忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、大沢食堂。

    oss.jpg今の会社の一番近くで、「わざわざ」出向く価値のある店が多分、ここ。
    けれど、というのか。
    だから、というのか。
    いつも混んでて、だからなかなか足が向かない。
    混雑しているときに行くと、幅40センチほどの小さなテーブルを抱えるようにし、隣の人と肩触れ合わせて食べなくっちゃいけなくもなる。
    それはそれでたのしいことではあるのだけれど、みんなで食べよう!っていうときにはちょっと厄介。
    今日も最初は別のお店にいこうかなぁ…、と思ってた。
    時間も1時半直前と、お店がいつしまってもおかしくはない状況で、遠くから「まだやってるかなぁ?」と様子を見てみる。
    看板は、まだやってるよの状態で、空いているんならわるくはないなぁ…、ってそっちに向かって近づきはじめたその瞬間。
    お店の中から女将さんがでてきて、外に出してる足拭きマットを片付けようとする!
    こりゃ、いかん。
    人はこうした状況に本当に弱い。
    ココでなくちゃいけない理由はまるでなかった。
    けれど、今走り出せば間に合うんだ…、って思った途端にいても立ってもいられなくなり、それで走って、見事、滑り込みセーフと相成った。

    めでたくカレーラーメンにありつきました。

    24727fee.jpeg旨いね…、やっぱり。
    辛いのだけど、一口目からいきなり辛いのじゃないのがいい。
    最初は甘い。
    辛味よりも旨味が先にやってくる。
    カレーとスープが完全に一体化していないからでしょう。
    カレーのルーに沈んだラーメンスープが甘くてスキッとおいしい。
    だから最初は油断する。
    辛いと覚悟していた舌がホッとして、大したことないじゃない…、って思った途端にガツンと重たい辛さがのっかる。
    やっぱりここのカレーラーメンは辛い料理だったんだ。
    そう思ったらグイグイ辛味が追いかけて来て、汗をぐっしょりかいていた。
    ひさしぶりに、ダイナミックな味の料理をお腹に入れた。
    急に胃袋、活性化してそれでグイグイ、食欲が湧く。
    瞬く間に麺がほとんど無くなって、カレーラーメンはカレースープに変身遂げる。

    23924b2c.jpegそのタイミングでカレーチャーハン。
    レンゲでサクっと持ち上げると、そこからボロンと崩れるほどに、フンワリ、空気をタップリ吸ったパラパラご飯。
    しかも熱々。
    その上、激辛。
    ラーメンと違ってスープを介在しない、ご飯に直接貼り付いた辛さが下にそのまま乗っかる。
    だからビックリするほど辛い。
    辛いというより、痛いというか、舌の熱さをスープで癒してやろうと思って、カレースープを飲むとこれまたそれが辛くて、目がバチっと開くよう。
    汗になります。
    食べた分だけ汗になる、まるで「辛いモノを食すという運動」をしているみたいなそんなご馳走。
    やっぱりこれはクセになる。

    59335564.jpeg一緒に行った人が食べてた「たんめん」。
    野菜タップリ。
    中華鍋でジャンジャカ炒めて、そこにスープ。
    塩で味を整えたとてもシンプルな調理法。
    けれど野菜の旨味が出ていて、辛くない料理もおいしい。
    多分、スープのベースがシッカリしていて、だからそれを辛くしようが、そのまま素直に使おうが味の輪郭が変わらないのでありましょう。

    ボクらが食べてる間にそっと暖簾が下がる。
    入ったときには閉店間際というのに3組。
    その先客も一組、そしてまた一組と帰っていって、最後は貸し切り。
    ユックリ、のんびり、辛さに体をまかせつつお腹に元気を放り込む。
    汗かきました…、これから仕事で一汗かきます、がんばります。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    カレーラーメン、カレーチャーハン、カレー蕎麦、カレーパン、、

    カレーは偉大ですね(笑)
    せーたんさん / 2009/11/09(Mon) /
    カレー万歳
    > せーたんさん
    カレーっておかずでもあり、ソースでもあり、スープにまでもなっちゃうという、まるで万能。
    偉大だなぁって思います。
    おそらく日本のカレー文化って、世界でも独特にして多様な食文化のような気もします。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/09(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ちゃんぽん・一点・数寄屋橋 HOME ひさびさ小諸にビーズなコーヒー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]