忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を觀ます…、トムクルーズ主演の「オブリビオン」。
    oblivion.jpgポスターを見てもわかるように、オブリビオンという店名と同じ重さをもって「トムクルーズ」の名前が併記されてる。
    今のハリウッドで主演俳優の名前が一枚看板として成立できる俳優って今はそれほどいなくなっちゃった…、好きか嫌いかは別として、トム・クルーズって数少ないそういう人たちの一人でしょうな。
    いつも全速力で、一生懸命で、サービス精神旺盛でちょっと苦手なんだけどなぁ…、と思いながらもやってきてみて、なんと深くにも泣いてしまった。
    サカキシンイチロウがトム・クルーズで泣く日がくるとは、ビックリです。

    oblivion1.jpgいい映画なんです。
    ところどころがトムクルーズのプロモーション映画のようになったりはする。
    その部分をとっぱらってしまうと、20分くらい短く、キュキュッと引きしまって、もっといい映画になるんだろうなぁ…、って。
    そう思いはするけど、でもいい映画。

    貼ったトレーラーを見ていただくと、なんだかそういう内容かなぁと、うっすら思う。
    確かにその方向に話は迷わず突き進んでいくのだけれど、その予想をはるかに超える事実がやってくる。
    すごく大きな物語。
    地球が終わり、人類も終わってしまうかどうかというすごく大きな課題の映画で、なのに登場人物がすごく少ない。
    しかもどこか嘘っぽく、その嘘っぽさの理由が実はこの物語の一番大きなテーマであったりするのであります。

    あぁ、ネタバレをしないようにこの映画を説明するのがむつかしい(笑)。
    アメリカ映画の割に深くて、アメリカ映画の割に複雑。
    にもかかわらず、アメリカ映画的に痛快、明快で、なにより物語自体の力が極めて強い。
    だから観るならなるべく早く、大きなスクリーンでこの独特な世界の中にどっぷりつかってめくるめく、サスペンス的なる時間をたのしんでいただきたいなぁ…。
    映画の主題に関係のないところで感想を言うならば、アップルが作ったiPhone的なるインターフェイスやデザイン世界が近未来的世界を描写する際の今やデフォルトになったんだなぁっていうことと、やっぱり戸田奈津子様の翻訳は、映画というモノに対する愛に欠落しているというコトだったりいたします(笑)。



    このトレーラーもかっこいいけど、本編はもっとクールでゴージャスでした、
    かなり大好き、オキニイリ。

    ところでほとんど同時公開のもう一本。
    アフターアースっていう、ウィル・スミス親子が主演で「あの」シャマランが監督をする地球の終わりのあとの話を題材にした…、つまりオブリビオンと同じテイストの映画のポスターなんだけど、これが似ていて大笑い。
    oblivi.jpgハリウッドってこれに限らず、同じような映画を同じタイミングで作って公開しちゃうクセがあるようで、例えば一時期火星映画ばかりができた時期があった。
    ミッション・トゥ・マーズとレッドプラネットなんて、未だにどっちがどっちかわかんなくなる。
    ディープインパクトとアルマゲドンや、バグズ・ライフとアンツ、ダンテズ・ピークにヴォルケーノ…、ディザスター・ムービーはかぶり映画の宝庫のひとつ。
    去年は白雪姫の当たり年でもありました。
    なんだか不思議…、もしかしたら似たような映画をたくさん出すことでムードを盛り上げてやろうって魂胆?なのかもしれない、分からない(笑)。
     

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アフターアース
    アフターアースを公開初日に見てきました。私が大気科学者もどきであることが大きいのかも知れませんが、「それは科学的にどうなの???」という設定が多すぎて、入り込めませんでした。
    コンセプト自体は面白いと思うんですけどね・・・。

    シャマラン監督=ざんねーん!
    な、イメージがぬぐえそうにもありません。
    CLBさん / 2013/06/02(Sun) /
    シャマラン
    > CLBさん
    アメリカでもシャマランが監督だというコトを一切プロモーションに使わない…、だからポスターにもトレーラーにも情報が一切ないという不思議な状態。
    なら、撮らせなきゃいいって思うんだけど、大人の事情がいろいろあるのでしょうね。
    貴重な情報ありがとうございます。
    心置きなくDVDがレンタルに回されるまで待つことができます。
    サカキシンイチロウさん / 2013/06/02(Sun) /
    パスタにカレーにアレヤコレ HOME おんぼらあと
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]