忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    日曜の朝。
    週末の朝の大定番のサンドイッチを今日はやめ、ホットドッグを作ることにする。
    ホットドッグブレッドのおいしそうなのを発見したからでござります。

    玉子を洗って水から茹でる。
    12分ほど火にかけたところでそこにソーセージをポトンと落として、一緒にボイル。
    15分のちょっと手前で火をおろし、お湯、捨てる。
    ソーセージはそのままフライパンに残して、玉子の殻をむき、ボールにいれて手でつぶす。
    そこに塩。
    胡椒にマヨネーズをタップリいれて再び手にてブシュブシュあえる。
    玉子サラダは手でつくるのに限ります。
    ソーセージを残したフライパンにはモヤシをいれて、再び火をつけジャジャッと炒める。

    パンにはさんで、サンデードッグの出来上がり。
    61c15bde.jpeg噛んだ途端にパキンと割れて、プチュッと中から熱々の肉汁を吐き出すグリルソーセージ。
    パンがその肉汁を一滴残さず逃がすまじ、としっかりがんばる。
    それをほおばる、この豪快。
    シャキシャキの炒めたモヤシがほどよきアクセント。
    不思議なことにホットドッグには生の野菜より、火を通して香りを出した繊維豊かな野菜が合います。
    たとえばザワークラウトも、キャベツのシャキシャキとした繊維質とお酢の香りがフッカリしたパンとむっちりソーセージに足りぬ歯ごたえを与えてくれる。
    マヨネーズ味の玉子にきゅうりもまたご馳走です。
    ふっかりパンとシットリ玉子を口に押し込み、思う存分、そのやわらかに身をゆだねます。

    一緒に豆乳。
    e2da4bf1.jpeg無調整のこの豆乳。
    さすがに香りがおいしく感じる。
    10年ほど前。
    アメリカで豆乳がブームになった頃のこと。
    とあるホテルのコーヒーショップの朝食で、ソイミルクをくださいというお客様がいて、彼がとても念入りにウェイターに確認してた。
    ここのソイミルクの大豆はどこでとれたものなのか?
    それはオーガニックか?
    成分無調整で、いつ作ったのか?
    彼はこともなげに、大豆の産地と生産者名。
    その豆乳は大豆でしいれて確かにここの厨房でシェフが作ったものであること。
    それだけ告げて、大きなグラスになみなみ注がれた黄色み帯びたポッテリとした液体ささげてやってきた。
    ボクもそれくださいって注文しました。

    おいしかったなぁ…。
    豆乳としておいしいのじゃなく、冷たい大豆のスープをのんでいるような、そんな気がした。
    ジャンクフードにおぼれるアメリカもたしかにアメリカ。
    でもこうして、10年も前から原料段階にまでさかのぼって食料品のことを真摯に考える、アメリカもある。
    それが豊かということなのかもしれません。



    ところで昨日は一日、
    グルリネットのサーバの異常で日記更新ができなかった。

    理由がわからず、トラブル解消がすっかり遅れて、なんだかいろんなことに対するハリまでなくして、ちょっと下がっておりました。
    ずっと横で一緒に笑ってくれていた陽気で頼りになる友達が、何も言わずに急にどこかにいってしまった…、そんな気がしてうろたえにも似た空ろを感じた。

    とはいえ、止まるわけにはいきません。
    無料でブログのサービスを提供しているところをあれこれ試してそして、一箇所。
    ボクにあってそうなところをみつけてここを避難場所といたしました。
    ご心配をおかけしたようでもあり、何人かの方からメールを頂戴したりもしました。
    これからしばらく、こちらで更新していこうか、と思います。
    よろしくお願いいたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    International Pillow Fight Day HOME 弁天庵で鍋焼きうどん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]