忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ビデオを観ました…、土曜日が一日ぼんやりできそうで、本当は映画をみようかと思ったんだけど、食指が動く映画がなくてそれでDVDを借りてみた。



    重たいのから軽いのから、いくつかみた中で、ピカイチ一本。
    「クロニクル」っていうSF映画…、どんな映画かほとんど前情報をもてないなかで直感信じてかりたのでした。
    昔、レコードを買う時に、音が聞こえる訳でもないのにジャケットの表も裏も背表紙も舐めるように見て決めていた…、時代がCDからDVDに、買うことから借りることにかわっても、そういう儀式は変わらない。
    これもジャケ借りしたのだけれど、それでこうして当たりをひくと喜びひとしお。



    高校生の男の子が自分の生活をビデオカメラで撮り始めるところから始まる映画。
    パラノーマルアクティビティー的な映画かなぁ…、と思っていたら、とある出来事で、彼を含めて友人2人が超能力を得てしまう。
    誰にもない特別な能力を持っていて、それを発揮する場所が無い悔しさや、その能力で別にシアワセになるわけではない。
    そこで一体、何を思ってどう行動するか?
    最初は青春ドラマのようにたのしく、愉快に気を晴らし続けるコトでその感情を抑えるんだけど、とあるコトをキッカケにそれが爆発。
    そこから先は、あたかも漫画の「AKIRA」の実写版のごとき表現、あるいはホラー映画の名作「キャリー」がようでもあって息をもつかせぬ迫力映像。



    こういう映画を「儲けもの」というのでしょう…、この内容だったら映画館で観たかったって思ったほどにいい出来、なにより面白かった。
    この監督のコトを後から調べてみたら、日本のマンガ…、特に大友克洋作品が大好きで、そういう映画を撮りたいってずっと思ってそれでこれを撮ったんだという。
    確かに日本のマンガのさまざまな表現手法…、例えば何かが爆発したときに、その周辺の空気が一旦、丸くまとまりそれから破裂していく表現方法なんて、漫画以前にはなかったもんなぁって思ったりする、オモシロイ。

    ちなみにビデオのお供にこの珍味。



    茎わかめの酢漬けというのはずっと昔からあったけれど、「レタスの茎」を酢漬けにしたものを一ヶ月ほど前に始めて発見し、食べてみたらばこれが美味。
    パリパリとした食感独特…、食べ始めると止まらないほどのオキニイリにて、それからずっと探したんだけどなかなか見つけることがなかった。
    場所はローソン。
    先日、ひさしぶりにこれを発見、それでまとめて大人買い。あっという間になくなる勢い…、また見つけたら買っとかなくちゃと思っております…、オキニイリ。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ご無沙汰しております。
    「クロニクル」私も今年のベスト5に入るほどのお気に入りです。脚本は「狼男アメリカン」のジョン・ランディスの息子さんですよね。
    MOMIOさん / 2013/12/08(Sun) / URL
    五本の指
    > MOMIOさん
    たしかに五本の指に入る作品と思いました。
    若々しくて、けれど力の抜きどころをしった見事な手際…、舌を巻きました。
    マックス・ランディスが脚本を売り込む際の条件が、この監督を使うコトだったという、その狙いがハマるべきところにハマったというコトなのでしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2013/12/08(Sun) /
    茎レタス
    こんにちは。数年前、日々日々楽しみに読んでいたのにPCを変えてオキニイリリストがリセットされたことで、ご無沙汰してしまいました。アーカイブを遡って拝読していたところ、茎レタスのことでひとつお知らせしたくてコメントさせていただきますね。

    茎レタスってレタスの茎じゃないんです。中国野菜で青笋とか萵笋とか呼ばれる野菜なのです。見た目はものすごく大きい山葵のようで、外の皮を剥くと中から翡翠色の半透明の茎が出てきます。それが茎レタスです。中国に住んでいたことがありましたので、この野菜が大好きでしたが、日本では手に入らず残念です!
    chiaraさん / 2014/01/14(Tue) /
    ありがとうございます。
    > chiaraさん
    なんとそうだったんですね。
    どおりで、今まで食べたことのない食感。
    どうやって加工したらこんな具合になるんだろうと思っていました。
    中国野菜って、まだまだ日本に入ってきていないものがたくさんあるんですよね。
    勉強になりました。
    気持ちもスッキリいたしました。
    茎レタス…、探してみます。
    サカキシンイチロウさん / 2014/01/14(Tue) /
    角萬 HOME おうちごはん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]