忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、早起きして観た映画…、「アイアン・フィスト」って言う去年封切られていたアメリカ映画。
    …、ではあるんだけれど、カテゴリーとしてはカンフー映画になるんでしょう。
    随所にブルース・リーの映画、特に「死亡遊戯」へのオマージュ的な表現が散りばめられていて、そこにタランティーニ的な毒がパラリとふりかけられてる。



    キル・ビル的なるテイストもある。
    しかも噴き出る血糊の量はそのキル・ビルの5割増しほどのブラッディーな映画でもあり、にもかかわらず噴き出す血糊までもが華麗でうつくしい。

    滑稽無糖な内容で、まるで漫画みたいな内容ではありますけれど、これが悔しいほどにいい映画…、オキニイリです、ワザワザ来て観てよかった映画。



    色鮮やかで流れるがごとき絵がまず良くて、しかも音楽。
    原作、監督、主演を兼ねてるRZAって言うアーティストがもともとウータンクランのリーダーとしてヒップホップの一時代を築いた人で、だから音がこれまたいい。
    カンフーのひとつひとつの動作とヒップホップ、ラップがこれほど合うとは知らなかった…、かっこいいんだもん、もうウットリ。



    役者もいいね…、それぞれの役柄にひとりひとりがピタッとハマっていい仕事をしているワケです。
    悪役連中がみんな日サロ灼けに生っちょろい無精髭をはやしたエグザイルみたいはチンピラ顔で、みんなマヌケなナルシスト。
    ルーシー・リューのビッチっぷりは相変わらずで、ラッセル・クロウの、見事な太りっぷりに我が身を思い、やっぱりトレーニングして人の体を取り戻さなくちゃってちょっと反省したりする(笑)。



    映画が好きでしょうがない人。東洋文化や武術が好きでしょうがない人がココロをこめて丁寧に作った映画。
    暴力的ではあるけれど、人と人とが素手で戦い合う真剣勝負…、終戦をした今日という日に観るのも悪くはないモノだったかも。
    DVDを買っておきたいと心から思う一本でした…、オキニイリ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ツナガレザルモノ HOME おやすみどきの新宿の今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]