忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅から日帰り出張をする今日の午後。
    出発前に東京駅の近所のお店で腹ごしらえする。

    京橋屋カレー、というお店。

    kyobashiya.jpg前からちょっと気になっていて、ずっと来たくはあったけどなかなか機会に恵まれず、それで今日。
    銀座のハズレ。
    住所は京橋。
    高速道路の高架の脇の昼なお暗い裏路地に、面して下がる暖簾が目印。
    小さなお店。
    メニューを書いた立て看板を見さえすれば、ここがカレーのお店だってわかりはするけど暖簾の風情はまるで割烹。
    心のこもったおいしいモノを食べていってくださいな…、って、そんなやさしいイメージがある。
    最近、街の飲食店の「これでもか!」ってドギツイ看板。
    メニューをベタベタはりつけて店全体が広告塔のようでさえある、まるで叶姉妹のような店の姿に見慣れた目には、逆に新鮮。
    ワクワクします、いい感じ。

    b2b811b7.jpeg専門店です。
    営業時間も昼だけで、カレーのメニューも3種類だけ。
    この潔さがわかり易くもあり、おいしいんだろうなぁ…、って気持ちもスッと盛り上がる。
    3種類のカレーの中から好みのものを二種類選んで盛り合わせにする、ツインカレーっていうのがあって、それにしてみる。
    組み合わせたのはキーマカレーとベジカレー。
    豚ひき肉の甘味と旨味を徹底的に引き出した、辛味よりも風味の勝ったキーマカレーの力強い味。
    それにひきかえカレーそのものの味を極力控え目にして、具材の旨味を引き出したベジカレーのおもしろいコト。
    ジャガイモ、ニンジン、それからエノキ。
    野菜をゴロゴロ、大きめにして、しかも皮ごと煮込んだ野菜のベジカレー。
    スッキリとした辛味がスクっと舌の上にて背伸びするよに口の中に広がって、野菜を噛むとまぁ、甘いこと。
    野菜のスープ煮込みカレー風味のような味。
    インド風でも洋食風でもない独特なカレーの世界に、しばしウットリ。
    こりゃ、ハマります。
    この味を、舌に叩き込んでおきましょう、と思うのだけど手が止まらない。
    次々、口に運んで気づけば汗ぐっしょりで、お皿、空っぽ…、って言う感じ。

    45641356.jpeg口直しにとキャベツのオリーブオイル和えとヨーグルトが付く。
    これがまたまたおいしくて、気がきいている。
    ジャガイモや茸以外にこれといって明快な歯ごたえ持たぬカレーに慣れた顎が、目を覚ますようなシャキシャキとしたキャベツがたのしい。
    イチヂクのすり流しを乗っけたヨーグルト。
    これを一口。
    すると口がスッキリとして、カレーの辛さに疲れた舌が生き返る。
    それにしてもカレーとヨーグルトって、よくこの組み合わせをインドの人は思い立ったよねぇ、って思う。
    食べる知恵。

    繁盛店でしょう。
    12時前に満席になり、次々、お客様が途絶えずに来る。
    小さな厨房。
    小さなコンロの上にはドッシリ、ルクルーゼ。
    中にカレーがクツクツしてて寡黙だけれどニコヤカなお主人が、いとおしそうに鍋の面倒をじっと見る。
    注文が入ると盛りつけるだけ。
    だけどとても丁寧にご飯を盛りカレーをキレイに添わせるように装って、おいしい作品をひとつひとつ仕上げてくようなその懸命な様がこの店一番のオゴチソウ。

    出発前のちょっとした時間を、東京駅のイリーで一服。

    5abc89e7.jpegせっかくカレーで温かくしたお腹を冷まさぬようにとそれで、マキアート。
    エスプレッソにフォームミルクで蓋しただけの、味わい、ビター。
    けれどトロンと喉になめらかな、大人の一杯。
    口も体もスッキリとする。

    食後のコーヒー。
    それもほんの二口分ほどのコーヒーを、時間をかけてゆったりたのしむ。
    ほんわかとしたシアワセ感じる。
    世の中は、必要なモノだけでできているんじゃないんだよね…、って、そんなコトを思ったりする。
    時間とお金を無駄遣いする、ささやかなとき。
    スーツの上着がまどろっこしくなるほどに、今日はあったか。
    西に向かって、さぁ、移動。
    ひかりでビュビュっと浜松へ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    夜のホルモン HOME モスがクラムチャウダーふるまう季節
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]