忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    パスタを作る、日曜の朝の定番に最近なりつつあるメニュー。

    523bac5e.jpeg今日も冷たいパスタにしよう。
    生のパスタを買ってくる。
    ほうれん草を練りこんだフェトチーネ。
    幅広の分、ベロベロ、唇なでまわす肉感的なる食感をたのしむコトができる麺。
    もう一種類。
    ちょっと細めのリングイニ。
    角張っていて、これはコツコツ奥歯を叩く。
    どちら一方だけでもおいしく、けれど2酒類異なる食感の麺が一度に口の中に入ってくると、情報量が一挙に増える。
    本当の手打ち生パスタって、太さ、厚さが不規則で、生であるという以上に不揃い感をたのしむことができるのがいい。
    機械でできるパスタにそんなたのしさを、求めるならばこんなやり方。

    茹でて、お水でザブザブあらい、キリッとしめてボウルにうつす。
    ザックリ切ったトマト。
    オリーブオイルに刻んだバジル。
    それに塩をほどこせば、これで十分、パスタはおいしく味わえる。
    生ハムをお皿の縁に貼り付けて、そこにもりつけ紫色のアスパラガスをパラリと散らす。
    生ハムを芯に巻き込みパクっと食べるとアスパラガスがコツコツ奥歯を叩いて苦味をまきちらし、ネットリとした生ハムの塩味、香りにうま味がトマトの味をひきたてる。
    バッサリとした冷たいパスタの歯ぎれる感じが、これから梅雨に向かう季節をたのしく、スッキリ、鮮やかにする…、そんな今朝のオゴチソウ。

    ところで昨日の晩ご飯…、家で料理を作って食べる。
    実はカレーをなんだか無性に作りたかった…、それでカレーをメインで食べることを前提にして料理をあれこれ、まずはポテトサラダを作る。
    40169c37.jpegジャガイモをひたひたになる程度の少なめの水で弱火で煮込み、水気がすっかりなくなってから皮を剥く。
    茹でたお鍋の中でしゃもじで潰すと余分な水気がとれてまるで粉吹き芋。
    塩と胡椒で下味つけ、スライスオニオンを塩でギュッギュと揉んでくと粘り気がでて、それを水でキレイに流しギュギュッとしぼる。
    朝に使ったソーセージパテを細切りにしてコンガリ焼き切り、それらを混ぜて芥子とマヨネーズ、ホースラディッシュソースで風味をつけてディル、冷やしてそれで出来上がり。
    アトランティックサーモンの尾っぽの部分をオリーブオイルとバジルをほどこし、皮目を下に弱火でコンガリ野菜サラダを添えてひと品。

    26690283.jpegそして今日のメインのカレー。
    マスコットっていう業務用のスパイス食品を得意にしている会社があってそこのペースト。
    「印度の味」っていう家庭用のシリーズがある。
    バターチキン用のペーストや、豚バラ肉を煮込む専用のカレーペーストと種類豊富。
    その中の「辛口」っていうのがボクは好き。
    因みに画像は使い残した中辛の。
    このペーストを瓶から出して、水で薄めるだけでおいしいカレーができる。
    しかも動物性の脂は一切使わずに、小麦粉もなし。
    だから食べてお腹がもたれるコトがないのがオキニイリ。
    味はというと、トマトの酸味と香りがスキッと鮮やかで、食べた瞬間は口にやさしくカレーの香りが際立つ感じ。
    ところが後からあとから、辛味が次々やってきて、気づけば体全体があったまって汗が出てくる。
    薬膳的とでもいいますか。
    けれど決して薬臭さや、過ぎたインド風ではなくてどんな具材にも似あってくれる…、しかも10分ほども煮込めばカレーらしい味になってくれるのがウレシイ商品。

    042df08d.jpegまずは玉ねぎを串切りにしてオリーブオイルで軽く炒める。
    強火でちょっと端が焦げたくらいになったらそこに凍ったシーフードミックス投入。
    なおも炒めて、シーフードのうま味がにじんで来たらばそこにカレーペーストを瓶から取り出し、パカッと移して瓶2杯分の水でのばして煮込む。
    別のフライパンで茄子とオクラを軽く炒めてカレーにうつして火を止める。
    炊飯器のスイッチを押し、ご飯が炊けるまでの時間でなじませて、蒸らす時間でカレーの仕上げ。
    エビとホタテをバターで炒めてカレーの鍋に移してフツフツ、軽く煮込んで出来上がり。


    なんとおいしい。
    「カレー3対ご飯1」って感じで食べても大丈夫なほど、味が重たくないのがウレシイ
    シットリとした茄子の食感、ネットリ粘るオクラの風合い。
    やさしくなめらかなホタテが舌を撫でる感じに、エビがプルンとはじける感覚…、食感豊かで味わい深く、お腹もたのしく満たされる。
    舌が辛さで負けそうになる…、そこですかさずポテトサラダを口にふくむと、ジャガイモの甘みが舌をホっとさせ、お米ご飯と違ったたのしい粉っぽさがカレーと混じってトロンとすべすべ、なめらかになる。
    今度はここのバターチキンを作ってみようかって思ったりした、オキニイリ。

    土曜の夜のテレビは退屈、それでHuluで何かオモシロイ映画はないかと。
    それで「空気人形」をボンヤリみます…、先ほどカンヌで賞をとった是枝裕和監督の5年ほど前の作品で、心をもったダッチワイフが起こすあれやこれやを描いた作品。



    淡々とした語り口にて、深くて重たい人のココロの裏側をズッシリ描く…、この人らしき表現方法、観る人に考えることを強いる言葉遣いと言い回し。
    あんまり好きではないけれど、ところどころに、ハッとさせられる言葉があった。
    ココロがあるから嘘をつく。
    誰かの代用品として存在しているただの人形だった頃にはつかずにすんだ嘘をついてしまう空気人形が、言葉遣いも演技もどんどん人間らしくなっていく。
    その表現作法はすばらしくよくできていると思ったりはした…、それでもやっぱりあまりに重く、夢の中に滲んでくるなよと祈って寝ました、そんな夜。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    以前このページを見て、サラサラ薬膳風カレー作りたい!と思ってました。今晩念願かなって、ビーフ、玉ねぎ、人参、オクラ、トマトで作りました。美味しかった〜(^o^)娘も大盛りでたべましたよ!これからも色んな食材紹介して下さい(^-^)/
    クロさん / 2013/07/06(Sat) /
    オクラのカレー
    > クロさん
    トマトと挽肉、それから茄子をバターで炒めて、カレー粉くわえてオクラで軽くトロミをつける。
    そんなカレーも好きなんです。
    小麦粉を使わぬカレーのサラッとおいしく、しかもお腹や体にやさしいところがウレシイですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2013/07/06(Sat) /
    今日もとんちゃん HOME オブリビオン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]