忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新しい一週間がはじまる月曜日の朝…、というのに、ちょっと頭がぼんやりしてて、それで心をあっためてくれるご飯を食べさせてもらいましょう。
    …、ってそれで神田の淡路町。
    ハッピーアヴェニューでスクランブルエッグを作ってもらうことにする。

    580da7b2.jpeg世界で一番おいしいスクランブルエッグを作ってくれる、ステキなお店。
    先日、鎌倉・七里ケ浜で世界一のスクランブルエッグを売り物にしたレストランに行ってきた。
    オーストラリアに本店がある。
    ということは、もうボクの知る限りでも世界に3軒。
    スクランブルエッグの世界一美味しいお店がある…、ということになる。
    ちょっとたのしい。
    おもしろい。
    世界中のどの店よりも、心をこめたスクランブルエッグでお客様の気持ちと心を温かくしてあげましょう…、って気持ちがそこにある限り。
    いろんな場所に世界一のスクランブルエッグのおいしいお店ができて当然、とそう思いましょう。
    料理の世界の世界一は、お店が勝手に独り占めするものじゃなく、お客様の気持ちの中にあるモノで、ボクにとって世界で一番やさしい気持ちにさせてもらえるスクランブルエッグのお店はこの店。
    オキニイリ。

    32295c40.jpeg大きなお皿に、玉子にハムにサラダにトースト、寄り添うように一緒にのっかりやってくる。
    シットリとした炒り卵。
    生っぽさのみじんんもなくて、けれど玉子本来の持つみずみずしさを台無しにせず、フンワリ、やさしくなめらかに焼き上がった見事な仕上がり。
    ツヤツヤとした玉子の表面。
    フォークでそっとすくいあげると、フルンと揺れる。
    舌にのせると、そのフルフルが揺れ続けるようにしてスルンとすべる。
    塩とバターの風味がシッカリ。
    ケチャップのせるのももったいなくて、そのまま食べる。
    こんがりトースト。
    控え目に添えられたロースハムの塩味、やわらか。
    パリパリっとレタスや水菜の葉っぱも甘くておいしい。
    熱いコーヒー、ふうふうしながらユックリ食べます。
    体も心もあったまる。

    玉子をひとすくい、バターをタップリ塗り込められたトーストの上にのっけて食べる。

    49264830.jpeg舌がひんやりするようなバターの艶と玉子の旨味がカサッと乾いたトーストブレッドと一緒に口にやってくる。
    ごちそうです。

    そう言えば、ボクを育ててくれたばあやさん。
    彼女が作るスクランブルエッグのおいしさったら、他に比べるものがないほどのおいしさだった。
    ふんわりしてて、しっかりキレイに火が通っているにもかかわらずシットリでもありなめらかで、ココのスクランブルエッグにちょっと似ている出来上がり。
    ボクが高校1年のとき、父が事業に失敗をしてボクはしばらくそのばあやさんの家で生活していたことがある。
    生来の能天気気質に救われて、一人暮らしも辛くはなかった。
    高校の友人もいたわりをもって接してくれて、ボクはただただそれまで通りの学生生活を送ってはいた。
    けれどそれでも、理由なきただ漠然とした哀しさに襲われて、暗い顔してぼんやり部屋に閉じこもってしまうようなことが時折あった。
    そんな翌朝。
    決まって朝にスクランブルエッグを作ってくれた。
    これで元気を出しなさい…、って。
    サイドにトースト。
    甘く作ったミルクティー。
    ボクにとって、だからスクランブルエッグは元気がもらえるステキな料理。
    今日もたのしく元気になった。

    さてさて、会社にむかって行きます…、腕ふって。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ばあやさんの頑張れですね。
    オムレツよりも目玉焼きよりも
    スクランブルエッグが励まし感が一番やさしいかもしれませんね。
    オムレツはちょっと背筋伸ばすし
    目玉焼きは前かがみかな
    バター風味のスクランブルエッグは、甘いミルクティとあわせて
    背中を撫でてもらうような感じ。

    そういえば、丑三つ時に起き出してひと働きし、朝ごはんが夜明け前だった頃、
    飲むのは必ず甘いチャイでした。
    自分を激励せずに励ましてたのかな。
    たばきちさん / 2009/09/15(Tue) /
    やさしい励まし
    > たばきちさん
    声高な応援じゃなくて、やさしい励ましがありがたいときってありますよね。
    コーヒーじゃなくて紅茶。
    オムレツじゃなくてスクランブルエッグ。
    甘くてとてもなめらかなおいしい励まし。
    ちょっと思い出してウルっと来ました。
    ありがたいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/15(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ボーリージャー HOME ABC
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]