忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    野暮用にて池袋。
    ちょうど昼どきということもあり、前から来てみたかったお店を覗く。

    キッチンABCというお店。
    abc.jpg大塚から池袋にかけての小さなエリアに何店舗かを展開してる、気軽な洋食屋さん。
    安くてしかも元気一杯の料理をたのしむことが出来る店…、ってかなり前に教えてもらって来たいなぁ、って思ってた。

    池袋駅の西っ側。
    芸術劇場の裏側路地のビルの一階。
    入り口横のショーケースを眺めながら中に入ると、ちょっと和風な作りのお店。
    オープンキッチン。
    雰囲気的にはとんかつ屋さんみたいなしつらえ。
    メニューを開く。
    8ページほどの写真の入ったメニューにギッシリ。
    グリル料理やら揚げ物、オムレツ、スパゲッティー。
    カレーがあったりそれらの料理を自由自在に組み合わせた盛り合わせまで、ビックリするほどの料理があってて、迷いつつも選んだのがこれ。

    ミックスフライ。
    fe69287e.jpegハムカツ、チキンカツ、海老フライにカニコロッケが盛り合わせになっているという説明書きの「ハムカツ」ってところにググっと惹かれた。
    どんなハムを揚げてるんだろう?って、たのんでくるまでワクワクしながら思いつつ、やってきたのを見てニッコリ。
    周りの赤い昔ながらのプレスハム。
    体に悪い味と匂いがズシッとしてくる、でもそれこそがおいしいところ。
    フンワカとしたチキンカツ。
    熱加えるとパサつきがちな鶏の胸肉を一番おいしくする方法は、こうした細かなパン粉をつけて揚げること…、って思うほど、チキンフライはおいしい上に理にかなってる。
    トロンとなめらかなベシャメルソースがウットリするほどおいしいコロッケ。
    プチュンと歯ぎれるエビフライ。
    どれもシッカリ、クオリティーを守ってる。

    ご飯にスープがセットになって、ついでにカレーソースを追加でもらう。

    971c23a3.jpeg真っ黒で香ばしくってビリっと辛い、この黒カレーはここの名物なんだって。
    その名物カレーをちょっとだけ、280円で分けてくれる。
    うれしいシステム。
    甘くなくってスパイシーな辛味がスカンと鼻から脳天直撃するような、スッキリとした味わいでご飯にかければ当然おいしい。
    けれど、それをカツにかけたり、あるいはサイドについてるナポリタンにつけたりするのもまたおいしい。
    ソース替わりを立派に果たす、たのしい一品。
    おもしろい。

    ところで、洋食屋さんと洋食レストランの一番の違いって、スープが味噌汁かコーンスープかなんじゃないか?って思ったりする。
    洋食屋さんが「ご飯のおかず」を売るお店。
    ご飯をおいしく食べるには、スープじゃなくて汁がついてくるのがありがたい。
    味噌汁。
    あるいは玉子を溶いたコンソメスープ。
    これらはご飯をおいしくさせる「お供のお汁」。
    洋食レストランは「日本的な西洋料理」を売るお店。
    だからパンにスープの方が居心地が良い。
    小さな違いは大きな違い。
    ここのスープはキャベツやニンジン、わかめに豆腐と和洋折衷のちょっと不思議な組み合わせ。
    コンソメ風味で、なのに味は焼肉屋さんの玉子スープみたいな味わい。
    味噌の味ではないけれど、ご飯と一緒にゴクゴク飲んでたのしめる、ご飯のお供。
    ありがたい。

    お腹いっぱい、外に出る。

    ikebukuronatsu.jpg空は青空。
    刷毛で描いたような軽いタッチの白い雲。
    秋を感じるさわやかさ。

    それにしても、今日のこの店。
    近所にあると便利だろうなぁ…。
    神保町のキッチングラン、あるいは南海。
    代々木のポパイ。
    新宿、銀座のキッチンあづま。
    「たのしく気軽なお腹いっぱい」を保証してくれるこうしたお店は「町の宝」って心底思う。
    カラカラ氷がタップリ入ったプラスティックのピッチャーに、いつも並々、冷たいお水が用意されてる。
    決して贅沢な作りじゃないけど、掃除がシッカリ行き届き、厨房の中もピカピカしているその真剣と懸命がとてもうれしいオゴチソウ。
    ステキだなぁ…、ってジンワリ思う。
    また来よう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おおきいほうがいい
    久々にPCから見ると、また、違ったブログに思えます。ところで顔写真変わりましたか?
    変わり者ミダさん / 2009/09/13(Sun) /
    いつもありがとうございます
    > 変わり者ミダさん
    いつも携帯電話からどうもありがとうぎもざあす。
    顔写真。
    同じものなのですが、トリムの仕方を変えてみました。
    昨年の夏、ラジオの仕事をしていたときの写真です。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/13(Sun) /
    若者の味方食堂
    出ましたね「キッチンABC」。
    自宅の最寄り駅である大塚にも2軒あるので、時々ご飯を頂きます。
    いつもお腹を空かせた若い人たちで賑わっていて、ついこちらも食欲が進んでしまいます。
    ところで、こちらの代表的メニューのひとつである「ジャンボ焼き」(豆腐と豚バラの辛子炒め煮)なんですが、板橋〜練馬界隈でチェーン展開しているキッチン「洋包丁」でも同種のメニューが供されているんですよね。
    何か関係があるんでしょうか?暖簾分けとか、ルーツが同じとか…
    長年の謎です。
    タカハシケムヂさん / 2009/09/14(Mon) /
    学生街としての池袋
    > タカハシケムヂさん
    池袋って、学生街としての性格を濃厚にもっている街ですよね。
    ラーメン屋が多かったり、こうした気軽にお腹いっぱいを売り物にしたお店がとっても多い。
    ジャンボ焼きの伝播もそうですが、ここの黒カレーを食べていると、キッチン南海のカレーを強烈に思い出したりします。
    さまざまなお店が刺激しあいながら東京洋食の文化が出来上がっていくのかもしれません。
    「洋包丁」。
    機会があればと、また新しい目標が出来ました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/14(Mon) /
    無題
    時々自分で作るのですが鶏の胸肉でコンフィもおいしいですよ。
    ああ結局は油なんでしょうね。(メタボが怖い)

    ところで揚げ物つながりですが昨日、肉の万世に行ってびっくり!
    いつものカツサンドの横にとんかつを二枚使ったダブルカツサンド売っていました。
    私は家でワインのツマミにオープンサンドのようにして一枚ずついただきましたが
    秋晴れの公園で口をあんぐり開けてダブルカツを一気にほおばるのも楽しそうですよ。
    (どっちにしてもメタボが怖い・・・)
    れきさん / 2009/09/14(Mon) /
    万世ダブル!
    > れきさん
    ただでさえドッシリとした身厚の万世カツ。
    それをダブルでとは、なんと豪勢で豪快な料理なんでしょう。
    食べたくはあり、でもちょっとカロリーが怖くもあって、でも近々、売り場を覗いてみようと思います(笑)。
    食欲の秋でもありますゆえのコト。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/14(Mon) /
    ABC♪
    思わず口ずさみそうです(笑)最近思うのですが、ハングルと英語の発音って、似ている部分があるな〜と思うときがあります。楽しく勉強できたら、吸収も早い!?かな、と思い、DSのソフトですが、http://www.benesse.co.jp/ds/kikitore/index.html
    「ききトレ」をやっています。本来は小学生向けの英語教材のようですが、私自身が同年代の頃に通っていた子供向け英会話教室の雰囲気に似ていますね。キャラクターこそカワイイですけど、発音は本格的!!普段、生の英語に触れることが中々無いので、コレで耳慣らし♪といったところでしょうか・・・。意外とやり応えがありますよ。バカにできない、よく出来たソフトだと思います。
    りりこりあさん / 2009/09/14(Mon) / URL
    ハングルと英語
    > りりこりあさん
    たしかに韓国の人の方が日本人よりも英語の上達が速いっていいますよね。
    母音の数がたくさんあるのがその理由っていいますし。
    外国語は母国語で学ぶより、他の外国語との抱き合わせで学ぶといいよ、と言う人もいますしね。
    ボクのフランス語は日本ではなくアメリカで出来上がったもの。
    英語で学んだので、フランス語を日本語に訳すのが苦手だったりします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/14(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハッピーアヴェニュー HOME トーストきれいに焼けた朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]