忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    蕎麦の弁天庵。
    ここしばらくご無沙汰してて、それでブログにコメントもらった。
    なんと大久保に新しいお店ができたということ。
    こりゃいかずばなるまいて…、ってやってくる。

    daikokuan.jpg小さな店です。
    日記のコメントにも「本当に小さなお店なんです」って前情報をもらっていたけど、本当に小さい。
    カウンターだけ。
    カウンターの中にはギッシリ厨房機器がすし詰め状態。
    しかもオープン直後、ということもあったのでしょう…、そのすし詰め厨房の中に男ぶりのよいおじさんたちが4人ズラっと、隙間無く並んで「いらっしゃい」って出迎えられる。
    飲食店に「男店」と「女店」ってのがあるとしたらば、まさにココは「男店」。
    色気より食い気でござい…、っていう感じがいい。

    お店の外の券売機にて食券を買う。
    いつもいっている弁天庵と名前が違って「大黒庵」となってる理由はこうした細かな違いがあるから?

    肉そば食べる。

    ae3f37c5.jpegうどん屋さんや蕎麦屋さんで「肉」ってメニューを発見するともういてもたってもいられなくなる。
    好物の一つであります。
    甘辛く煮た肉の甘味とほのかな油が出汁に混じっておいしくさせる。
    天ぷらなんかとはちょっと違った、ちょっとモダンな感じがするのがかなり好き。
    「肉」と言ってそれが牛肉をさすのが関西で、江戸ではこれが豚肉になる。
    自然の成り行き。
    ここのお肉も豚肉で、脂が旨くて肉そのものの味が主張しないのが、蕎麦にはちょうどいいのかも…。

    弁天庵の蕎麦…、それはそば屋の蕎麦を気軽にした。
    一方、ここの蕎麦は立ち食い蕎麦屋の蕎麦をちょっと上等にした感じ。
    だから出汁もちょっと濃いめで、サイドメニューにもコロッケがあったりするのがちとうれしい。

    5bb2c89f.jpegたのむとそのつど揚げてくれ、熱いですよ…、っていいながら手渡してくれたこのコロッケの、たしかに熱くてしかもおいしい。
    ジャガイモコロッケ。
    なめらかに漉されてまるでクリームみたいになったお芋に、細かく刻んだ形を残した芋が混じってホツホツしてる。
    パン粉のサクサク。
    ソースいらずで、そのまま食べても十分おいしく、あまりにカリッと香ばしくってそのまま全部食べてやろうか?と思いもしたけど、やっぱりこれは蕎麦のサイド。
    トプっと出汁にひたして食べると、これがまたまた見事においしい。
    出汁で少々濡れようと、決して揚がったサクサク感をなくしてしまわぬこの頑丈がオゴチソウ。

    カウンターの中をみながら、なるほどあそこにフライヤーがある。
    よくあのサイズのレンジを見つけてきたよなぁ…、ってちょっとプロの目になったりする。
    面白い。
    お店の向かい。
    ビルの麓にセルフうどんの丸亀製麺所があって、丸亀から生まれた訳じゃないのに丸亀名乗るビジネス上手には負けないで…、って思ったりした。
    ごちそうさま。

    d616b6a5.jpeg空があまりに高くて明るく、それでテクテク、歩いて新宿。
    暑くはないけど、涼しくもなくだから歩くと自然と汗をかく。
    小滝橋通りを北から南に。
    職安通りを過ぎるとそこはラーメン王国。
    激辛ラーメンで有名な蒙古ラーメンはギッシリ満席。
    麺屋武蔵は相変わらずの行列で、広島から来たつけ麺の店はちと苦戦気味。
    ブームのラーメン。
    だから流行るって訳じゃないのが当たり前にしてきびしいところ。

    程よく汗かき、西新宿に到着し、そうしてスタバ。
    やっと、クリームブリュレマキアートを経験いたす。

    fabf18a9.jpegアイスラテにネリネリっとシロップしぼって、それがクレムドブリュレのフレーバーになる。
    砂糖の焦げたキャラメル臭。
    ほのかな甘味。
    コーヒーの苦みをシッカリ引き立てる程度の甘味がとてもたのしく、飲むスイーツっていう感じ。
    日に日に涼しくなるこの季節に、こうした甘さはありがたい。
    気のきいた飲み物じゃない?って思いつつ、でもこれってキャラメルマキアートとどこが違うんだろう…、ってふと思う。
    まぁ、ちっちゃいこぉとは気にするな…、それワカチコワカチコってことでございましょう。
    秋の空。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ニアミスでした
    早速のご来店ありがとうございました。
    でも残念!夫は午前中しか大久保にいなかったみたいです。
    「コロッケそばは俺らの年代しか食べない」
    なぜか威張ってそう申しておりましたが、確かに私なんかは食べません。
    興味深いジェネレーションギャップですね。それとも男女差?
    イワハシマリさん / 2009/09/23(Wed) /
    いいお店でした!
    > イワハシマリさん
    髪の毛を短く整えたニコニコ笑顔のおじさんたちが仲良く運営している…、って感じのお店。
    いい雰囲気でしたよ。
    コロッケ。
    おいしかった。
    コロッケを蕎麦に乗っけるとちょっとした背徳感。
    大人の男の贅沢(笑)って感じでしょうか。
    ちょうど女性がただでさえ甘いアイスクリームにシロップとホイップクリームをタップリのっけたがるのに似ているかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/23(Wed) /
    コロッケ蕎麦。
    私の好きな噺家の柳家喬太郎師が、
    「コロッケ蕎麦に投入されるコロッケの気持ち」
    をマクラで演じることがあります。

    サクサク揚がってビールのお供かな~?なんて
    予想していたコロッケが、
    「うそぉ~?!」
    と叫びながら蕎麦に入れられていく・・・。
    最高です(笑)。

    私はちくわ天命なので、
    コロッケ蕎麦は食べる機会がないですねぇ。
    tonamiさん / 2009/09/24(Thu) /
    コロッケの気持ち
    > tonamiさん
    せっかくサクサクで揚がってきたのに、汁の中にとっぷりと。
    熱々の油から、熱々の丼の中へ…、というコロッケにとってはまるで地獄みたいなこのご馳走。
    コロッケの気持ちになるとなかなかになやましい料理でありますね。
    いつもちくわ天とコロッケ。
    どっちにしようか、迷います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/24(Thu) /
    キャラメルマキアート
    僕はここだけの話、ブリュレシロップがあまり得手ではないので、「我が道を行く」感じでキャラメルマキアートばかりのんでいます。
    いつも行くお店では何となく気がついてくれていてお勧めされませんが、たまに行くお店ではちょっと罪悪感があります(汗)
    おそば屋さんのコロッケはカルチャーショックでした。
    大学に入るとき、上京して品川の駅で見つけてびっくりしたのを未だに忘れません(笑)
    あっくんさん / 2009/09/24(Thu) /
    キャラマキ
    > あっくんさん
    ブリュレも悪くはないのですが、こうして飲むとキャラメルマキアートの偉大さを感じてしまいます。
    やっぱり定番は旨い!ってことですね。

    コロッケそば。
    実はボクも初めて遭遇したときには「東京の人って一体?」って呆然としてしまいました。
    今はときおり、それを食べに蕎麦屋に入ったりしますけれど(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/09/24(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ラインの朝 HOME お揚げぶっかけ貝割れのっけ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]