなとつくづく思い知る(笑)。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    プロメテウス。サカキさんはあまり絶賛という感じではないようですが、私はとても面白く鑑賞しました。ツッコミどころがあるというのもわかりますが・・・。主演のノオミ・パラスは「ドラゴン・タトゥーの女」に続いてまたパワーのある女性の役でこういう配役の上手さにもうなりました。DVDではなく是非映画館で堪能したい作品ですね。
    MOMIOさん / 2012/08/27(Mon) / URL
    好きですよ!
    > MOMIOさん
    いえいえ、突っ込みどころのある映画の方が好きなもので、この映画。
    好きな映画です。
    なにより、あぁ、これが映画なんだと思える映像。
    ウットリしました。
    ドラゴン・タトゥーの女は観なくちゃと思っているのですが、かなり気合を入れなきゃいけないので後回しにしちゃってます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/27(Mon) /
    無題
    この映画、フライトの中で見ました!目を必死で覆いながら。もう金輪際アーティチョークとかタコ・イカ類食べられませんわ。

    JALは6月に乗ったビジネスより今回のエコノミーのほうがご飯が美味しいってどういうことでしょう?パリ発のご飯がしょぼかったので全く期待していなかった東京発の食事、二回ともこれが機内食?ってくらい美味しかったのです。オムライスなんて生まれて初めて食べましたけど、それもオムレツを乗せて切って広げるたいめいけん監修もの。頑張ってますね、JAL。
    eiichiさん / 2012/09/09(Sun) /
    JAL
    > eiichiさん
    JALにおいて、本当の贅沢が許されているのはファーストクラスのみ。
    ビジネスクラスは席の広いエコノミークラスと思わないとストレスが溜まってしまいます。

    たしかにあれ、アーティチョークですね…、ちょっと笑ってしまいました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/09/09(Sun) /
    フレッシュネスにむさしのの蕎麦 HOME 昼のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]