忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、近所のそば屋で昼食をとる。

    いつもはざるそばと天丼が一緒になった「天重もりセット」というのをたのむ。
    丼タレをこころおきなく吸い込んだ、それでもさくさくの天ぷら衣がこのうえもなくおいしくて、近所の昼のご馳走ナンバー5の1か2か…、みたいな具合のお気に入り。
    ただ今日は、不思議なことに気持ちが天丼じゃなくって、カツ丼の方に向かってた。

    それでこれ。

    hirukatujus.JPGカツ重もりセットなるいつものセットの変形バージョン。
    タレまみれの天婦羅のかわりに、シットリとした玉子まみれのカツが乗る。
    ちょっと火をよく通してくださいね…、ってお願いしたので、玉子にプツプツ、小さな穴があいていてツユがそこから逆流して噴き出してくるんじゃないか…、って思うほどにみずみずしくて。
    天重とはひと味ちがった、おご馳走。

    ここのカツ丼はタレをタップリ吸い込んで、衣がズブズブになっているのがまたおいしい。
    衣のサクサク感が残ったカツ丼も当然おいしい。
    けれど、ご飯に大して上具のボリュームが若干少なめの、つまり「飯でお腹いっぱいになってよネ」って具合の大衆的なカツ丼は、カツがスポンジみたいにタレを含んでた方がおいしく感じる。
    油の香りと風味と旨味。
    食べてるうちに衣がはがれて、ボタッとご飯に戻って落ちる。
    けれどそこ。
    その玉子にまみれた揚がったパン粉の成れの果てこそが今日一番のおご馳走。

    ガッツリ食べて、ズルズルすすり、週末仕事の元気を作る。

    ところでカツ。
    トンカツであれカツ丼であれ、入力をして変換するとまずはカタカナに置き換わる。
    カツはカツレツ。
    つまり外来語だから平仮名じゃなくカタカナにする。
    その当たり前に今日はニッコリ、感動してる。

    というのが、ちょっと前まで使ってた、お釈迦になったPanasonicのノートPC。
    変換辞書が随分前に壊れてしまって、FEPの学習機能が働かなくなっていた。
    文節判断が大の苦手で、「テンドントカツドン」って入力すると「…ドントかつ度ん」なんて平気で変換してくれていた。
    そのへんてこりんも今となってはなつかしい。

    そして夜。

    ひさしぶりに中華にします。
    辛い辛いの元気がほしくて。
    新宿三丁目の気軽な中華の「花彫酒家」にくる。

    P1050549.JPG元気なおばちゃんのサービスと、面倒なことをいとわずただただ豪快に中華鍋を振るい続けるおにいちゃんの熱いチームワークがたのしいお店。

    昼は伊勢丹メンズ館のお洒落オジサンたち御用達の気軽な食堂。
    派手なネクタイを汚さぬように、シャツのボタンとボタンの間にねじ込んだ上、撥ね飛ばさぬように器用にモソモソ、担々麺を口に押し込む神妙な様がたのしめるご機嫌な店が、夜は一転、小皿で中国料理を味わう居酒屋みたいに様変わりする。

    人前では互いに敬語を使いあう、でも親密げにひとつのお皿の料理を分けあうシニア一歩手前の男女のふたり。
    近所のオフィスから流れてきたのであろうグループ。
    空席があるとは言えど、ほとんど全部のテーブルが予約で埋まる週末の夜。
    アジア気分が盛り上がる。

    細切りの押し豆腐と香菜の前菜をまずはもらって、ビールをたのむ。
    ここは面白いものに対するこだわりがある。

    P1050546.JPGラー油。
    自家製の香辛料がタップリのラー油が壺にはいって、それぞれのテーブルにひとつづつ。
    好きなだけ使ってくださいって、やってくる。
    お通し代わりのメンマにも、これをちょろんとかけてやると風味と旨味が一層増して、酒のつまみになってくれたりする見事。
    山椒の香り。
    すりつぶした山椒の実がもつ痺れる旨味。
    赤い唐辛子のビリっと鮮やかな辛さもスッキリ。
    油は鮮度が命なんだなぁ…、ってほれぼれするようなあざやかな味。
    菜っ葉の炒め。
    スープや揚げ物、何につかってもその持ち味を壊さず風味を豊かに深くしてくれる。
    いい工夫でもありましょう。

    かに玉、空芯菜の炒めや細い切り豚肉の四川炒めとか、あれこれ料理をたのんで点心。
    小龍包。

    P1050554.JPGここの隠れた名物っていわれてて、なかなかお目にかかることができないこれが、今日はまだまだ残ってますよ…、と。
    ポッテリとした厚めの皮。
    中にはギッシリ、豚のひき肉とエビが一匹。
    ほとばしり出るほどの肉汁はさすがにないけど、十分、口に流れ出してくる豚の旨味がほどよいおいしさ。
    なによりムッチリ、歯ごたえたのしく、飲茶のお店の料理じゃなくて屋台の料理みたいな感じが気軽でうれしい。
    ハフっと食べる。

    それにしてもここのママはとても気がつく。
    料理が終わったお皿はすぐに片付ける。
    ビールがジョッキに残り少なくなったらお代わりいかがですか?って、ニッコリしながら聞いてくる。
    それがまるで嫌みじゃなくて、ほんとにたのしんで食べているのか心配で、心配で、仕方なくって飛んでくる…、みたいな感じがとても好き。
    サービスは仕組みじゃなくて人柄だよネ…、ってそんな当然、思い出す。

    そして〆。

    P1050562.JPG担々麺とチャーハンにした。
    担々麺にはクリーミー派とスッキリ派の二派がある。
    ここはクリーミー7:スッキリ3って程度の程よきポッテリ。
    クリーミー派には、ナッツ派と胡麻派のまた二派があり、ナッツ2:胡麻8ってとこ。
    胡麻の風味とほんの少しのエグミが喉に味わい深い後味作る。
    ストレート麺がそのポッテリを容赦ないほど大量に、引き上げ口にたぐりよせ、固めに茹でた麺の食感、風味も立派。
    お気に入り。

    ボクらを最後にテーブルすべてが予約済み。
    3組ほどのお客様が次々きては、また来ます…って帰ってく。
    申し訳ないっておもいつつ、でも繁盛店でボクらはまさに食事してるって幸せ気分を盛り上げる。

    雨が降ったりやんだりの金曜日の夜。
    夜更かしの夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    心地よいサービス
    おはようございます。
    サービスは仕組みじゃなくて人柄。
    そうだなあって思いました。
    マニュアル通りじゃなくって、臨機応変・血の通ったサービスのほうがうれしいなって思いますもんね。

    昨日、The Kitchen Restaurantのカジュアルな系列店(デリ兼カフェみたいな)に行ってきました。
    内装が豪華とか、そういうことはないんですけれど居心地がいいんです。
    大きなテーブルに、近所から歩いてもしくは自転車でワインとおしゃべりを楽しみに来る人が集っていて、町の集会所みたいでした。
    押し付けがましくない、でも放っておかれるんでもないサービスとか声がけがあって、ミョーに居心地がいい。
    長居したくなっちゃうようなお店でした。
    “心地よさ”がキーワードなのかなあって、思いました。
    豪華より、心地よさのほうが“あそこに行こう”な気持ちにさせるのかなと。
    カツ丼もおいしそうですが、坦々麺とチャーハン、魅力的です~!!
    おいしそうですね。
    メンマにラー油、やったことがないので試してみます。

    サカキさん、週末もお仕事ですか?
    どうぞよい週末を!
    Sumiさん / 2009/07/04(Sat) / URL
    居心地
    > Sumiさん
    東京のおしゃれな場所にはギラギラしたお店がたくさんあって、かっこよさそうに見えて居心地がよくはないお店だったりするんです。
    ボクはおしゃれより居心地の良さの方を優先したいなぁって思いますね。
    人柄の良い人のおもてなしの気持ちがあふれているお店。
    探せばたくさんあるんだろう、って思いますね。

    今日は昼から打ち合わせ。
    笑顔でがんばってまいります。
    サカキシンイチロウさん / 2009/07/04(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    めざまし二題 HOME 7月最初のラテンな週末
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]