忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、箱根そば。

    1a74def5.jpegそばは「水をたぐる」食べ物。
    そう思います。
    そもそも日本料理は「水を食べる」料理だろう…、と思いもします。
    出汁という調味料。
    素材のみずみずしさを活かして残すことに徹底的にこだわる料理体系は、世界の料理の中でも独特。
    調理とは素材の中から水気を一旦吐き出させ、その虚ろな部分に味を入れること…、とフランス料理や中国料理をみてると思う。
    その真逆。

    だとすれば「そば」という料理はまさに日本料理の典型的の一つであって、東京都内の立ち食いそばの、なかでもこの箱根そば。
    みずみずしいことにおいては随一だろう…、と思います。
    喉に潤い差し上げましょう…、と、それで箱そば。
    やってくる。

    そばだけでいい…、と思ってきたのに、なぜだか天丼。

    934b9711.jpegというのもお店の外まで、天ぷらを揚げるおいしい油の匂いがしてた。
    香ばしい、しかもとても軽やかな香りがポワンと鼻をくすぐり、もうこりゃ食べなきゃしょうがない…、って。
    しかもお店のおじさんが「天ぷら、揚げたてだよっ」とまで言う。
    券売機のボタンをポチっと押してしばらく待って、かき揚げ丼がやってくる。

    パリパリ、サクサクのかき揚げに、カラメル色の甘辛いタレ。
    出来立てかき揚げをご飯にのっけて、タレをパパっをかけ回したとき「ジュワッ」とタレが蒸発するよな音がする。
    濃度も強くてトロンとしたタレ。
    揚げたて衣にジュワッとしみ込む、なかなか旨い江戸前風。
    揚げた油とタレがひとつに入り混じりそれがご飯をコーティングする。
    見事なほどにツヤツヤで、口に入れるとスルンとすべるようなご飯がなによりご馳走。

    そしてそば。

    dfc8866a.jpeg南高梅としらすおろしの冷たいそばという、今の季節の夏のそば。
    想像通りにみずみずしいそば。
    大根おろしに、種を抜いた梅干し一個。
    釜揚げしらすと花かつを節をパパっとちらし、水菜をあしらう色とりどりのにぎやかさ。
    梅の酸味が夏のおなかに、なんともさわやか。
    気持ちいい。

    それにしてもこのそばひとつを作るのに、手間をかけること。
    そばを茹でる。
    キュキュっと水でつめたくしめる。
    冷蔵庫の中から大根おろしを取り出して、お鉢の真ん中にぽったりと置く。
    梅に菜っ葉に鰹節と次から次へとちょっとづつ、何度も何度も手が動く。
    料理を作るということは、手を動かすというコトでもあり、その手を決して休ませず、その労力を節約しない。
    それがご馳走…、ってそんなことを思ったりした。
    よきご飯。

    移動の前に時間があって、それでお茶。

    四谷駅前に「ロン」という喫茶店がある。
    コンクリート打ちっぱなしのモダンな建物。
    昭和の40年代あたりに流行った「近未来的ミニマリズム建築」の名残のような空間に、昭和の時間が閉じ込められてる…、そんな店。

    c041256c.jpeg酸味さわやかで、苦みまろやかなドリップコーヒー。
    磨き上げられたシュガーポットにミルクピッチャー。
    挽いたコーヒー豆が敷き詰められた灰皿に、スポーツ新聞が置かれたテーブル。

    昭和であります。
    そこに集まる人たちも、近所の旦那さんたちなんでしょう。
    朝からおなじみの顔ばかり。
    ゴルフの話で盛り上がってる。
    そういえば、ここのお店の名前がなんで「ロン」なのか。
    レシートのロゴを今日みてはじめて、「Lawn」…、つまり「芝生」だというコト。
    なるほど、ここは、ゴルフ好きさんたちの集まるお店でもあったワケ。
    まさにそれも昭和な感じ。

    さて、平成の仕事をいたしにまいりましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    おはようございます。

    夏場のソバって格別ですよね。
    あまり量がなくても、
    ソバをたぐる音で、
    しっかり食べてる感じがします。

    昨日、みたままつりに行ってきました。
    夕方でまだ提灯が灯いてなかったんですけど、
    あの賑わいは格別でした。
    写真をiPhone用アプリの、
    Toy Cameraで撮って、
    Photo Shareって共有ソフトで保存しました。
    Hideyoshiってユーザー名で検索頂ければ、見れると思うのですが…
    サカキさんのiPod touchでも見られますでしょうか?
    チンゲン斎。さん / 2009/07/17(Fri) /
    みたままつり
    > チンゲン斎。さん
    昨日は日が暮れてから随分、しのぎ易くなりましたから、さぞかしお祭りは盛り上がったんだろうなぁ、と思ってました。
    あいにく、夜、どうしても逃げられぬおつきあいがあって今年のみたま祭りは不義理となってしまいました。

    Photo Share。
    アプリをダウンロードしてちょっと触ってみているところ。
    ステキな写真、たのしみにしております。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/17(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    セブンイレブンのうな重の昼 HOME とんかつ三太
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]