忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は午後から外仕事。
    昼を新橋。

    ニュー新橋ビルにやってくる。

    newsinbasib.jpg丸の内に丸ビルがあり、六本木に六本木ヒルズがあるように、新橋という街のランドマーク。
    テナントの半分以上がシャッター下ろしっぱなしの萎びたような、けれど残ったテナントはみんな元気一杯という、不思議なエネルギーに溢れたビルで、まさに新橋サラリーマンのごと。
    さて、なに食べよう?

    ここにくれば、まず思い浮かぶのが「おか田の牛カツ」。
    あるいは「明石の豚カツ」。
    どちらも新橋プライスで考えるならちょっとお高め。
    けれどクオリティーは抜群で、行列必至のおご馳走。
    気持ちは動く。
    けれど今朝、モスでチキンカツを食べたばかりというお昼。
    しかもビーフウィークが先週で一段落した…、ということもあり肉、揚げ物は我慢して他の店をと思案する。

    でもって、ココ。

    musasiya.jpgむさしやという店。
    ビル1階の通路に面した、壁に貼り付く極小店舗。
    8席ほどのカウンターと、小さなキッチン。
    何しろ壁らしい壁はひとつもなくて、客席の後ろに下がった紐ののれんが壁代わり。
    当然のごと、ドアはない。
    椅子の後ろの紐をぺろんとめくればそこがドアになり、中に座って揺れるのれんが動きを止めるとみるみるうちにそこが壁に姿を変える。
    まるで能舞台のごとき、ミニマルにして様式的なる自由構造。
    ビルの中にある屋台みたいで、アジア的。

    焼きそば、ピラフ、スパゲティーとほぼ完璧に炭水化物が主役の料理が40種類ほど。
    中でもここのお気に入りがコレ。

    オム焼きそばをたのんで食べる。

    562a7bc3.jpegちょっと待ちます。
    なにしろ小さな厨房のコト。
    しかも調理器具のほとんどが業務用じゃなく家庭用とほぼ同じもの。
    だから同じ作業もちょっと時間がかかってしまうんでしょう。
    あまり下準備もせず、ほとんど注文がはいってから一から調理をする誠実さも手伝って、ちょっと待ちます。
    でも、勢いよく料理が次々、作られて行くとこを眺めながらちょっと待つのはかなりたのしい。
    それで待つ。

    薄焼き玉子にくるまれた、外から見るとオムライス。
    千切りキャベツにスパゲッティ…、というまさに喫茶店的姿形で、でもこれが普通の「オムレツでくるんだ焼きそば」ではないのがステキなところでござります。

    実は…。

    3c202d30.jpeg玉子にくるまれているのはなんと「そばめし」。
    焼きそば麺とご飯を一緒にソースで炒めて、しかも麺を短く刻んでガシャガシャ混ぜてる。
    だからスプーンですくって食べる…、ことになる。
    パラパラしてる。
    ご飯の合間に短い麺がタップリ混じって、だから空気をかなりタップリ含んでる。
    それでパラパラ。
    そのパラパラと一緒にクニュクニュ、麺のハリのある食感が口の中で踊るようでなんともたのしい。
    薄焼き玉子のシットリも際立つ感じ。
    付け合わせのナポリタンは、ちょっとソフト麺みたいなムワっとする小麦の風味と甘いケチャップがなつかしい味。
    ご飯に中華麺、しかもパスタと炭水化物三昧にウットリします。
    お気に入り。

    お店の前にできる行列横目でみながら、おごちそうさま。
    移動なりぃ。


    夕方、中途半端な時間に打ち合わせをかね、中途半端な食事をしちゃって、それで夜。
    中途半端におなかがすいた。
    それで冷蔵庫のありあわせの食材あれこれ組み合わせ、サンドイッチを作って食べる。
    久しぶりの具だくさん。

    gudakusandwitch.jpg玉子を焼きます。
    普通に焼くのじゃつまらない。
    それでネギを刻んで溶いた玉子とあわせ、胡麻もくわえてタプタプ、混ぜる。
    オリーブオイルを鍋に流して、ジャジャッとフワッと焼き上げる。
    キュウリ。
    凄く薄く切ったのに、ちょっと分厚目に削ぎ切ったのを一緒につかう。
    それにハム。
    いつもよりもほんの少々、厚目に切ったパン、トーストしてそれらを全部、重ねて切った。

    味は塩と胡椒とマヨネーズ。

    焼きたてのフンワカ玉子がブジュっと奥歯でつぶれる。
    うま味がにじむ。
    極薄キューリはツルンとなめらか。
    歯ごたえないのに、喉にふれるとヒヤッと冷たく気持ちいい。
    ほどよき厚さの削ぎ切りキューリは、ポクンと前歯でたのしく砕ける。
    それと一緒に青いジュースを撒き散らし、寝ぼけた口をみずみずしくする。
    おごちそう。

    スープのようなモノをちょっと食べたくなって、それで汁。

    cbe8867e.jpeg出汁をはり、そこにキャベツを大きくちぎってバサッと入れる。
    しゃもじで押さえて、浮き上がろうとする元気な葉っぱをお鍋の中に沈めてしばらく、キャベツの色が鮮やかな若草色に変わるのを待つ。
    しんなりさせず、すかさずそこに白味噌をいれ手早く溶いて出来上がり。

    味噌汁というよりも、キャベツの味噌仕立てスープのようになるのがたのしい。
    サンドイッチとも不思議とこれなら相性もよし。
    シャキッとしたキャベツの葉っぱ。
    甘くて香りも洋風で、なのにスープは日本の味噌汁…、というこのアンバランスが面白く体も芯からあったかくなる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アサカベノアナ HOME ホットチキンの暑い空
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]