忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、洋食を食べたいねぇ…、と新宿。
    アカシアに来る。

    aksa.jpgそもそものきっかけはサーモンムニエル。
    新規オープンを控えるお店のお手伝いをしているチームが撮ってきた、試作写真の中にサーモンの画像が混じってて、それを見たら無性にサーモンムニエルが食べたくなった。
    それで洋食屋さんで夜をしよう…と、ムニエルを置いてそうなお店を一生懸命、思い出してみる。
    これだ!って答えが思い浮かばず、もしかしたら…、とそれで新宿。
    アカシアの人となろうとやって来たわけ。

    結局メニューにムニエルは無し。
    けれど一緒にやってきた人たちにここが初めてという人がいて、「これ幸い」といろんなモノをたのんでたのしむこととした。

    9131f4a6.jpegここに来たらまずはこれという、ロールキャベツ。
    やってきたコレを見て「あっ、白い」って驚く人たち。
    なるほど、確かにここでこれを食べ慣れたボクの目には当たり前の白いロールキャベツはどちらかといえば少数派。
    母が作るのはトマトケチャップ色。
    ボクが作ればブイヨン色のおすましタイプ。
    こういうボクも初めてここでこれを見たとき、かなりビックリ。
    一口目には塩の味くらいしか味の手がかりがなくってちょっと物足りない。
    けれどキャベツと一緒に味わったり、中に包んだひき肉の旨味が出てきてどんどん味が豊かになる。
    単純だけに食べ飽きぬ味。
    ご飯のお供にまた最高でいいですね…、ってなかなか好評。
    一安心。

    28c4746f.jpegこれといつも一緒に食べるのが「豚ロースのオイル焼き」。
    薄切り豚肉。
    一枚、一枚、フライパンで丁寧に焼き醤油と胡椒で風味をつけたとてもシンプルで素直な料理。
    生姜焼きじゃない。
    バターソテでもこれはなくって、ただただ豚肉自身の脂で肉を焼き上げた、だから自然な味わいがある。
    豚肉の端がカリカリっとなるまで焼いた香ばしさ。
    肉汁ジュワッてタイプじゃなくて、噛みしめながら顎で旨味を感じるタイプ。
    なによりソテした油と豚の脂の混じりあうのがとてもおいしく、その焼き汁がタップリかかった千切りキャベツがご飯のおかずに最高の味。
    シャキシャキしたとこのみずみずしさもいい。
    けれど熱い肉に触れ、焼き汁と一緒に蒸されたようになったしんなりしちゃったところもまたご馳走。

    addaa171.jpeg大人数だからちょっと変わった料理をたのんでみましょうか…、と、それでたのんだ「釜揚げソーセージのグリル」ってこれ。
    ソーセージと名乗りはしても、腸詰めじゃない。
    豚ひき肉とハーブやスパイスをペースト状に挽いて練り上げ、それをパテ型に入れてプチツと固める。
    その豚パテを注文受けてそれから茹でる。
    だから釜揚げ。
    中までしっかりあったまったところで引き上げ、油をひいたフライパンで表面を焼く。
    以外と手間のかかった料理で、ほんとはその表面のカリカリ具合と中のプチュンとなめらかな、食感の差をたのしむ料理。
    けれど残念。
    今日の焼き具合はちょっとゆるくて、だから茹でたソーセージのような食感。
    とはいえ味はいつもどおりで、フンワリとしたひき肉のその舌触りもキチンとおいしい。
    これに例えばデミグラスソースをかけて食べれば、ちょっとしたハンバーグみたいな風合いになるんだろうなぁ…、ってそんなことを夢想する。

    dbda57ea.jpegホタテ貝をそのまま使ったクリームコロッケ。
    親指二つ重ねたくらいのほどよい大きさの海老を使った海老フライ。
    どれもご飯のおかずにはピッタリで、けれどご飯のお供があるとなおさらシアワセ。
    例えば定食屋さんのふりかけだとか、和食のお店で昆布の佃煮をもらったり…、とそんなシアワセがここには「一口カレー」という形で用意されてる。
    チキンドラムが一本入ったサラサラ系の激辛カレー。
    一口食べるともうそれだけで汗が体中から噴き出してくる…、けれどそれが嫌な汗じゃなくってとても爽快。
    スッキリとしたスパイシーな風味がステキで、例えば千切りキャベツにかけるとピリっと旨い。
    ロールキャベツのスープに溶かすとそこだけビビッと大人味になる。
    ちょっと得した気持ちになれる、たのしいサイド、ありがたい。

    それにしてもボクらのテーブルを担当してくれた日本語ネイティブでないウェイトレスさん。
    4人分の注文を諳んじて、料理をそれぞれ注文した人の前にスパッと配ってくれる。
    笑顔もステキ。
    一昔前なら飲食店でこうしたサービスは当然のコトだったのだけど、今となってはなんとステキな奇跡的。
    ウットリします、また来ます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    羽田で・・
    アルタ後ろのお店は数十年ご無沙汰していますが、羽田空港に行く用事があるときは必ず行くようにしています。
    実はロールキャベツしか頼んだ事がないのですが、他のメニューも魅力的ですね。と、言うかサカキさんのレポを読むと全ての料理がキラキラ美味しそうに見えてしまって困ってしまいます。笑
    オレンジさん / 2009/10/19(Mon) /
    > オレンジさん
    実は昔、新宿三丁目にあったお店が一番好きだったのです。
    ちょっとカフェっぽくって小さくはありましたけど清潔感のあったお店だったんですけど、2年ほど前になくなっちゃった。
    このお店、実はロールキャベツより他の洋食メニューの方がボクは好きだったりします。
    通い甲斐のあるお店ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/19(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    東周りで、はまの屋の朝 HOME 大人蕎麦
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]