忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    土曜日の夜。
    贅沢な朝ご飯で気持ちがいっぱい。
    炭水化物天国のような昼でおなかもなかなかすかず、晩ご飯どきを逸してしまう。
    ブログの更新ができぬ状態で、気持ちが沈んでしまっていたのも拍車をかけて、気がつけば9時もちょっと前の時間で、さてどうしよう。
    そばでも食べよう…、とそれで家の近くの弁天庵でそばにした。
     
    そばでそば。
    側で蕎麦であります、おやじギャグ。
     
    早く行かなきゃお店が閉まっちゃう…。
    あせる気持ちで駆け足でゆき、目当ての場所に白い暖簾がゆれているのをたしかめて、ああ、よかったってほっとする。
    扉が開いて、中に入って厨房の奥で湯気がフワッとあがっているになんだか気持ちがほっこりとなる。
    そうだ、酒でも飲みましょうか、と黒霧島を蕎麦湯で割って、つまみをとります。
     
    鳥のから揚げ。
    それから甘い玉子焼き。
    一日前の金曜日のコト。
    朝、まさにここのこの場所で玉子焼き定食を食べたときのまさに同じ玉子焼き。
    同じように心がこもって、出汁もタップリこめられていて、気持ちのコリがほぐれてきます。
    初めて食べたから揚げは、ポッテリとした衣をまとったかなり大きめに切った鶏肉がふっくらしてて、それをお酢の酸味をきかせた出汁に浸して食べる。
    大根おろしとわさびをそえて…、というとってもおもしろい食べ方で、これがおいしい。
    多分、ご飯のおかずにもいいのでしょう。
    酒のつまみにもまたおいしくて、今度、家でもやってみよう…、ってそんなことを思ったりした。
     
    それからうどんを食べました。
    ここの蕎麦はスキッとした喉越しと、口の中でバサッと暴れる存在感が好きでずっと今までそればかり。
    うどんを食べたのははじめてで、しかも鍋焼き。
    体をあったかくしたかったから…。
     
    で、ここの鍋焼きうどんはおいしい!って思い知ります。
    しいたけ、かまぼこ、彩り野菜に出汁を吸ったおいしいスポンジみたいな麩。
    そこに落とし玉子と具沢山。
    それにエビと野菜のかき揚げにご飯までつき800円とちょっとという、お値ごろ感も抜群で、夜にはこれできまりだなぁ…、ってしみじみ思う。
    かなりクツクツ煮込まれて、日焼け色したうどんもそれでも歯ごたえ、喉越し健全で角がたっててシャキッとしてる。
     
    やってきたとき、まだ生に近い半熟だった落とし玉子に、布団をそっとかぶせるように熱々の麺で蓋をして、しばらくおいとく。
    しばらくすると、白身はカチッと火が通り、黄身は見事にトロンと半熟。
    それをご飯にのっけて出汁かけて、ザブッと食べるとたまらぬおいしさ。
    かき揚げ崩して、うどんの出汁にトプッとひたしそれと一緒にご飯を食べる。
    これまた旨い。
    鍋焼きうどんに、ご飯にかき揚げというこの組み合わせ。
    それがうどんに玉子丼にかき揚げ丼というとても贅沢な組み合わせのようになるのがたのしい。
    ご馳走でした。
     
    ところでこの日、この晩ご飯。
    カメラを持っていかなかったのでありますネ。
    どうせブログにアップできないから…、ってそう思ってもって出なかった。
    けれど食べてるうちに、なんだかちょっとさみしくなった。
    今のこのおいしさ、たのしさを誰かに伝えたくってしょうがなくって、そうか今まで、ボクは一人でご飯を食べてるときも一人じゃなかったのかもしれないなぁ…。
    ブログを見ていただいているみなさんと、もしかしたら一緒に食事をたのしませてもらっていたのかもしれないね…、ってそんなことをしみじみ思った。
     
    感謝であります。
    ありがとう。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    サンデードッグ HOME Fit'sにMINTIA
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]